最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017-04-30

ワーホリハイ

4月半ばまで、わりと長いこと定時あがりが基本だったのだけど、半ばから一気に忙しくなった。といって午前様になるほどではないのだけど、平日22時くらいまでと土日の日中も使って、ちょうど収まる感じ。久しぶりに長い時間働いている。まだこれくらいは集中して働けるんだなと、帰りの電車で自分に感心してしまったりしている。目の前に取り組みたい課題があるとタフにやり続けられるものなんだな。

案件もA社とB社に加え、C社とD社案件も登場し、うまく時間を割りふって全部をよい感じに進行させていかねばという感じになった。と言いつつ、この一週間は平日のほとんどを一社にかかりきり。ちょっと急ぐ案件で、日ごとに話が進行しては次の提案をまとめる必要が出てくるので、客先で話を聴いては持ち帰って考えて提案書作って出して、またその日のうちに客先に行って説明して意向を聴いて、また持ち帰って別の提案書も作って出したり、役員向けにもこういう観点で説明してほしいという依頼をいただいてプレゼン資料作りこんだり。

締めくくりに金曜はおっきいビルの最上階で役員の方にプレゼン。一通り聴きおえた役員の方から、ホッとした、安心した、よろしくお願いしますと言葉をもらえたときの安堵と、この信頼にしっかり応えていかねばという緊張と混じり合って、なんか生きているなぁと感慨を覚えるプレミアムなフライデーとなった。

こんなのが日常茶飯事なわけではなく、久しぶりにいろいろ動いて、いい汗をかかせてもらっている感じだ。私は仕事以外、ほんとぼんやりと何の役にも立たない感じで暮らしているので、こうやって働ける機会をお客さんに与えてもらえるのはありがたいなぁと思う。

自分が自分の取り組みたいと思える仕事を役割にして働かせてくれる会社にも感謝だ。自分が有意義だなぁと思う仕事をして、それをやると会社が期待する役割を全うしたと思ってくれるなら、こんなにありがたい環境はない。

この一週間は家とプールと会社と客先とコンビニをぐるぐるまわっていて、へたをするとワーカホリックハイみたいな状態になりかねないなと週末、自分に警戒心。そんな罠にはまって視野が狭くなって浮足立った仕事をしたくない。外に慌ただしさのある中でも、内はできるだけ穏やかに保って、静かな目線で思慮深く構えて、お客さんにとって、いい仕事をしたい。

2017-04-23

仕事な週末、仕事な春

この週末は、ひたすら仕事。土曜日は10時半にスタート。何度か場所を変えながらペンと紙で情報整理を繰り返し、提案の中身を作ってだいたいの目処が立つと、夕方から会社の自席でPC作業に突入。23時ごろまで集中してカタカタするも、終わらなくて日曜日に続く…。

ざわざわした喫茶店から始めたのだけど、思考が集中しだすと、次第に人の話し声が音に変わっていって、いつしか聞こえなくなる。ふと我にかえると、そこそこ時間が過ぎていて、しばし紙とペンの世界に滞在していたことを知る。プールで泳いでいるときの龍宮城体験にも近い。これはなかなか贅沢な時間である。なかなか集中できない人間であるがゆえ…とも言えるが。

この一週間は、木曜のイベント登壇を控えてどきどきしつつも、メインの裏方仕事がそれはそれで大きな宿題を抱えていて、頭に汗をかきかき提案作りに勤しんでいた。

先々週に訪問したA社の提案骨子を粗く紙に書きあげて、参画してほしい方に相談して講師依頼、諸々すり合わせて承諾のご連絡をいただけると、テンションがまたぐっとあがる。この人たちと受講者をぜひとも良い形で引き合わせたい!と腕まくり。提案書の締め切りを一昨日の金曜に設定していたので、とりあえず最優先。

その先週半ば、別に引き合いいただいていたB社を訪問。腹を割ってお話しくださって2時間近く話しこむ。いろんな問題意識を聴かせてもらったので、来週末までに課題を整理してご提示しますねと持ち帰ってきて、きちんと形にして力になれたらなぁという思いを抱えたまま、ひとまずA社の提案書作成に戻る。

