« 読書メモ:「著作権トラブル解決のバイブル!クリエイターのための権利の本」 | トップページ | 「Web系キャリア探訪」第6回、転職から移籍へ »

2018-09-26

問題をじっくり決める感覚

私とはまったく別の業界で専門家として働いている友人とゴハンを食べていたときのこと。友人の話の中に「自分よりもずっと手際よく筋道を固めてゴールまでもっていけちゃう人がいて、いいなぁって思うんだけど」って一言がはさまった。

あれはきっと「はさまった」というくらいが正しい。それで卑屈になっていたり、羨ましがる気持ちに足元をすくわれている感じではない。私が書きたいのは、そういうことではなくて、それを受けて私が考えたことのほうだ。

私たちはその前からあれやこれや話し込んでいて、その一言を聞いたときに私がまず思ったのは、それは友人が手際が悪いからではないだろうな、ということだった。

なぜか。それまでの話を聴くに、友人がゴールをすぐに固めないのは、一つもこれというゴールが思いつかないからではなく、他にもゴールの見出しようがあるという可能性に目を向けて、時間の許すかぎり考え抜いて最良のものを選ぼうとしているからだった。それは手際の悪さによるものではなく、妥協のなさによるものだ。

過去の経験則から、瞬時にゴールをこれと決めこんで解決の道筋を既知のパターンに当てはめるのは、経験を積めば積むほど易しくなる。そこで易きに流れることなく毎回新しい案件として向き合い、拙速に目的地を決めようとする自分に抗うのは、経験を重ねるごとに難しくなっていくのかもしれない。

友人は丁寧だった。相当に難しい問題を、相当に短期間で対処しているのは想像に難くないのだけど、本当にこれか?こういう捉え方もできるのではないか?と、一つひとつ慎重に事にあたっていることが窺えた。

私はそういうふうに思うので、それは大事にしたままでいいのでは、と門外漢ながら応じて、またあれやこれやとおしゃべりに興じた。

それから日が経ち、次のような一節に出くわした。

このようなメタ認知を専門家は容易に行っている。スペシャリストがある課題に取り組むときには、問題をどのような視点からとらえるかをじっくり考える。自分の考えに筋が通っているかどうかに感覚を研ぎすませる。どうやって答えにたどりついたかを内省する。*1

あぁ、まさにこれだなと思い、その友人のことを思い出した。

「これはどういう問題なんだろう?」というステイタスはフワフワしていて、不安に駆られると早々に問題を特定して目的地を定めてしまいたくもなる。そこをちょいと踏みとどまって、一度アイデアを拡散する可能性の旅に出てみる冒険家の精神は尊い。期限内におさまるように探索の旅から戻ってきて一つに収束させる仕事もあわせもってなんぼなんだけど。しかも旅に出られる時間はかぎりなく短いのが常だけど…。

もちろん、ゴールをどこに定めるのか検討した上で結論を出すのがものすごく速い人もいるだろう。ゴールをどこに定めるのか検討しなくてもそのとき最善のゴールをパッと導き出せる人もいるのかもしれない。

でもまぁ無い物ねだりはやめて、自分なりの歩幅で、自分なりに感覚を研ぎすませて、じっくり丁寧な仕事をしていこう。歳を重ねて経験を積むほどに、既知のパターンに瞬時に当てはめられる直観力が磨かれていくなら、未知の可能性を探索しにいく冒険心も意識的にもちこんで、うまいことバランスさせていきたい。

*関連リンク:「問題と課題を区別する話」(問題も課題も自分で決めるものだよなという4コマ話)
*1: アーリック・ボーザー「Learn Better―頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ」(英治出版)

« 読書メモ:「著作権トラブル解決のバイブル!クリエイターのための権利の本」 | トップページ | 「Web系キャリア探訪」第6回、転職から移籍へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56452/67210629

この記事へのトラックバック一覧です: 問題をじっくり決める感覚:

« 読書メモ:「著作権トラブル解決のバイブル!クリエイターのための権利の本」 | トップページ | 「Web系キャリア探訪」第6回、転職から移籍へ »