2021-07-29

「Web系キャリア探訪」第32回、よそ者の価値創造

インタビュアを担当しているWeb担当者Forum連載「Web系キャリア探訪」第32回が公開されました。今回は、新卒で朝日広告社、その後ツナグ(さとなおさんの丁稚奉公)を経て、現在は都内マーケティング支援会社BICPと、岩手県住田町(すみたちょう)の地域おこし支援活動を掛け持つ伊藤美希子さんを取材しました。

「二足のワラジスト」岩手と東京でパラレルワークする理由

何はともあれ、リンク先にとんで「住田町の上空写真」を見ていただくと、うわーっという開放感に満たされます。住田町は林業の町。山があり、川が流れ、町がある。しかし「町」といったって、岩手県といえば北海道の次に大きな都道府県。「住田町」の面積を調べてみると、東京23区の半分くらいはある広大さです。そこに人口5,000人。鹿、熊、ちょっと人がいると言っていたような…。

二束わらじを始めた当初は東京と岩手を行き来していましたが、のちに岩手に移住。その上、今年6月にはBICPの住田オフィスも構えられました。確か、もとは魚屋さんだったところを住田町の方が改築してくださったのだとか。住田オフィスの写真からも、魚屋さんだった面影が感じられます(とくに奥のほう右手)。

住田町の皆さんも、伊藤さんご自身も、伊藤さんの「よそ者」というユニークさを健やかなまなざしで認めて、活かして、手を取り合って住田町の地域おこしに取り組んでいる様子が伝わってきました。

私も言わば「よそ者」、そばにいる支援者として、当事者の輪から一歩外に出たところにいながら、どう別の専門性をもちこんで部外者ならではの貢献ができるものか思案しながら仕事してきたので、個人的にも共鳴するところが多くありました。

学生時代から関心があったという社会活動に、伊藤さんがどういう経路をたどってたどりついたのか。自分が意味を見出すところに、通りの名前などついていなくても、いい意味で「行き当たりばったり」の直観を大事にして、自分で道を拓いてこられた自然体の歩み、ぜひお時間の良いときに読んでみてくださいませ。

2021-06-17

「Web系キャリア探訪」第31回、自分の専門領域に垣根を作らず

インタビュアを担当しているWeb担当者Forum連載「Web系キャリア探訪」第31回が公開されました。今回は、阪神淡路大震災直後の1995年春に、当時大阪に本社を構えていた大手通販フェリシモに新卒入社し、四半世紀にわたって1社でキャリアを積んでこられた市橋邦弘さんを取材しました。

「新しいことが好き」新卒入社して25年、転職せずに仕事を続ける理由

90年代のECサイト立ち上げに始まり、デジタル広告、マーケティング、システム開発と、技術的にできることが増え、業務もシステムも高度に複雑化していく中でも、自分の専門領域に垣根を作らず横断的にキャリアを積んで、同社のEC事業拡大を率いてこられた市橋さん。

現在は自ら手を挙げて新規事業開発へ。1企業の枠を超えた物流改革への挑戦を心から楽しんでおられるのが、画面ごしにも伝わってきました。また部下を率いる立場を離れ、1プレイヤーとしての活動を再び堪能しておられるようにも感じられました。

それから。自分がいよいよ社会に出るというタイミングに、世界が、自分の暮らす国や地域が、どんな情勢にあるかは本当に様々だし、個人ではどうにもならないところも多分にある。たまたま、どこにあたるか。大不況期ということもあれば、大災害に見舞われる、世界的な疫病の流行にあたる、そして戦争や紛争のもとにいる人たちだって、たくさんいる。今回はそういうことに思いめぐらす取材の帰り道でもありました(オンライン取材だったけど…)。ご興味ある方は、ぜひお時間のあるときにご一読くださいませ。

2021-06-04

Era Web Architectsの動画が、WD ONLINEの記事に

"Era Web Architects"というプロジェクトの一環で、今年の1月にオンライン番組でお話ししたときのダイジェスト版が、マイナビさんの「WD ONLINE」で記事(文字)になりました。動画でずたぼろだった私のおしゃべりを良い感じにそぎ落として、まともにしゃべれているふうに仕上げていただいています。感謝、感謝です。

人の個性化を支援したい丨WD ONLINE

今週はけっこう仕事が立て込んでいて、社内でもひとまとまりのお話を多くの人に1時間もらって伝える機会があったり、久々クライアントさんからも相談がまいこんで、向こうさんがたくさんいるオンライン商談に臨んだりとか。もろもろ乗り越えての金曜の夕暮れどき(窓の外は嵐だったが)。

Era Web Architects発起人の坂本さんから「記事を公開しましたよ」との報を受けて、(少し前に原稿をもらって校正もしていたんだけど)改めて公開された記事を読んでみて、なんだか遠い昔の自分が、今の自分を励ましてくれているような感じがしました。

