2018-09-28

「Web系キャリア探訪」第6回、転職から移籍へ

Web担当者Forumの連載「Web系キャリア探訪」第6回が掲載されました。今回はインフォバーンの田中準也さんを取材。

6回の転職はジョブホッパー?「広告業界で部署異動してるだけだよ byジュンカム」田中準也氏のキャリア観

JR東日本企画で14年間勤めた後は、電通、トランス・コスモス、メトロアドエージェンシー、電通レイザーフィッシュ、インフォバーンと転職を重ねていますが、田中さんからすると「転職」というより「部署異動」のような感覚と言います。

この感覚、近しい業界に身をおいて同時代に働いてきた私も共感を覚えるところがあります。私の場合「○○業界で部署異動している」と思えるほど大舞台で働いている感覚はもちえないのですが、ここ20年ほど働いてきた中で、
1.企業間の壁が薄くなり、
2.企業間・企業と個人のコラボレーションが活発になり、
3.プロフェッショナルとしての個人の存在感が増していって、
4.人材の流動性も高まってきた
のは大いに肌で感じるところです。

数年単位で会社を渡り歩き、新しい職場で新しい仲間と新しいチャレンジをする人を見るにつけ、「転職」というより「移籍」という言葉のほうがフィットするなぁなんて思ったりしていました。

さて、今回の田中さんは、ネット黎明期から、その前線で仕事経験をもたれてきたわりに、「デジタルを主戦場にしよう」と決意された時期は、けっこう最近なんだなというのが驚きでした。

90年代に一度ネットの仕事に足を踏み入れた開拓者精神旺盛な当時の若者って、周囲の大人にビジネスにならんとか言われて理解を示されなくとも、どんどんデジタル、インターネットのビジネスに邁進していった印象があって。

そこでデジタル一辺倒とならずに、アナログ×デジタル双方の見通しよいところに立ち続けて、また双方の前線に立ち続けてきたところに、田中さんのキャリアのユニークさが際立つのかなと思ったりしました。

また、それは確かな田中さんの志向の表れであり、ご自身が選んできた道であり、そこに惹き寄せられるように仕事の誘いが都度やってきたと考えると、必然と偶然の絶妙なバランスの中に田中さんのキャリアが成り立っているように感じられます。

確かな志しや自律心をもってキャリアを舵取りするデザイン性も感じられれば、未知の可能性や人の縁に人生を預けるドリフト性も感じられて。どっちに依らずバランスをとりながら進んでいくのが人の道かなぁなどと思ったりしました。

というのは私の勝手な蛇足ということで、ぜひ本編をお楽しみください。編集後記にあたる「二人の帰り道」まで、ぜひご一読いただければ幸いです。

2018-09-02

スライド共有:社内研修の事後テスト問題を作るとき

この間スライドを共有したのは、これの前置きが長くなってしまった版だったので改めて、もともと作りたかったほうのスライドをシェアします。

社内研修や勉強会の事後テストを作るとき気をつけたい9つのこと

クライアントさんに研修プログラムを提供する一環で、研修後のテスト問題を作ったり、講師に作ってもらった問題を手直しする中で、この辺がテスト問題を作るときのポイントだなぁと思ったことをまとめたスライドです。

内容がニッチすぎるかもしれませんが…、だからこそネット上に浮かべて漂わせておくが良しということで。テーマにご興味がある方は、お目通しいただければ幸いです。

2018-08-31

「Web系キャリア探訪」第5回の掲載

今年の初めから連載しているWeb担当者Forum「Web系キャリア探訪」の第5回が掲載されました。

「私の仕事はおばちゃん業」ユーキャン・河内玲子氏。キャリアより社内の潤滑油役を極める

今回のインタビューは、生涯学習のユーキャンで、通信教育の受講者に向けたWebサービス開発を担当されている河内玲子さん。「かわち れい子」さんで親しんでいる方もいらっしゃるかも。私はお目にかかるの今回が初めてだったけれど、Web業界界隈ではよく名前をお見かけしてきた20年近いキャリアの持ち主。

