最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 母の七回忌 | トップページ | 内示を受けているときの頭の中 »

2017-02-09

2回目の目の手術、その後

私は両目に翼状片(よくじょうへん)という病気を患って、2年半前に右目、2ヶ月前に左目の手術をして、それを切除した。

その体験記をブログに書き残してきたので(「目の手術(翼状片)」というカテゴリーにまとまっています)、私のブログには「目の手術 怖い」とか「翼状片 云々…」といった検索ワードで訪れる人がけっこういる。

のだけど、特別そういう人たちに向けて書いたのでもない個人的な吐露に終始してきたため、このことを気に病んで検索してきた人にとってバランスのとれた文章にはまったくなっていない。私のおぞましい体験記を読んだとすると、「よっしゃ、手術受けよう」とは、なかなかならないだろう。どちらかと言えば、手術を踏みとどまるほうに作用するに違いない。というのが、ずっと気になっていた。

なので遅ればせながら、ここに書き残しておきたい。終わってしまえば、やっておいて良かったと思っています、ということを。両目とも術後は順調にきているし、目には今まったくカケラが見当たらない。再発率が低い手術をしてもらったおかげもあってか、右目は2年半再発していない。運よく、腕のいい先生に執刀してもらえて、術後もしっかり診てもらえたというのは大きい。その環境あってこそと思うけれど、手術した決断に後悔は一切ない。

最近手術した左目のほうは、今ひと月おきに眼科に行って経過を診てもらっている。昨日は術後2ヶ月経ったところの診察、「今のところ順調ですね」と言われて安堵。ちなみに先生はいつも「今のところ」という言葉を欠かさない…のを私も聞き逃さない。あ、でも、右目はいつからか「今のところ」が消えた、そういえば。

この2ヶ月間は、冷蔵保存しなきゃいけない目薬(リンデロン)をさす必要があって、最初の1ヶ月は日に5回、そこから1ヶ月は日に4回、時間を守って点眼していた。保冷剤にはさんで目薬を持ち運び、家と会社では冷蔵庫に入れておくのが地味に大変だったけど、今回の診察でリンデロンとはおさらばだ。

この後は、リンデロンの1/3くらいの効きの目薬(フルメトロン)を日に4回さして、また1ヶ月後に診察に行く。たぶん、もう数ヶ月良好に進めば、通院は2ヶ月に1回ペースになり、目薬はドライアイを防ぐヒアレインというのに変わる見込み。それで1年かそこら、様子を見ていくことになる。

あとは再発防止策で、紫外線を避けた生活(ハット型の帽子、サングラスなど)はずっと続く。どこまでやるかは人それぞれだろうけど、私はもうあの手術は嫌なので、わりとこまめに装着している。日中に外で会うと、ずいぶんと野暮ったい人である。

これに今は防寒対策のニット帽とか、これからしばらくは風邪防止と花粉症対策のマスクが加わって、カバンにはいろんなものが入っている。さすがに帽子とサングラスとマスクの3つ装備だとだいぶ怪しいので、場所に合わせて2つまでに収まるようにしている。

屋内や地下鉄ではマスクのみ、表を走る電車や地下鉄でも外に出る区間はマスクとサングラス、外を歩くときは帽子とサングラスなど、なんやかんや小まめな入れ替えが必要になる。それでも、あの手術に比べたらなんてことはない。

もちろん人によって気になるポイントも環境も様々だから、これは一体験記に過ぎない。ただ、検索して訪れた人に、やっておいて良かったと思っていることは伝えないと、と思って書いた。わりに、関係ない話がだらだら続いてしまったけど。

これで、目の手術にまつわる話は終わりになるかな。ぜひとも、そうしたい。あとはプール通いを再開できたら、私的には通常モードに戻れる。リンデロンが終わったので、そろそろ再開だ。

2017/6/12の追記:その後の経過。手術から3-4ヶ月目はフルメトロンを日に4回、5ヶ月目は日に2回、6ヶ月目は日に1回になり、半年経ってフルメトロンの処方は終了。
ドライアイ症状もあるので、引き続きヒアレインはさしていくのだけど、次は3ヶ月後に見せに来ればよいとのこと。お若いのに(眼科患者的には…)再発の兆候もないし、たいへん良いですね!とのこと。良かった!

