最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 集中が先か、静寂が先か | トップページ | 突発性難聴その後 »

2016-04-06

突発性難聴になった

なんだか知らないけど、突発性難聴にかかってしまった。昨晩からだっかか今朝からだったか、なんか左耳がおかしいなぁ、膜が張っているような、これはいったい何なのか…と気になっていた。

私は朝プールに通っているのだけど、プールからあがってもずっと水中に潜っているような感じで、時間をおうごとに徐々に水深が増していく感じ。昼過ぎにもなると、だいぶ深海まで潜りこんでしまったような感覚を覚えた。

違和感だけでなく、音も聞き取りづらくなってきたので、まいったなぁと思って会社近くの耳鼻科へ行くことに。

こういうとき、Google検索で「地名 診察科」からレビューをたどって近所の病院を絞り込めるのは本当に助かる。絞り込むというか、一番上に出てきたところのレビューをみたら良さそうな先生だったので、そのままLet's go!しただけだけど。

「雑だけど腕がいい先生」とか事前情報をもって向かえると(雑というのはコミュニケーションがという意味で、処置は痛みがなくて良いとのレビュー)、こちらも心構えができているので伺いやすいし(実際に頭押さえられて「動くな」とか言われた時も、ほんまや!と楽しめた)、実にありがたい。

さて、行って検査をしてみると、これは突発性難聴だという。検査結果を見ながら「花粉症で鼻のかみすぎかと思ったら、そういうんじゃないね」と先生。ストレスはないかと問われるが、特別思い当たるものはなく、「いやぁ、特には…」と回答しつつ改めて考えてみる。

何かあるかなぁ。「何かしらあるだろう、一つくらいひねり出せ」と言われれば、いくらでも挙げようはある気もするけど、あれか?これか?こっち系?と、指折り数えだしたらそれこそストレスがかかりそうだ。指折り数えるなら、ありがたいこと感謝してることを挙げていったほうが健康に良さそうである。それに、どれも耐え難いってほどのもんじゃないし、これまでも程よく意識して程よく取り合わずにうまくつきあってきたものばかりだしな。しかし、今思い浮かんでいる中のものだったらいいけど、自分にまだ見えていないストレスがあるなら厄介だなぁ。ないといいなぁ。

などと考えながら数秒「うーん」とうなっていたら、先生が苦笑して話題を変えた…。5種類の内服薬をもらって、5日間飲む。そのうち一つは「ものすっごいまずい」と言われたけど、覚悟して飲んだらそれほどでもなかった。すぐには効かないらしいので、5日間飲んでみて、どうかというところ。それで効かなければ、もっと強い薬を処方されることになる。今回ので効くといいなぁ。というか、それまでにすっかり治っちゃうといいなぁ。突発性だけに、突発的に治らないだろうか。

とりあえず、この手のものは早めに医者に行ったほうがいいですな。2週間も放置すると、耳の中の機能がすっかり衰えて、めまいの症状が出たり、けっこう大変ぽい。聞こえなくなったらいやだし、ここは大事にして乗り越えたいところ。

私は基本的に裏方稼業なのだけど、ちょうどこの2週間ほどは人前で話す機会が続く。明日は客先でプレゼン、来週はイベントで講演があり、再来週は客先で自分が講師をすることになっている。これが一段落すると、耳も落ち着くだろうか。とりあえず、よく寝て、しっかり薬飲んで、一つひとつ丁寧に落ち着いて仕事を納めていこう。あとは、よく笑おう。

*2016.5.14追記:関連リンク
2016-04-07「突発性難聴その後」
2016-04-12「突発性難聴その後の後」

« 集中が先か、静寂が先か | トップページ | 突発性難聴その後 »

コメント

僕も数年前に右耳が突発性難聴になりました。
未だに治っていません。
内服薬だけでは治らない可能性があります。
僕の場合、3つの医者を転々としましたが、最初の診察が遅れたために治療が間に合いませんでした。

一刻も早く専門医にかかることをおすすめします。
鍼もいいらしいですが、僕は試しませんでした。
良いお医者さんと出会えますように。

未だに治っていないんですか…。それは日々大変ですね。早めの治療を、というのは他に体験された方からも伺いました。昨日行ったさきの先生が、たぶんいい先生だと思うので、しっかり言うこと聞いて治したいと思います。コメントありがとうございます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56452/63449690

この記事へのトラックバック一覧です: 突発性難聴になった:

« 集中が先か、静寂が先か | トップページ | 突発性難聴その後 »