2019-12-06

「Web系キャリア探訪」第16回、慢心に転じない謙虚な自信家

インタビュアを担当しているWeb担当者Forumの連載「Web系キャリア探訪」第16回が公開されました。今回は、SIer、SEO会社、求人メディアを経て、2017年にテレビ東京コミュニケーションズに入社、テレビ業界で活躍する明坂真太郎さんを取材しました。

20代は「自分のために」人の倍働くハードモード。30代は「人を幸せにするために」が働く理由

明坂さんが主体的にネットを使うようになったのは中学時代だそう。子どもの頃から、年齢・世代の分け隔てなく自分がコミュニケーションする世界を広げてこられた明坂さんのキャリアは、インターネットの本質的なパワーに下支えされているようにも感じられました。

実務の現場で活躍し続ける方というのは、特定分野における高い専門性もさることながら、複数の領域をまたにかけるバランス感覚&そのバランスの中でコトを生み出す推進力がすごいですよね。

確かな経験を積み重ねて、健全な自信を備えて、それを活かして活動しているのだけど、自信が慢心に転じることがないというか、おごった所までは決して振り切らないでいられる謙虚さを兼ね備えたバランス感覚を感じます。

自分と領域が異なる專門性をもった人たちの仕事に敬意をもって、そういう人たちと相乗効果があがる関わり方を模索して、お互いを活かしあったらもっと面白いことができるという眼差しで熱心に事にあたるから、どんどん人間関係も広がっていくし、深まっていくし、人間関係だけでなく自分の専門性も新しい領域へと広がり深まっていく。そういう好循環のおおもとには、こういう素直な眼差し、バランスのとれた健全な心持ちというのがあるんだろうなぁと、そんなことを思いました(いまいち表現しきれていない…)。

村上春樹のエッセイに「健康な自信と、不健康な慢心を隔てる壁はとても薄い」という一節があるのですが、こういうバランス感覚に長けた人に出会うたび、思い出されます。お時間あるときに、ぜひご一読いただければ幸いです。

2019-11-11

[共有]プロフェッショナルへのキャリアパス5段階

何らかのプロを目指す方が、自分のキャリア開発上の現在地を確認し、これまでの道のりを振り返って、今後すべきことを一歩踏み込んで検討するための補助ツールを作ってみました。

プロフェッショナルへのキャリアパス 5段階

使い方としては、リンク先のシートをダウンロードして、大きなA3紙で出力。自分が該当すると思う項目を□→■に塗りつぶして、現在地を把握する感じ。

リクルートワークス研究所所長の大久保幸夫さんの「キャリアデザイン入門[II]専門力編」*を読んでいたら、自分なりに整理したくなって、表にまとめつつ、自分なりの考えも盛り込んで肉づけてあったりする代物です。

5段階の
1.仮決め/見習い
2.腹決め/独り立ち
3.安定/活躍
4.開花/個性化
5.円熟/無心
は、この著作で紹介されている体系のまま。各段階の解説は踏襲しつつ整理してみました。

5つの段階ごとに、こういう「スタート地点」から始まって、こういう「活動・経験」をして、こういう「到達点・収穫」があるけれど、こういう「未成熟な部分」が残っているステージだよねっていうのを言葉に起こしています。

その下に、各段階の「キャリアデザイン上、大事にすべきこと」をちょこっとメモしました。

あくまでたたき台ですけれど、何もない状態で自問自答するより考えやすいねってことで、ご自身の考えを深めたり広げたりするのに、自由にお役立ていただければ幸いです。

また、部下との面談や、仕事仲間とキャリア話をちょっと掘り下げて話しこみたい夜とかにも使いものになったら嬉しいかぎりです。

*大久保幸夫「キャリアデザイン入門[II]専門力編 第2版」(日経文庫)

2019-11-02

「仕事は経験でしか学べない」と言いつつ、教える側にまわると講義に終始しちゃう問題

仕事は、経験でしか学べない。自分は現場で学んできた。と確信しているものの、自分が教える側にまわると、研修とか勉強会とか"現場から離れた"ところに学習者を呼んで、講師・講演者として話を聞かせる活動に終始してしまう、ということはないだろうか。