« 母の七回忌 | トップページ | 内示を受けているときの頭の中 »

コメント

保険入ってる?
手術給付金出るかもよ~

それにしても、目の手術って怖いよ、想像するだけで。
レーシックですら、勧められても受けたくないし(^-^ゞ(汗)

かず〜さん、久しぶり!コメントありがとう。
保険は…、入ってないのよ。
いやー、ほんと目の手術は怖いよ。私もレーシックだったら絶対やらない。まぁ今回は致し方なくね。

初めまして…突然コメントして、すみません。

私も半年前に翼状片と診断されました。私の場合、黒目横にボコッと膨らみがあり、広がりがあるというより、厚み?があります。ほんの少しだけ、黒目にかかり始めています。

失礼かもしれませんが、おいくつですか?私は今年39歳です。眼科的にいうと?まだ若いらしく、一つ目の病院(翼状片手術で有名な…)は、あなたが気になるなら、手術しましょう!二つ目、三つ目は、再発率が若いと上がるから…様子見との事でした。
一つ目の病院では、4か月待って手術でしたが、怖くてキャンセルしてしまいました。
鏡を見る度に気持ちが滅入り、手術すべきか悩んでいます。再発には個人差はあるので、年齢が近いから大丈夫な訳ではありませんが、教えて頂けると助かります。

naさん、はじめまして。
目の手術なんて、ほんとビビりますよね…。
とはいえ黒目にかかり始めているとのこと、不安なお気持ち、お察しします。
私は41歳です。私もよく(眼科患者的に)若いと言われました…。若さのことも再発率には関係あるようですが、あとは手術法ですね。私がお世話になった先生は、確か再発率5%以下の手法を編み出した方で、それの指導を後輩にもしているようですが、病院によっては10%以上もあるようですから、医師の手腕によるところもあるようです。翼状片で有名な病院ということでしたら、おそらく大丈夫なのかなと思いますが。
どうか良い方向に向かいますように。

初めまして。いきなりのコメント失礼します。
私は翼状片ではありませんが、まだ黒目にかかってない瞼裂斑という隆起が白目にあります。これが翼状片になるかはわかりませんが、とても気になり手術を考えています。翼状片手術の名医と呼ばれる医師にお願いするつもりですが、裸眼視力が落ちる可能性がゼロではないといわれました。私は両目とも1.5あります。hysmrkさんは元々視力は良かったですか?また術後視力は変わりましたか?手術の際に視力が下がるかもしれないとの説明はありましたでしょうか?質問ばかりですみません。

はじめまして。不安な心中、お察しします。
私も視力はいいほうで、調べるとだいたい1.2、これは手術前も術後も変化ありません。
翼状片の手術をしないで、黒目に翼状片がかぶってくると視力低下や失明の恐れがあるとは、事前に言われました。それでやむなく、「やるか…」と思いました。
一方、手術をして視力が低下するリスクについては、特に説明を受けた覚えがないのですが、手術の成功率99%とかいう話で、手術するからには1%のリスクが伴ったのは覚えています。医師の過失や合併症が起こるリスクについては同意書を書かされました。まぁ「絶対に」ということは何事においても言えないことなので、そこは仕方ないかなと思いました。
よい形で落着しますように。どうか、お大事になさってください。

早速のお返事ありがとうございます!
術後に視力の変化もないと聞き安心しました。
私がかかろうと思う横浜の名医とよばれる医師は再発率が1%ということです。病変の箇所を切り取って、上瞼の見えないところの綺麗な結膜を切り取って張り付けるというものです。術後はありえないくらい充血し、(まぶたが内出血することも)三ヶ月で手術して良かったなと思うそうです。再発率も低いことから全国から患者が来るそうです。再発率も低い手法なので視力変化の可能性もあるのかなと感じました。
本当に、絶対なんてことはないですもんね。私は視力も良く、あまり眼のことで苦労をしたことがありません。見た目や少しの違和感だけで手術をしていいものか悩んでいます。
質問ばかりですみません。
手術をしたところは、他の白目の部分よりもにごったりしていますか?疲れたときなど充血しやすかったりするものでしょうか?あと違和感を感じることなどありますか?
本当に質問ばかりで申し訳ございません。