時々、少し前のこと、ずっと前のことを振り返ると、そこからずいぶんと時間が流れ、距離は遠のき、自分は今ここにぽつんといるという認識をあらたにします。

時間が止まることはなくて、時が止まったまま何かがさして変わらぬまま維持できているかのように思うのは錯覚で、流れた時間のぶんだけ、すべては私の見えないところで移ろっているんだよなと。それに抗わずに受けいれて、生きていくのが生き物のさがじゃのと思う次第です。

2021-05-20

「Web系キャリア探訪」第30回、開放的に自己認識を塗りかえていく

インタビュアを担当しているWeb担当者Forumの連載「Web系キャリア探訪」第30回が公開されました。今回は、クラウド会計ソフトで躍進するfreeeのUXデザイナー、伊原力也さんを取材しました。

アクセシビリティでの成功事例を作りたい! 自ら手を挙げて切り拓いてきたキャリア観

伊原さんとは、彼の前職ビジネス・アーキテクツ時代から10年来の知り合いなのですが、高校生の頃から今日までの歩み、転職の背景、行動指針の変化など、今回ほどじっくり伺うのは初めてのこと。いつも密度の濃いぃ話を聴かせてくれる伊原さんですが、今回の取材ではそれを堪能できました。

「自分のことを暗に、~と規定していたのかもしれない」とか、「~としてはバリューを出せなかった」とか、自分のことを内省的に、別の言い方をすれば開放的にとらえている発言がちりばめられていて、こういう自分へのまなざしをもっていることで、人って大きくなっていけるんだなって思いました。

一連のお話を通して、「自分とはどういう人間か」という自己認識を、いろんな人と出会い、いろんな経験を積みながら塗りかえてこられたことが、すごく伝わってきたんですよね。

自分が何に向くのか、自分はこれが得意、これは苦手、これをやりたい、これはやりたくないという枠組みについて、健全な懐疑心が働いていて、勝手な思い込みで、へたに自分の可能性を閉じてしまわないように開放的に生きている感じが素敵だなと思いました。

そうしてリデザインが必要と認めたときには、自分の居場所を変え、役割を変えてこられた。その決断力や行動力にも頭が下がります。ご興味ある方は、ぜひお時間のあるときに読んでみてくださいませ。

2021-05-19

YouTube「キャリアデザイン講座」第14回を公開(プロティアン・キャリア)

勤め先のYouTube公式チャンネルで「キャリアデザイン講座」第14回を公開しました。今回が最終回。変化に富んだ時代、変わり続けることが大切とダグラス・ティム・ホール教授が説く「プロティアン・キャリア」をテーマに。ご興味ありましたら、覗いてみてくださいませ。

【クリエイターのためのキャリアデザイン講座14】(プロティアン・キャリア)

予告編も含めると全15本。昨年9月から週2ペースで、10分動画を作ってはのせ作ってはのせしてきて、なんというか、いや、すみませんでした…というか。かなり細っこい体制でせっせこやってきて、動画コンテンツ作成という面ではなかなか「回ごとに良くなっていくね!」みたいなことなく今日に至ってしまったというか、私の心臓だけいくらか強くなってここまで来てしまった感が否めませんが…。

この間、とても良い内容なので会社の研修の参考にさせてもらってもよいかってメッセージくれた方がいて、どれだけ救われたことか…。無意味ではなかった、、と自分をなんとか許せる助け舟。ありがたすぎた。

今後は、長くネットの片隅に置いておくことで偶然にも誰かの目に触れ、万が一にも誰かの何かの良いきっかけに働くことがあればと願ってやみません。

この先はもう少し具体性が高いテーマにフォーカスをあてて、社内のメンバーに役立ててもらえるナレッジマネジメント推進、求職者・求人企業が使えるコンテンツ作りに、縁の下の力持ちとして貢献していければと思っています。今後ともどうぞよろしくお願いします。

2021-04-28

YouTube「キャリアデザイン講座」第13回を公開(キャリアの市場価値)

勤め先のYouTube公式チャンネルで「キャリアデザイン講座」第13回を公開しました。今回のテーマは「キャリアの市場価値」について。

【クリエイターのためのキャリアデザイン講座13】(キャリアの市場価値)

いくら鮮明に自分のやりたいこと、できること、譲れないことを分析できても、それが労働市場で求められるものでなければ仕事として成立しない。ということで、市場価値の探り方などご紹介しています。ご興味ありましたら覗いてみてくださいませ。

なんというか、ここまで作ってきて改めて、台本づくりの奮闘に対して、絵づくりがひ弱すぎるなと痛感するわけですけれども、ともかくここまでやってきまして、次回で最終回とします。