マネージャーとして部下の育成施策を講じる場合でも、メンバーをセミナールームに集めて、とりあえず講義、とりあえず研修をやろうという施策に、思考が閉じてしまう。

エキスパートの話を聴く中に、学びがある。これはこれで、確かなことだ。けれど、それはあくまでパーツの一つであって、それで学びが完遂するわけじゃないのは、誰もが知るところ。

ここで「話を聞いた後、伸びるか伸びないかは本人次第、あとは本人にしかどうしようもないでしょ」というのは早計で、「話して聞かせる」以外にも、他者の能力を伸ばすアプローチはいろいろある。

なぜ、教える側にまわったときに講義に終始してしまうか考えてみると、ざっとこんな要因が思いつく。

1. 講義以外の方法を知らない、思いつかない(知識不足)
2. 講義以外の方法は手間がかかるので、やる気・時間がなく手が出ない(時間・動機不足)
3. 講義以外の方法をうまくやる専門性がないので、できない(スキル不足)

そもそも、それを教える専門家ではなく、それの専門家なのだから、当たり前といえば当たり前の話。端的に(〜不足)と分けてみたが、こう表現するのも落ち着かない。

ともあれ、ここでは導入とも言える1を取り上げて、一枚のスライドを紹介したいのだ。マーク・ローゼンバーグ氏が"The Best Training is No Training" という題目で講演したときのスライドの1枚を取り出して意訳してみたもの。

Marcrosenberg

けっこう前に見たものなのだけど、印象的だったので、折りにふれ思い出すスライドだ。

これで共有したいことを2つ書き起こしてみると。

●育成施策には、Training(いわゆるフォーマルな研修、体系だてたカリキュラム)だけじゃなくて、ツールやソーシャルメディアを活用した支援もあれば、コーチングやメンタリングもあるということ

●学習者の習熟度合いによって、適する育成アプローチは変わる。Trainingは初心者には有効だが、習熟度が上がっていくにつれ、Trainingの必要性は減じていく。逆に、コーチングやメンタリングといった、インフォーマルで個別的な支援が有効になってくるということ

なので、自分が教えたい、育てたい相手が、習熟度としてどこに位置するのかを想定した上で、どういう育成施策が効果的なのかを、Trainingというアプローチに閉じずに発想するのが肝要だ。

「経験でしか学べない」という実感・実体験が、自分の中にあるならばこそ、教える側にまわったとき、「いかに話して聞かせるか」に閉じないで「いかに経験させるか」を問い、現場環境を中心に据えた育成施策の全体像を構想してみるほうが理にかなっている。

で、1はいいとして、2(時間・動機不足)や3(スキル不足)をサポートするところこそ、私の本領発揮しどころだ。人材育成を生業として、学び手も、教え手も、より専門的に手助けしていけるように鍛錬し続けていきたい。

*上記のスライドそのものはネット上で見つけられなかったが、ご本人の弁はこちらで確認できるので、ご興味があれば。
Marc My Words: New Ways to Enable Learning | Learning Solutions

2019-10-24

「Web系キャリア探訪」第15回、現代版しなやかなキャリアの歩み方

インタビュアを担当しているWeb担当者Forumの連載「Web系キャリア探訪」第15回が公開されました。今回は、Chatworkでプロダクトデザインを手がける守谷絵美さんを取材しました。

「デザインへの情熱は途絶えない」
WebサイトのデザイナーからWebプロダクトのデザイナーに転身した「しなやか」な生き方

守谷さんとは、ずいぶん前からお知り合いなのですが、じっくりお話しする機会がなかなかもてずじまいで来ていたので、今回たっぷりお話を伺えて大満足でした。

Webデザイナーからプロダクトデザイナーへ転身する、しなやかで自然体のキャリア話には、無理なく取り入れたいポイントが詰まっていました。

また、キャンペーンページ制作に感じた虚無感とか、3.11を契機に変わりゆく広告やデザインまわりの価値観とか、時代背景とともに自身のキャリアを振り返って、手探りで言葉に表していく感じが読みどころだなと思っています。