おばちゃん業、橋渡し役、潤滑油、いろいろ呼び方はあるけれど、わかりやすくかっちょいい職種名や肩書きを持たずとも、その時その場で求められる役割を全うして極めればプロフェッショナルになれるんだよってことを体現されているキャリアで、勇気づけられます。よろしければ、ぜひご一読ください。

2018-08-28

スライド共有:社内研修や勉強会の効果検証

社内研修や勉強会の効果検証について、スライドを作りました。本当はもう少し具体的なノウハウを整理しようと思って書き出したのだけど、前置きをしたためていたら話が膨らんでしまって、一旦こちらの終着点へ…。これはこれということで、テーマにご興味ある方は、お目通しいただければ幸いです。

社内研修や勉強会がやりっ放しになっていないか

最近、自分の仕事、自分の役割について、考えごとをしている。ここしばらくはわりと、自分の目の前にある仕事をやることに焦点をあわせ続けて働いていたので、少し改まって、自分は何の役に立ち得るのかと。

キラリと光るものがあれば言葉にするのもたやすいのかもしれないが、なけなしの特徴をかき集めて言葉に起こしていくのは難儀である。

だからとりあえず、抽象的なのも具象的なのもごちゃまぜにして、メモに書きつける。仕事で大事にしたいこと、何がしたいのか、何は違うのか、どうしたらいいのか。今どう役に立っていなくて、それはどうしたらいいのか。市場はどうなっていて、どこで役に立ち得るのか。

散らかる言葉を構造だてて整理しきってみようとも思うのだけど、精緻に言葉でまとめきってしまうには、まだ早いような気もする。言葉は人を規定する。思考に良くも悪くも枠組みを与えるから、もう少しメモ書きのまま言葉を泳がせておいたほうがいいのではないかとも思う。

一方で、それってただの怠慢では、今がタイミングなのかもしれないよ、というツッコミも。どう枠組みを与えるかも、いつがそのタイミングとみるかも、結局は自分の解釈の与え方次第だ。

まぁともかく煮え切らないうちは、抽象的な概念で考えるより、できるだけ具体的な活動に目を向けて考えたほうが生産的である。頭の中で概念的に序列をつけようとするより、実際の活動をイメージして自分の欲するほうを体に選んでもらったほうが話が早い。

研修事業でいうと、今やっているオーダーメイドだけじゃなくて、研修をパッケージ化して量をさばきなさいよ!という拡大策は誰もが思いつく話なのだけど、そちらにはどうも食指が動かない。そこに今さら市場性があるか?というビジネス上の論点もあるが、それはおいておいて。

汎用的なパッケージを作って並べて、それをたくさん販売するというところに個人的に興味をそそられない。ということは、それと対極のところに自分の興味領域を浮かび上がらせられるのではないかと考えを進めてみる。

すると興味の向くほうは、簡単にいえば「量はさばけないが質にこだわる」ということになろうか。一つひとつにしっかり入り込んで、きちんと成果を出す。そういう方向で、もっと自分の働きを濃密化する道筋を歩めないかなと。

一つの研修プログラムを作っておさめるにとどまらず、クライアント各社の経営戦略に基づいて人材開発の方策を有効な施策に落とし込んで提案・展開する、現場の皆さんのパフォーマンスが確かに上がって、組織も個人も喜ぶ、包括的な人材開発のデザイン力が提供価値になったら一番だなと思う。

そういうものの一環として、効果検証のノウハウというのもある。教える取り組みはできているけど、本当にこれでいいのか、効果は上がっているのか、教える内容やレベル感、教え方、学ぶ側の学び方はこれが最良なのか、そういうことを受講者と講師、組織の後方から見渡して構造作りをサポートしていけるように腕を磨いていく道筋か。

そこにどれだけの市場性があるのかというと、なかなか微妙ではあるのだけど。この辺の働きをありがたいとは思ってもらえても、その曖昧な価値に対してお金をもらい事業を成り立たせるとなると、相当な力量をそなえないとって気がするけど、薄利多売方式でいっても同じように険しい道なら、こっちのほうが断然に模索しがいはある。秋・冬はもう少し目線を高くしてやっていこう。

2018-08-02

「Web系キャリア探訪」第4回の掲載

今年の初めから連載しているWeb担当者Forum「Web系キャリア探訪」の第4回が掲載されました。

ライオンに入社して1年で「あっ」と驚くデジタル施策を連発、その立役者の意外な経歴とは?