「キャリアデザイン」という抽象度をテーマにずーっと続けていくことには意味を感じないので、これはこれでおしまいにして、また別のコンテンツづくりとか、組織内のナレッジマネジメント推進的なこと、会社内の編集業や構成作家的な役まわりを果たせるように縁の下で頑張りたいなと思います。今後とも、ごひいきに。

2021-04-14

YouTube「キャリアデザイン講座」第12回を公開(キャリアの棚卸し)

勤め先のYouTube公式チャンネルで「キャリアデザイン講座」第12回を公開しました。今回のテーマは「キャリアの棚卸し」について。

【クリエイターのためのキャリアデザイン講座12】(キャリアの棚卸し)

自分の好きなこと、嫌いなこと、やりたいこと、やりたくないこと、得意なこと、苦手なこととかって、なかなかズバリとは言えないし、全容を把握しきれていないもの。また実際の自分というより、こうありたいという理想の自分像にゆがめられて認識しているケースも少なくありません。

そこで自分の実像に迫る自己分析アプローチとしてご紹介するのが、今回のキャリアの棚卸し。過去の自分の経験を振り返って、どんなときにどう思ったか、何を好み何を嫌ったか、何を楽しみ何にうんざりしたか、何を選んで何を選ばなかったか。何を身につけて、どんなふうに自分は変わったか。そうした自己理解を掘り下げていく段取りをご紹介しています。

会社で新卒5年目向けとか30歳向けとかでキャリア研修を行っている場合、キャリアの棚卸しがプログラムに組み込まれていたりするんじゃないかと思いますが、そういう機会なかったな、ちょっとここらで振り返ってみようかなという方は、転職するしないとかに関わらず、ぜひ活用いただければ幸いです。

ちなみに私は、キャリアカウンセラー資格をとるときに受講した講座の中で1回(20代半ば)、あと親会社主催でグループ各社の30歳社員を集めて行うキャリア研修みたいなので1回(30歳)、わりとがっつりやる機会がありました。個人的には去年も結果的に近いことをやった感あり(44歳)。それぞれに発見がありました。

が、真剣にやると疲れるし、やり始めるの億劫だし、時間もとるのは確か。会社の仲間でとか、同業者の寄り合いでとか、数人で集まって半強制的にやらねばな場を設えてやるのもありかと。ご興味あれば、ぜひ覗いてみてください。

中身はオーソドックスなキャリアデザインの基礎知識ですが、今の時代感をつかみながら、クリエイターの皆さんにできるだけ親しみやすく、1本10分程度で気軽に見られるものを念頭において作っています。2週間おきで更新していますので、どうぞ、ごひいきに。

2021-04-01

「Web系キャリア探訪」第29回、上司の器が規定するもの

インタビュアを担当しているWeb担当者Forumの連載「Web系キャリア探訪」第29回が公開されました。今回は、リーガルテック分野で急成長中のスタートアップ、LegalForceのマーケティング責任者、高品美紀さんを取材しました。

20代 キャリアに迷ったどうすべき?――急成長のスタートアップでマーケティング責任者の仕事観

マーケティング専任として入社して、わずか1年半の間に、マーケティング担当者が1名→10名に拡大、その責任者としてチームを率いています。

高品さんは30代で、たぶん私と一回りくらい年齢差あると思うんですが、なんともしっかりした歩みと志しで、以前ラジオで久米宏さんが言っていたけど「30過ぎたら関係ない」って、改めて本当だよなぁって思いました。

あと、なんとなく後引いたのが、社長から「上司の器がチームの成長上限」と言われているというお話。本編で述べたとおり、高品さんへの社長の期待が伝わってくるなぁというのが第一に思ったことなんだけど。おまけで考えたのが「上司の器が、部下個人の成長上限にならないようにマネジメントする」って上司の立ち回りも、けっこう大事かなぁなんて。チームの成長上限が、必ずしも部下個人の成長上限とイコールではないかとも、もにょっと考え転がしたりしました。

閑話休題、高品さんの今後のキャリアデザイン。自分で自分のキャリアの行く末を描くより、会社の成長に応えて自分のやるべきことをやっていくことで、自分の想像を超えたキャリアを実現したいというお考え、とっても素敵だなって思いました。ご興味ある方は、ぜひ読んでみてくださいませ。

2021-03-24

YouTube「キャリアデザイン講座」第11回を公開(自分が前提としている環境・条件)

ここしばらく猛烈に仕事する日々が続いておりまして、桜がすっかり散った頃には一息つけるのではないかという見通しをもってぜいぜいひた走っているのですが、こちらはこちらでせっせと作りおさめました。勤め先のYouTube公式チャンネルで公開している「キャリアデザイン講座」の第11回。