聞き手の森田さんがまた、当時の業界全体の空気感のようなものを関連づけながら合いの手を入れて、守谷さん個人のキャリア話に奥行きをもたせているのが、よい感じです。

デザイナー職に限らず、「現代版のキャリアの歩み方」のポイントがたくさん詰まっていたなぁとも、取材後に振り返りました。その辺りを、最後の「二人の帰り道」(編集後記のような文章)にしたためましたので、最後までおつきあいいただければ幸いです。お時間あるときに、ぜひ。

2019-10-04

「○○人材の空洞化」問題を語るときの切り口

「○○できる人がいない」「○○人材の空洞化」といった問題提起がされるとき、話し合う人たちの間で、どの切り口で不足を問題視するのか前提をすり合わせないと、いまいち議論が噛み合わずに時間を消費しちゃうことがあるのかなぁと思って、オーソドックスな切り口を4つ整理してみたペライチ資料。

これは、Information Architecture / Information Architectの仕事を取り上げて考えたので、IAと入っています。ちょっとしたものですが、皆さまの応用力頼みで、どこかしらで何かしらになるかもと、とりあえずネット上にシェア。

Ia4

どこに実質的な問題が生じているのか。

1.この領域で「デキる人」が絶対的に少ないという問題なのか
2.チームの役割分担がうまくいっていなくて、そこがワークフローから抜け落ちちゃっている問題なのか
3.どこの領域を、どこまで守備範囲としてやるべき(とかできているかどうか)という要求水準が人によってずれていて問題視されているのか
4.どこの工程を、どこまで守備範囲としてやるべき(とかできているかどうか)という要求水準が人によってずれていて問題視されているのか

など。もっと別の切り口もあるかもしれないけど、ともかく、いろんな切り口があるから、この辺りを整理して論点を認識合わせすると、ちょっと話し合いがスムーズになるかも?ならないかも?自信は、ない。が、試みることは大事。ということで、お茶を濁す。

2019-09-26

「Web系キャリア探訪」第14回、ずっとバリバリ働き続けたい女性の生き方

インタビュアを担当しているWeb担当者Forumの連載「Web系キャリア探訪」第14回が公開されました。今回は、クレディセゾンでデジタルマーケティングを手がける磯部泰之さんと栗田宏美さん、上司・部下のペアを取材しました。

部下の「異能」はどう活かす? 「型破りな部下」を「受容し導く上司」2人のキャリア観

上司の磯部さんはクレディセゾン一筋27年、部下の栗田さんは入社6年目で、クレディセゾンは3社目。お話をうかがっていると、職業適性も真逆?と感じられる対照的な側面をもちながら、だからこそ良い上司部下関係にあるのかもなぁって味わいもある素敵なインタビューとなりました。

栗田さんは、「仕事の報酬は、仕事ですよね」「1年半後に日本に戻ってきた時は、自分の戦闘力が上がっている自信があります」などなど、数々の発言から半端ない勇ましさを感じつつ、チャーミングな印象もあわせもつ魅力的な女性。

育児をしながら、でも仕事もバリバリやり続けたい!として、それを実践されている女性には、ぜひとも一度お話を伺ってみたかったのですが、まさに!という体現者でした。

そして、彼女と自分との違いをさまざまな面で感じながら、それらを広いふところで受け入れ、栗田さんのキャリア、組織の事業活動のいずれにも意味が生まれるように解釈を展開し、彼女の力を引き出し&引き上げていく、組織の価値につなげていく磯部さんの手腕には敬服するばかり。

ユニークで、エネルギッシュで、示唆に富むインタビュー取材でした。お時間あるときに、ぜひご一読いただければ幸いです。

2019-08-09

Youtube番組「とうふメンタルラボ」にスピリチュアルカウンセラーを招いて

4月に、Youtube番組「とうふメンタルラボ」を始めるという話を書いて以来、しばらく触れずじまいで来てしまったのだけど、これまでに3回の撮影日をもちまして、2回目まで(8本の動画)がゆるゆる「とうふメンタルラボ」チャンネルにあがっていたのでした。出演者の瑠美ちゃんが編集を一手に引き受けてアップしてくれています。