今回のインタビューは、ライオンのコミュニケーションプランナー阿曾忍さん。

大学院での微生物の研究から、就・転職を経て「バファリン」や「ストッパ」、「キレイキレイ」などを手がけるライオンのコミュニケーションプランナーに至る道筋を辿っています。どれも身近な商品なので、話がすごく面白い。

「多様性」っていうと、いろんな人がいることを認めよう、受け入れよう的な意味合いで聞くことのほうが多い気がするけれど、ひとりの人間の中にみる多面性にふれたときこそ、私は人間の多様性の妙に感じ入ってしまいます。

阿曾さんのお話は、初対面&限られた時間でありながら、そんな一人の人間の中に彩る多様性を感じられた時間でした。よろしければ、ぜひご一読ください。

それにしても、最後の写真は…。ど根性ガエルのぴょん吉的に、ライオンちゃんが私の服に張りついているように見えて仕方ない。

2018-06-21

「Web系キャリア探訪」第3回掲載に寄せて

今年の初めから連載しているWeb担当者Forum「Web系キャリア探訪」の第3回が掲載されました。

変化激しいSEMの世界「自分の成功体験は正解じゃない」 個性を生かすチーム運営とは?

初回の掲載時にここで触れましたが、1回目が、14年転職を選ばずに1社で挑戦を続ける岩崎電気の新井隆之さん、2回目が、50歳を目前に日立製作所から大日本印刷に転職された西田健さん

これまで企業のWebマスター的立場の方にインタビューしてきたところで今回。3回目は、事業会社サイドではなく、彼ら事業会社のサポーターとして働くSEMコンサルタントの寳洋平さんを取材しました。

真剣に小説家を志す時期、占いコンテンツのライターなどを経てのSEMコンサルタントというキャリアは、一見すると異色の経歴と語りたくなりますが、ご本人にお話を伺っていると、ごく自然な成り行きのように、一つひとつが関連性をもってつながりあっている確かさを覚えました。静謐で、深みがあって、独創的な文学作品を愉しむような、趣きあるインタビュー時間でした。

昨今は「仕事」とか「働く」とかっていうと、はなからマイナスの印象をもたれかねない危うさを感じたりもしますが、私の中の「仕事」イメージは、誰かのためになることが、自分の成長をももたらす素朴な日々の営み、といったものであり続けています。また「仕事」って言葉に、「労働」とか「作業」と一線を画す、創造的で尊いイメージももっています。

この連載のインタビューは毎度、そういう自分の心持ちのまま出かけていって、とくに途中で違和感を覚えることもなく話を堪能して帰ってこられていることを、3回振り返ってみて改めて思いました。三者三様のキャリアながら、それぞれにご自分の仕事を尊び楽しむ人たちの等身大のお話を聴かせていただいてきたからこそのことだなぁと。

誰かの仕事を外野から見てどうこう評するのではなく、自分の仕事・自分のキャリアを、自分の言葉で語る人たちの、こうした思いや考えを起こして、この連載を読んでくださる方に今後も届けていけたらなぁと思います。「仕事」とか「働く」とかの、素朴で個人的で多面的な、それぞれの解釈を、豊かな表現でシェアしていけたらいいなと。

取材現場では相変わらず、舵取りするなど程遠く、お話に聴き入るばかりなのですが、一通りの取材を終えて思うところを、記事の終わりに「二人の帰り道」として記していますので、ぜひ最後の一文までおつきあいいただければ幸いです。

2018-03-22

「Web担当者Forum」でキャリア話の連載開始

地味にも程がある…と写真見て思わず突っこんでしまいましたが、時すでに遅し。服装のことを一切気にかけず第1回の取材に赴いたため、都会の迷彩服か!みたいな装いになっていますが、まぁ平常運転…。何はともあれ「Web担当者Forum」での連載が始まりました。