外のピーポーピーポー音を拾ってしまって録り直しなどという一幕もあり、相変わらずの家内制手工業ですが、今回のテーマは職探しの際これ1本単品でも、あるいは役立ててもらえるかもしれないという、ささやかな期待をもって送り出します。

【クリエイターのためのキャリアデザイン講座11】(自分が前提としている環境・条件)

キャリア選択するとき、平たくいえば職探しするときに「自分が前提としている環境・条件」を、あらかじめ一通り洗い出してから取りかかろうというリストアップのためのガイダンスです。

職探しの前提条件っていうと、職場の場所ひとつとっても「引っ越しは論外」の人もいれば、「移住も許容できる」、むしろ「どこかへ移住したい」人まで様々だし、今後は「在宅勤務」を前提とする人も増えるかもしれません。

一人の人の中でも時期によって環境・条件って変化するし、意識にのぼってこない実は前提条件とかも広範囲にあったりするので、そのへんを「あれはどうですか、これはどうですか」という私の話を聴きながら10分強で網羅的に洗い出してみようという趣向です。

大項目としては、次の5つの観点を網羅して探る内容になっています。

1. 経済的
2. 地理的・時間的
3. 身体的・精神的
4. 文化的・言語的
5. 職業倫理上、信条・信仰上

お手元に「こういう職場は嫌だ」みたいなネタ、じゃなくて条件リストみたいなものがすでにあるようでしたら、それに肉づける観点はないかなぁくらいの感じで、就・転職活動の際お気軽に使っていただければ幸いです。

中身はオーソドックスなキャリアデザインの基礎知識ですが、今の時代感をつかみながら、クリエイターの皆さんにできるだけ親しみやすく、1本10分程度で気軽に見られるものを念頭において作っています。2週間おきで更新していますので、どうぞ、ごひいきに。

2021-03-12

Era Web Architects「写真展」という体験

先日こちらでご案内したEra Web Architectsの写真展が始まり、ただいま会期中(3月9日〜14日)。せっかくなので初日の晩のレセプションにあわせて観賞に訪れました。

そもそもポートレートの写真展に足を運んだのが初めてだったのですが、あんな立体的に人物を浮き彫りにする仕上げがなされているとは想像しておらず(感じたことを適切に言い表せている気はしない…)、ギャラリー空間の入り口に立って全景を見渡し、壁にかかるポートレート写真を視界におさめたとき、まずちょっとびっくりしました。

そして入り口付近から遠目にみても、自分が被写体になっているポートレート写真の中の人が明らかにびっくりしていて、それを観た私もびっくりしました。私一人だけ、びっくりしてない?と。

ただ少し遅れて伺ったため、まずは案内に従って静かに着席。(発起人の坂本貴史さん、写真家の坂本貴光さんのお話は聞き逃してしまい…)、ポートレート写真に取り囲まれながらバイオリンとビオラの生演奏を聴きました(旋律がロマンチックすぎて泣いてしまった)。ドイツではよく、個展の初日にこうしたもてなしをするのだそうです。

その後、自由に観てまわっていいタイムが訪れるや、立ち上がってうろうろ。写真家の坂本貴光さんによると、ポートレート写真は「目をデザインする」ものなのだそうで、実際、被写体それぞれの表情豊かな眼差し、潤いに満ちた瞳孔には、大いに惹きつけられました。

それでまぁ自分のポートレート写真にも近寄ってみるわけですが、間近でみると写真というより鉛筆画のよう。彩った黒のつややかなこと(言い表せていない…)。

被写体と私(Instagram)

ギャラリーに足を運んで、実物を観ることでこそ感覚に届くものが確かにあるなぁと私にもわかったし、数十のポートレートに取り囲まれる空間に身をおいてこそ味わえることも確かにあるなぁと思えたし、こうしたものの観賞はまったく素人ながら、たいへん新鮮な体験ができました。

また会期初日がたまたま自分の誕生日だったため、久しぶりの面々にレセプションでお目にかかることができて、とても素敵な誕生日になりました。心から感謝、感謝です。

被写体それぞれの表情の撮り方はもちろん、トリミングの仕方もいろいろで面白いし、紙も普通の人は買えない特別なものを使っているそうで、石灰で表面がコーティングされているのだとか、1年がかりで仕上がっていくのだとか。被写体を知らなくとも、坂本貴光さんの写真展として、写真を観たり撮ったりするのが好きな方から、それを専門とする方まで幅広く楽しんでいただけるかなと思いました。

今週末3月14日(日)まで恵比寿でやっていますので、ご興味ある方&お近くの方はぜひ足をお運びください。詳しくはPeatixのイベントページにご案内があります。被写体(私)の知り合いということで「入場券(関係者招待枠)無料」で事前申し込みいただければ、4千円いらず無料でお楽しみいただけますので、お気軽にどうぞ。

より以前の記事一覧