そして、このほど3回目の収録の1本目(つまり9本目)が公開されました。3回目の収録では、スピリチュアルカウンセラーのみほさんをゲストに迎えてトークを展開。

これまでに3000人をはるかに超える悩み相談に対応してきたという経験の持ち主で、そのキャリアだけ聞いても、どんな相談を?どんなふうに聴いて?どんなふうに自分の中で咀嚼して?どんなふうに返しているんだろう?始めた頃と今では相談者と対面したときに入ってくる情報も違うのかしら?と、お話を伺ってみたいことがあれこれ湧いて出てきたので、その素朴な疑問を、そのまま質問して伺ってみました。

スピリチュアルカウンセラーって何する人?本人に聴いてみた!

この動画を見ていて思ったことが一つ(過去回と比較)。私は、自分が何かを話すというより、誰かに何かを問いかけてお話を聴かせてもらう役回りのほうが、自分的にすごくしっくり感があるなぁということ。

自分はコンテンツホルダーじゃなくて、魅力的なコンテンツをもつ人たちの話を引き出したり、受け取ったり、編集したりして、それを活かせるまた別のコンテンツホルダーさんのもとに届ける媒介者の役回りなんだよなぁという感覚をずっと持ちながら生きてきているのだけど、今回改めて、そこの位置取りの収まりの良さを実感したりした。

媒介者としてなら優れているのかと突っ込まれると、そういう能力の問題じゃないんです…とたじろがずにはいられないのだけど、もし世の中の人が著者と編集者タイプに大別できるとして、どっちタイプか適性をみる検査を受けたら、私はきっと編集者タイプに振り分けられるだろうなぁという感じというか。

それは、「コンテンツを自分では何もお持ちではないですね」「はい、すみません」という自己イメージともつながっているわけだけど、もはやそれを開き直って受け止めちゃっている感じがある、あがきがない、いいのか悪いのか、時々自分に問うてみたりはするのだけど、やっぱり、わりと穏やかに、受け止めちゃってる感じがあるんだよな。これは、問題なのか、問題じゃないのか。

まぁでも、なんであれ、ある程度のテーマ性をもって編集者として仕事をしていると、そこにノウハウなり知見なりたまっていって、それはそれで、その分野のコンテンツをホールドすることにもなっていくわけで、大別してどっち寄りと自分をどちらかに割り振ってみたところで、その枠組みに縛られるものでもなく、縛りようもないと自覚していればなんでもないわけで。そうすると、今ここに書いたことも、つまりはなんでもないことなのだけど…。

ともあれ、自分が投げかける疑問は極めて素朴なものなんだけど、それに応えてくれる人の話はすごくおもしろいし、これがどこかの誰かに届いて何かがそこで、ちょっとしたものでもいいから生まれたらなと思う。そういうところで自分が働けたら、身の丈にあった、すごく自分らしい働き方だなと思う。

今回も、視聴者を代表するような感じで素朴な質問を私から最初にさせてもらって、そこから瑠美ちゃん、白石さんと、濃いぃメンバー(私からするとコンテンツホルダーな魅力をもつ面々)が話を発展させていく、みほさんとの対話を楽しむ感じが楽しかった。その足場づくりというか、みんなが舞台上で本番を踊りだすまでの設えを担当して、うまく流れだしたらあとは静かに舞台袖から舞台を味わう感じが、なんか心地よかった。

その設え部が、この1本目。8分ほどのコンパクトな動画にまとまっていますので、ご興味があえば、ご視聴ください。

あと、ここまでのアーカイブもまとめてリスト化しておこう。たぶん、このゲスト回をもってちょっと一休みすると思うので。自分が話す立場の、しっくりいかなさ加減が、じんわり漂ってくる…。

▼2019年の春先、はじめての収録

とうふメンタルラボとは?はじめての企画会議(4/12)

元メンヘラもいます!勝手に自己紹介(4/19)

とうふメンタルあるある|自分がメンタルやわい(弱い)と感じる瞬間(4/25)

元メンヘラが語る!実際にいたやばいお医者さんの話(5/22)