「Web系キャリア探訪」というコーナーで、森田雄さんとともに、Web系の仕事に携わる方を訪ねて、その方のキャリアや、組織の人材育成をテーマにインタビュー、月1回ペースでお届けしてまいります。

第1回は「まだ会社でやれることがある」同じ場所にいるからこそできる挑戦――岩崎電気 新井隆之氏に聞いた

事業会社でWebマーケティングやネット戦略系のお仕事に携わっている方、あるいは専門家としてその手の領域を手がけられている皆さんに、自分のキャリアや、組織の人材育成を考える際にお役立ていただける情報や論点をネタ提供していけたらと思っています。

この手のことって、自分ひとりで考えるのがわりと難しく、限界あるテーマだと思っていて、他者や他社という比較対象をもって、照らしあわせることで見えてくる自分や自社の特徴や価値観、現状や課題の発見があれば嬉しいです。

で、やってみてまず思ったことは何かと言うと、人の話を聴くのはほんとうに楽しいなぁということ。その人が経験してきたこと、その過程で感じたこと、考えたこと、逡巡、今振り返って思うこと、最近考えていること、今後に思うこと、そうしたことをじっくりと、その人の選ぶ言葉で、表情で、声で、話を聴かせてもらうというのは、たいへん豊かな体験です。

クライアントやパートナーと打ち合わせで話し込んだ後にも、友人知人とひとしきりおしゃべりを楽しんだ後にもよく思うことなのだけど、今回縁あって、これまであまりおつきあいのなかった方面の方々の話を聴く機会に恵まれ、貴重な時間を過ごさせていただいています。

が、相変わらずインタビューは難しい。私は瞬発力が乏しいので、事前の準備を入念に…と思っていろいろ下準備はしていくのだけど、人のキャリアの話って、つまりは人生そのものの話なので、お話に引き込まれて、へぇ、ほぉと聴き入っていると、さらに周囲に頼りになる人がいると、舵取りがどんどん人任せになっていってしまう…。

今のところ、当初の懸念を上回るパフォーマンス不足をひしひし感じながらやっているのですが、下手に引き締めにかかってせっかくのお話に集中できなくなっては元も子もないので、まずはこのフォーメーションならではのトークを楽しみつつ、回を重ねながらゲストのお話を引き出すレベルアップを図っていけたらなと思っている次第です(甘いですか、ですよね…)。

第1回の記事内でも最後に書きましたが、今どきは一社の中でロールモデルを共有すれば事足りる世の中でもなく、Web界隈のように人材流動性が高い業界こそ率先して、キャリアや人材育成について、企業間をまたいだ情報共有を活発にして、刺激を交換しあえたらいいかなと思っています。また企業組織に属していない方にもお役立ていただける記事をお届けしていきたいと思っていますので、今後どうぞ、ごひいきに。

あと個人的には、仕事を面白いと思っている人の声が、もっとネット上に出回って、それが若い人にも届いたら嬉しいなと思っています。社会人が、皆いやいや仕事して、18時の終業を待っているばかりじゃないし、仕事と自分の関わりをこんな表情で話す大人もいるんだってことを、写真とあわせて記録し、届けられたら嬉しいなと。

2018-01-30

スライド共有:3つの「じゃない」から掘りさげる自分キャリア

昨年末になって遅ればせながら、昨夏開催されたDeNAさん主催のゲームクリエイター向け「Game Developer’s Meeting」キャリア勉強会Vol.2の登壇スライドをSlideshareに共有した(こちらにてご案内)のですが、昨春開催されたVol.1のときのスライドがあがっていないことに気づき、こちらも今さらながらスライド共有しました。

3つの「じゃない」から掘りさげる自分キャリア

以前にもシェアしたことがあるお話を再編集したような内容なので、人によっては既視感があると思うのですが…、こんなのをきっかけに、時おり自分のキャリアを考える時間をもってみたり、ここに書いてあることを酒の肴(さかな)に、たまには人とキャリアをテーマにおしゃべりしてみたりするのも良いのではということで、そういうのにお役立ていただけたら幸いです。