「再発率1%」「病変の箇所を切り取って、上瞼の見えないところの綺麗な結膜を切り取って張り付ける」というのは、私がかかった医師と同じやり方です。その方が発明したやり方だと言っていましたが、そこはよくわからないので置いておいて。その手法自体は、進んだやり方だと思います。そのやり方を採らないと、再発率が高くなり、実際、今も再発率10%以上でやっている医師もいるらしいです(って手術中の、医師同士のおしゃべりで聞いた…)。
手術をしたところは、しばらくは真っ赤になっていますが、術後1週間くらいで抜糸をすると、一気に落ち着いてきます。数週間もすれば見た目も落ち着いていたのではないかと思います。術後落ち着くと、違和感はなく、今はすっきりきれいな白目です。手術の跡は特にありません。
疲れたときに充血しやすかったのは翼状片があったときで、術後は充血しなくなりました。
ちなみに、手術するタイミングとしては、私は翼状片と診断されてからも数年間は先延ばしにしていまして、逃げ切れるならそのまま…と思っていましたが、翼状片が進行してきて黒目に近づいてきたところで、そろそろやったほうがいいねという医師の勧めで、数年越しにやることを決めました。もう少し早めにやっていたら、もう少し軽めに手術できたのかもしれませんが。そのあたりは医師と相談しつつの自己判断ですかね…。
あくまで一例としてですが、ご参考まで!

返事をしていただいたのに、コメントが遅くなりすみません。
術式は同じだったのですね(*^^*)そういう方の貴重なお話は本当に励みになります。ありがとございます!
術式は同じですが、こちらの医師は勝手に脱落する糸を使用して抜糸はありません。ホームページには、抜糸はしないが糸で充血する人は抜糸をするとのことです。ただ、私はだいぶ遠方に住んでるのでこういう場合はどうするんだろうと疑問です。他の方も他院で抜糸をしないと糸で充血する場合があると言われたそうです。ただ、年間300例以上されているみたいなので、あまり不安にならなくてもいいのかなとも思います。
でも、絶対…はないですよね!
hysmrkさんは数年越しに手術を決意されたとのことですが、以前に見た目で悩んだりはありましたか?
何度もすみません。
この目の悩みが無くなったらどんなに嬉しいだろうと思います。

私も、2回目(右目)の手術のときは、ホームページだったか、手術前に渡された資料だったかでは、抜糸しないのを通常とするという説明を読んでいたので、もしかして今回は抜糸がないのでは!と淡い期待をいただいたのですが、結局1回目(左目)のとき同様に抜糸がありました。
もし直接確認していないようでしたら、どちらなのか直接伺っておくとよいかもしれません。特に、遠方から手術のためにいらっしゃるということですと、事前にわかっていたほうがよさそうですね。手術自体はおそらく日帰りでしょうし。
私は、見た目で悩んだというのではないですが、翼状片があったときは、疲れると充血しやすかったので、周囲の人によく目が赤いと指摘されました。
よいかたちで悩みが解消しますように。

お返事ありがとうございます(*^^*)
手術を決めたら確認事項をまとめて聞きたいと思います!
確かに考えたら抜糸は無い方がいいですよね笑。同じように治ってくれれば(*^^*)
手術は20分程度で日帰りです。ただ都合がつけば一週間目の診察は受けたいなと思っています!
見た目ではご自分ではあまり悩まなかったのですね!充血を指摘されるのも度々では辛いのかなと思います。手術をする前に重度のドライアイを少しでも治しておかなければ…。
色々な質問に答えていただいてありがとうございました!
また、なにかありましたら、訪問させてください☆

20分程度ということは、私に比べるとずいぶんと軽度なのでしょうね。よかった。経過観察は、私はドライアイの薬ももらいがてら、もう何年もずっとしていただいています。
まなみさんはおうちの近くで、短くとも数ヶ月は通ってみてもらうことになるのかな。私のはあらゆる点で一例に過ぎないので、ぜひ疑問点などは一通りお医者さんに確認されるのが良いと思います。健闘を祈ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56452/64870203

この記事へのトラックバック一覧です: 2回目の目の手術、その後:

« 母の七回忌 | トップページ | 内示を受けているときの頭の中 »