元メンヘラが思う、お医者さん選びのコツ(5/22)

▼2019年の初夏、慣れない2回目の収録

スキルがなくて将来が不安!とうふメンタル流キャリアとの向き合い方(6/02)

『年を取るのが怖い』って不安を年長者にぶつけてみた(6/27)

自分で貼っちゃう「レッテル」が苦しいんです7/04

2019-07-30

「Web系キャリア探訪」第13回、デザイナーという職能集団の長

インタビュアを担当しているWeb担当者Forumの連載「Web系キャリア探訪」第13回が公開されました。今回は、今年のはじめにヤフーのデザイン部長からクックパッドのデザイン戦略部本部長に転身した宇野雄さんを取材。

ヤフーデザイン部長を務めた宇野雄氏があえて、クックパッドに転職した理由

現在38歳と、(40代からみると…)まだお若いのですが、出向や転籍を含め9社を経験、インターネット黎明期から常に最前線でデザイン業務に従事してこられた宇野さん。

職場を転々としているように見えて、一社一社で獲得してこられた経験・知見が、それぞれに骨太で、それらを着実に積み上げ&掛け合わせて次につないでいって今がある、というキャリアだなぁと思いました。

とにかくがむしゃらにやりたいことをやりまくって未熟さをつぶしていって成長実感ありまくりな若かりし日々、WebサイトからWebサービスやソーシャルゲームへ作るものが変わっていき、「数字(の変動)を見ながらデザインする」「デザインで人の感情を動かす」「デザイナーのままデザイン部長を務め、内外にデザインの価値を働きかけ、実際に価値を出す」といったステージごとの実践、いろいろなチャレンジがぎゅぎゅっと詰まったキャリア話で、たいへん刺激的でした。

デザイナーを集めた職能集団を部署として作って機能させている事業会社が国内にどれくらいあるのかわからないけれど、そういう部署に身をおいて宇野さんの身のこなしを間近で見ている若手デザイナーの方は、かなり良い刺激をもらいながら働けているのだろうなぁと思いました。

自分がプレイングマネージャーのような働き方を志向していないとしても、デザイナーの仕事をきちんと会社の中でビジネス文脈にのせて言語化・数値化し、価値化し、経営や他部署に求められる環境でデザインの仕事に携わっていくって、すごく健全だし、学びが多いし、いろんなチャレンジも思いついたり提案しやすいだろうなと。

プレイングマネージャーという言葉はよく見聞きするけれど、ではプレイヤーとして何を果たし、マネージャーとして何を果たすことで、その役割を両立させうるのか。自分にとっても部下にとっても会社にとっても、その先のお客さんや社会にとっても良い効果をもたらす振る舞いとは。そうしたことを一歩踏み込んで考えてみる材料になるかもしれません。お時間あるときに、ぜひご覧いただければ幸いです。

2019-07-18

よくある「漢字の書き間違え」をなくす10問テスト

ちょっとしたテスト問題を作ってみた第2弾。どんだけ心が折れているのか…。いや、大丈夫、健やか傾向です。

よくある「漢字の書き間違え」をなくす10問テスト

英語の勉強疲れ(と言うほど全然やっていないが)の反動でか、気分転換に日本語のほうへ行ってみたくなり…。毎日新聞校閲グループが著した「校閲記者の目 あらゆるミスを見逃さないプロの技術」(*1) という本を読んでいたら、あぁ、これをテスト問題に展開したい!という欲求が高まってきて。

とりあえず問題に展開しやすそう&広くいろんな人に基礎固めとして役立ててもらえそうな「漢字の書き間違え」にフォーカスした10問テストを作成してみました。

私がネット上をうろうろしていて頻繁に見かける漢字の表記ミス(同音異字とか同訓異字とか)を取り上げて問題にしました。今回は、テスト後に見られる「ワンポイント解説」も練って書いてみました。

学習効果が高いテスト問題とは?を念頭におきつつ、何を問題に取り上げるか、どういうふうに問うか、先々取り出せる知識として残るように(かつ、テスト後に読んでもらえるよう短文で)どんな解説を添えるか…と、設問・正解・解説をテキスト化していくのは、インストラクショナルデザインを生業にする自分にとって、すごく大事な筋トレ。