このイベントはゲーム業界の方向けでしたが、さほどゲーム特化の内容ではありませんので、クリエイティブ職のキャリアについてご興味ありましたら、どうぞ。

2018-01-25

「UX JAM 23」LT登壇の後書き #uxjam_jp

毎週月曜日になると、Facebookでつながっている方の「しいたけ占い更新されたよ!」という投稿が流れてくる。それを見かけると見に行くのだけど、今週行ってみたら、とにかく今週の魚座は地味にしてろ!とのことだった。「今週のあなたは地味であればあるほどいい」という。

しかし今週は、以前書いた通り「UX JAM」というイベントでライトニングトーク(LT)をする週なのだった。5分間と言えど、来場者は150名(100名から増枠した)。私にとってはだいぶ派手な部類にあたる活動なのだけど大丈夫だろうか…と腰ひけながらも、本日イベント当日を迎え、地味に実直に頑張ってきました。

「UX JAM」は、Webサイト/アプリを作る人向けのUser eXperienceを題材にした「ゆるい」勉強会/交流会イベント。交流会とLTを交互に行っていくスタイルで、参加者同士が気軽にUXについて話し合える場とのふれこみ。あと、参加者層が若くて、アラフォーというよりアラサーというイメージ(行ったことはないが)。

もともと人が大勢集まる所に苦手意識がある上、若い層が集まるともなると出向くこともなかったのだけど、私が普段足を運んでいる業界コミュニティのイベントは自分と同年代の参加率が高いので、世代違いに触れるのも大事だなぁと思ってエントリーした面もある。

そもそも私は、自分の同業たる人材開発コミュニティに参加することはほとんどなく、自分のクライアント市場にあたるWeb業界コミュニティにぽつぽつ足を運んできたのだけど、自分と同世代が多く集まるコミュニティだとこの頃は、クライアント市場の中でも相談・発注いただく側(経営・マネージャー層)に類する方々との交流に寄ってくる。もちろん、それはそれで大変有意義だし、私はネット系の思考/志向/嗜好?の人がそもそも気があって大好きなので、同志のように感じる方とのおしゃべりは弾む。

ただ一方で、若い人たちのコミュニティに出向けば、クライアント市場の中でも受講いただく側(現場リーダーや実務者層)との情報・意見交換ができる。そう考えると、そちらの人たちの考えていること、感じていることを聴く機会ももつって大事だなと。

そちらの空気感に触れていなくて、現場の肌感覚が養われていないと、どうしても「白け」に対して鈍感になって、(学習の)場づくりする人間にとっては致命的なミスをやらかしかねない。その場に投下したとき何がウケて何がシラケるかの感度が鈍いと、適切な場づくりはできない。作り出す「場」の有効性を高める肝とも言えるのが、現場の肌感覚だ。なので歳が離れていっても、直接現場の人たちと話したり交流する機会をもつのは大事だなと思う。

LTで自分が5分話すことで、あとの時間たっぷり、その人たちの話を聴くことができたら、すごく有意義である。きちんとお話しして、いろんな人とお話しできるといいなぁと思って、恐る恐る会場に向かった。

で、実際どうだったか。すごい良かった。私の話は、とりあえず時間内に収まって伝えたいことはざっくり届けられたか…くらいの感じだったけど、その後ほんとにいろんな方がお声がけくださって、20人くらいと、そこそこ時間をとってお話ができた。

実際には、さほど若い人ばかりという感じもなく、年齢層も幅広かった印象。お話しさせていただいた方も、育てる立場、教える立場、学ぶ立場といろいろ。また主催者が挙手アンケートをとったところ、デザイナー、エンジニア、ディレクター&プロデューサーが三等分くらいの割合で、職種もバラエティ豊かだった。

お声がけくださった方の中には、以前より私がSlideshareにあげていたスライドを見て仕事の参考にしていたという方もいらして、そこから先ネットで何者か調べようと思っても同姓同名の作家ばかり情報が出てきて、ずっと謎の人だったので、ようやく会えて良かったと声かけてくださる方も複数。ありがたすぎた…。