木曜のイベント登壇を終えてほっと一息すると、あとは今日中にA社の提案書を仕上げて提出だ!という金曜の朝、A社から状況に変更が生じたとの報。もうひと枠大きな&急ぐ相談ごとに進化したもよう。その日の夕方、直接その進化版を聴きに行くことに。

もともと作っていた提案書を午前中に仕上げ、出来たてのほやほやのそれを持参しつつ、大きくなった話のほう中心に、あれやこれや話しこむ。これもまた2時間近くに及ぶ。じゃあこうしませんか?という全体の方針とか設計図とかを可能なかぎりドキュメントに起こして、来週月曜の会議までに用意してもらえないかというので、お引き受けして客先を後にした金曜の夜。

からの週末。この感じ、久しぶりである。締め切り迫る中、お客さんに喜んでもらえる提案を模索して頭の中が活性化し、緊張と高揚と集中が入り混じったような静けさ。私的には、人の相談ごとに自分のやりたいことを作ってもらっているような仕事人生なので、これだけで十分ありがたいが、自社に貢献する上ではきちんと案件化もしないと。日曜のうちにA社の着地点をみて、B社に入っていけますように。この仕事、やっぱり春に引き合いが多いのだろうか?と今さら…。というわけで、変わらず受託仕事に励んでおります。

2017-04-22

DeNA「Game Developer's Meeting」出演録

先日ここに書いた、DeNA主催「Game Developer's Meeting」の出演が無事に終わった。緊張したけど、終わってみれば楽しかった。と書いてみて、「緊張したけど、終わってみれば楽しかった」という経験をするのは貴重なことだなぁと、しみじみ読み直してしまった。機会をくださった主催者に感謝だ。

参加者募集は、定員30名のところ50名ほどに申し込みいただくことができて、前倒しで受付終了。当日は40数名の方がご参加くださった。

第1部で自分が話し終えるまでは、うまく話せるかなぁ、時間超過しないでしゃべれるかなぁ、聴いて良かったと思ってもらえるかしらとドキドキするばかりだったけど、ご参加者の柔和な表情と、うんうんといううなずきに助けられて、話し始めたら、わりとリラックスして最後まで話せた。時間も45分ちょうどにおさまり、そこでふぃーっと脱力。

その後の第2部「トークセッション」ではDeNAからの登壇者4名の方のお話、第3部「懇親会」では10人ほどのご参加者に対面で話を聴かせてもらえて、たいへんに有意義だった。

人のお話を聴くのは、やっぱり面白い。DeNAの登壇者の皆さんとは、事前に顔合わせの場を設けてお話を聴かせてもらい、そこからどんな話をしてもらったらよいか整理、話すテーマをざっくり構成だてて臨んだのだけど、顔合わせでお話を伺っている時点で、ほんと皆さん魅力的な人柄で、お話もすごく素敵だったので、当日はただただ話に聴き入らせていただいた。

懇親会で伺ったイベントご参加者のお話も、キャリアがテーマで集まっているということもあって、みんな初対面でものっけから、ど真ん中で自分のうちにあることを語ってくれている感じがあって、とても濃い時間を過ごせた。

年代、経験年数、職種はさまざまでも、みんなゲーム業界のクリエイター。彼・彼女らがまとう雰囲気に触れ、なんとなく昔懐かしい感覚を覚えたのも感慨深い。

私が社会人なりたてで入った会社、1990年代に触れた、あの空気感だ。不夜城のビルで遅くまで仕事して、私は夜中に家に帰るんだけど、数時間後に戻ってくると、照明を落としたフロアの仮眠ベッドや寝袋、あるいは隅っこの床で、よく人が転がっていた。

あの職場で私は、クリエイティブ分野のオタクがもつ創作意欲、熱量、想像力、素直さ、謙虚さ、真面目さ、不器用さ、素朴さに触れて、こういう人たちのキャリアをサポートする仕事はものすごく有意義だと感じる自分を発見した。私の職業人生は、そこから始まっているのだ。学生時代には、なんのアテもなかった。