たかが10問の漢字テスト、やってくださる方に貢献できることはわずかなものだけれど、ちっちゃくとも意味はあると思えることをコツコツやっていく。わずかなこと、ささやかな貢献でも、やっていれば自分を許して、どうにか生きていけるというものだ。

地味でも価値ある仕事に、矜持とこだわりとをもって取り組む、先ほどの本の校閲記者たちには、勝手に心を寄せ、勝手に励まされながら読みました。感謝、感謝。

また、一つ前のテストを受けてくださった方、ありがとうございました。すごい救われました。今回のテスト問題も、もしご興味とお時間がありましたら、ぜひ。同僚さんや後輩さんにも、どうぞ。

ちなみに、社内研修の講師は自分でやるから事足りているんだけど、講義内容をベースにテスト問題作ってもらえない?とかのご相談も承ります(営業)。

*1: 毎日新聞校閲グループ「校閲記者の目 あらゆるミスを見逃さないプロの技術」(毎日新聞出版)

2019-07-14

間違えやすい社名を正しく覚える20問テスト

このところ「自分はぜんぜん人の役に立ててなくて、なんなんだろうな、まったく」という感覚にとらわれてちょっと塞いでいたので、ちょっとしたテスト問題を作ってみた。

間違えやすい社名を正しく覚える20問テスト

正しい日本語表記に興味がある方は、超ヒマなときとか気分転換したいときに、試してみてください。

社会人になって、SNSやWebサイト、何かしらのメディアに「ものを書く」ようになると、どこかのタイミングで出くわすのが、まぎらわしい表記の企業名。

セブンイレブンは正式名称「セブン-イレブン・ジャパン」だし、ユニクロを運営するのは「ファーストリテイリング」だし、NECは正式名称「日本電気」だし、「三菱電機」は電機であって電気ではないし。パナソニックはもともと「松下電器産業」だったのであって電気でも電機でもない。

他にも、しれっと社名のまん中におさまっているカナが「ャ」じゃなくて「ヤ」だったとか、カタカナじゃなくてひらがなで書くんだったとか、企業名表記にはそうしたひっかけ問題が、書き手を試すがごとく埋め込まれている。

一文字二文字のちょっとした違いでも、固有名詞を間違えるというのは、かなり痛い失敗。すごく、まずい失敗である。人の名前を間違えるのが超失礼なのと同じように、会社名の間違いも超々失礼である。使いどころによっては、ひれ伏してお詫び事案である。

というわけで、社会に出てから比較的早いタイミングで、みんながこの「間違えやすい社名」に触れるだけ触れておいて、まぁ忘れちゃったとしても、「なんかこれ、調べてから書いたほうがいいやつだ!」と思い出せるよう、ひっかかりを作っておければと思い、間違えやすい社名をリストアップしてミニテストを作ってみた次第。

別に、調べながら答えても一向にかまわない。正解は、20197月現在の各社のWebサイトで正式名称を確認した上でのもの。

この20社の社名を書く機会が巡ってくるかどうかは、テストを受けてくれる人が関わる業界によりけりだと思うけれど、例えばこういうところに間違いが起きやすいのね!という嗅覚を養っておくのには多少なりとも使えると思う。また、メディアにもの書く人はだいたい押さえているメジャーどころの「紛らわしい社名」をリストアップしたので、覚えておいて損はないと思う。

よろしければ、ご自身の確認用、あるいは後輩・新人育成用のプチ学習ツール、仕事を誰かに任せるときどれくらいこの辺知っているかをざっと把握するツールとして、ご活用いただければ幸いです。1mmでも役だったら、私も救われるというものです。

ちなみに、より詳しく押さえておきたい方は、このテスト問題づくりでもお世話になった記者ハンドブック 新聞用字用語集(共同通信社)あたりを読んでみるとよいかも。「紛らわしい会社名」が一覧でまとまっているはず(私は古い版しか今手元にないので、たぶん…ですが)。

より以前の記事一覧