というわけで、今回のスライドもアップロードしましたので、いつか何かのつまみになれば幸いです。今回はLTのスライドなので、問いかけ的な内容に終始していますが…。

UX JAM 23 LT「UXデザイナーのUXデザイン学習のデザイン」

あとはいかに今週を地味に暮らして、魚座バランスを取るかである。今日は大変だったけど、素敵な一日でした。感謝の気持ちでいっぱい。ありがとうございました。

2018-01-11

LT登壇:UX JAM 23「UXデザイナーのUXデザイン学習のデザイン」

今月末「UX JAM」( #uxjam_jp )*というイベントで、5分間のライトニングトーク(LT)をすることになりました。

UX JAM 23 -新年会スペシャル-

「なんで?」と問われると、自分でも「なんででしょう⁈」 という感がないではないのですが、誰かに頼まれたわけではなく自分でエントリーしています。年末の私がエントリしたのです。気は確か、記憶も確かです。

その時は、とにかくこれはエントリーするのだという、よくわからない意思が働いて、それにただ従ったという感じだったのですが(LTに自ら応募したの初めて)、今振り返ってみると、2つの理由が挙げられそうです。

ひとつは、ここに集まる皆さんに伝えたいこと、それを話題に情報・意見交換したいテーマがあったから。UX JAMというのは、交流会とLTを交互に行っていくスタイルをとっていて(行ったことないけど…)、LTで自分が話題提供したことについて、関心ある方とフランクに直接お話しできるなんていいなぁと。誰もいなかったら、ぽつんとさびしいわけですが…。

もうひとつは、人に共有する以前に、しばらく自分の頭の中にあってこちらに訴えかけ続けていたものを、まずは自分の中で整理したかった。人に伝わるレベルの言語化をしてみて、自分で自分の考えを解像度上げて確認したかったというのがある気がします。

あと、理由というよりきっかけとして、今回のLTのテーマが「新年のUX抱負」って設定されていたこともあります。そういう呼びかけでなかったら私は反応していなかったので、ご縁だなぁというか、ありがたかったなぁというか。呼びかけ時にコンセプトを一言添える添えないが、人を動かしたり動かさなかったりするんだなぁとも思いました。

ともあれ、5分程度の尺を前提において、この日までに人にきちんと伝わるだけの準備をしなきゃという締切がある状態に身を置くことで、自分の考えていることを整理し、話の筋道を立てて言葉とイメージに表してみる、という試みができて、まずは良かったです。

って、まだ準備しただけなので道半ばですが。その話をしてご参加の皆さんに届くかどうか、おしゃべりにつながるかどうかは、相手があることなので当日になってみないとわかりません。とにかく、やれるかぎり力を尽くしてがんばります。

タイトルは「UXデザイナーのUXデザイン学習のデザイン」。UX、UX連ねていますが、IAに想いを馳せつつ話を整理したところがあり、わりとUXに限らぬ話になります…。広くこの界隈の実務者の、学習から現場パフォーマンス向上までを話題にします。

今回は7人のLT登壇者がいるようなので、テーマも幅広く、いろんな面白い話が聴けそうです。参加想定は100名程度を見込むそうで、いろんな方と知り合うにも良さそうです。開催は1月25日の晩、場所はゲートシティ大崎にあるオイシックスドット大地のオフィス。

というわけで、UX関連に興味のある方や、その関連の人たちと交流したい方、新年のご挨拶がてらという方、ぜひ会場に足をお運びくださいませ。

私は、誰も知り合いがいない可能性もあるので…、ご参加の方で、これをここまで読んでしまった方は、ぜひともマイルドな笑顔を浮かべてLTを聴いていただき、交流タイムにお声がけいただければ幸いです。

一つ前に書いた話で、「自分が発する言葉以上のことを行動している人間であろう」と新年の抱負めいたものを書いたけど、それで自分の発する言葉を抑制してかかるようでは意味がなく、言葉も丁寧に起こしながら行動が伴うようにやっていきたいところ。のびのび、こつこつ、丁寧に生きよう。

*「UX JAM」は、Webサイト/アプリを作る人向けメディア「UX MILK」が主催する、UXを題材にした「ゆるい」勉強会/交流会イベント。交流会とLTを交互に行っていくスタイルで、参加者同士が気軽にUXについて話し合える場をつくる。

より以前の記事一覧