イベント翌日に拝見したアンケートのコメントも、〜にハッとした、発見があった、視野が広がった、自分のキャリア形成のヒントが得られた、難しく考えすぎていたことに気づいた、分かりやすく解説されていて驚いた、とにかくすごかった(これは、なんだろう…)とか概ね好評だったようで胸をなでおろした。

いやぁ、ほんと良い経験をさせていただきました。この先も、このご縁が良い形で通じていきますように。ありがとうございました。

2017-04-14

DeNA「Game Developer's Meeting」に出演

縁あって、ディー・エヌ・エー(DeNA)さんが主催する「Game Developer's Meeting」で、ゲームクリエイター向けにキャリアのお話をさせていただくことになりました。

熱い技術とかじゃなく、キャリアの話をテーマにすえて、どれくらい皆さんが会場に足を運んでくださるものかと不安もあったのですが、わりと順調にご参加申し込みをいただいているようで、ほっとしています。

皆でわいわいできそうな雰囲気なら行ってみようかな!という方は、今も受付中なので、ぜひお申込みくださいませ。きっと高層階からの渋谷の夜景も楽しめます(会場みていないけど)。

ゲームクリエイターのキャリアについて、みんなで考えてみる
http://gdmcareer01.peatix.com/

私の話では、勉強会というのではなく、自分のキャリアについて力まずに考えてみる時間をつくれたらと思っています。

私の話の後は、DeNAさんでゲーム開発に携わる方たちのトークセッション。大きい会社だからこそいろんなキャリアを歩んできた人たちが出入りしているだろうと思って、バラエティ豊かなキャリアを歩む4名の方のお話を聴ける構成としました。

●コンシューマーゲームからソーシャルゲーム開発に転向
●デザイナーから、現場に寄り添ったマネージャーへ
●新卒入社で運営プランナーから新規開発プロデューサーに
●ライフステージが変化しても働き続ける女性
といった方々に登壇いただくので、ちょっと気になるキャリアの方がいらしたり…とかあれば、ぜひ。

第3部はMeetUp(立食懇親会)、飲んだり食べたりできるっぽいです(無料)。数十人の会なので、この人のキャリア話、もっと突っ込んで聴いてみたいとかあれば、気軽に声もかけやすいと思います。いやいや、むしろ自分のキャリア話を聴いておくれよ!という方もぜひ。参加申込くださった方々も、いろんなゲーム会社の方がいて、職種もバラエティがあって、キャリア年数も様々なので楽しいと思います。

エンジニア、デザイナー、プランナー、サウンド、ディレクター、プロデューサーほかゲーム開発に携わっている方でしたら、コンシューマゲームの方もソーシャルゲームの方もウェルカムです。

2017-04-04

枠組みを融かして

4月になった。渋谷の桜は満開まであと少し。朝晩はまだ寒いけど、日中はだいぶ暖かくなったし、夜は雷がごろごろいったりして、なんだか一気に春もようだ。

今年度の仕事は「広げていく」感じなのかなぁと思っている。潮目を読むに…と言えれば格好いいけれど、直感で言っているだけ。なんとなく「広がっていく」感じがするから「広げていく」といいのかなというだけなのだけど。

研修サービスの枠組みを超えて、組織の人材開発・組織開発へ。
Web業界の枠組みを超えて、ゲーム・映像業界にも。
スキル開発に留まらず、キャリア形成のサポートにも。

欲張り、散漫にはなりたくないんだけど、系統だった研修というより、ゲリラ的に問題解決の施策として、あの手この手。まぁこれまでもちょこまかとはやってきて、延長線上の話ではある。

へんに専門領域みたいなことを考えて、外で築かれた枠組みに自分を押し込めずに、この場所で、直面する問題で、今の自分が貢献できること、やりたいこと、価値があると思うことに仕えていくのが自分の自然体だと思うので、そうできたらなと思う。

Every individual is an exception to the rule.
人はみな、例外である。

ユングが残した言葉。言葉で言うだけでなく、本当にそういう人間観をもって人と向き合っていきたい。そういうキャリアカウンセラーでありたい。だだっぴろい枠組みでのキャリアカウンセラーに。

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »