最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 劣等感に混在する優越感 | トップページ | 気持ちを重ねること »

2016-03-30

Bluetoothキーボードを買った

マイクロソフトの折りたたみ式Bluetoothキーボード、ユニバーサルフォールダブルキーボードなるものを買ってしまった。

Microsoft Universal Foldable Keyboard

先日、家電量販店で見かけて一目惚れ。何この薄さ!何この軽さ!何この小ささ!それでいて何このしっかりした打鍵感!と魅了された。あの日はタブレットを見に行ったのに、キーボードに心奪われて帰ってきたのだった(大人力を発揮して、買いはしなかった)。

落ち着いて考えてみよう。確かに、タブレットとスマホ持ちだったら、Bluetoothキーボードも重宝するだろう。けど、私はそもそも目当てのタブレットを買っていない。スマホだけしか持っていないで、あれ買って、実際どれくらい使うものだろうか。スマホのフリック入力もそこそこのスピードでは打てるし、スマホ画面の小ささ前提だと、そんなにキーボード使いたい状況って実は発生しないんじゃなかろうか。結局買っても使わないんじゃないかなぁ。

でも、ほら、あれじゃない、目当てのものと違うものに巡りあって全然違うもの買っちゃって、思いがけず世界広がったわーっていうのが、リアル店舗行く醍醐味ってもんじゃないの。それもそうだわね、あなたうまいこと言うわねぇ。なんてのを1週間だか10日だかやっていて、本日コーヒー飲んだ帰り道に酔った勢いでつい買ってしまった…。

ざっくり魅力を一覧すると。

・すごい薄い!(折りたたみ時11.5mm)
・すごい軽い!(180g)
・すごいコンパクト!(折りたたみ時の幅147.6mm)
・なのに、しっかりした打鍵感
・最大2台のデバイスとペアリング、ワンタッチで切替
・USBで充電、1回のフル充電で3ヶ月もつ(らしい)
・防滴
・PC/スマホ/タブレットの最近のOS一通り対応
・ダークグレイに白色LEDが美しい(安っぽくない)
・コピペ(x、c、v)、やり直し(z)ができるの素晴らしい
・店頭9,750円(税抜)は安くはないが、まぁまずまず

久しぶりにデジモノに心ときめいたから、買って後悔はない。が、気になったことは2つ。一つは、最初のペアリング接続のときに、それ用のボタンを「長押し3秒」するらしいのだけど、この案内ではわからなかった…。これはあれだ、「わかってる側から見ると意味わかるけど、わかってない側から見ると意味わからない説明」というやつだ。前者から見るとタイマーに見えるが、後者から見るとメロンに見える。

というのは、もうわかったからいいんだけど、もう一つは、「Enter」の位置が普通のキーボードより丸ひとつ分内側に入っている感じで、「Enter」の度にミスタイプ。なかなか慣れず、相当使わないと慣れる気がしない。あとは、実際どれくらい使うことになるか…。とりあえず、うまいことつきあっていきたい。で、タブレットは保留のままだ。

« 劣等感に混在する優越感 | トップページ | 気持ちを重ねること »

コメント

このキーボードカッコいいですねえ!
タブレットを観に行ってキーボードだか買ってくる林さん、かわいいですw
マイクロソフト、最近頑張ってますよね。

ぜひ店頭で見て触って心奪われてください!笑
マイクロソフトのハードウェアに最近目がいってしまいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56452/63417889

この記事へのトラックバック一覧です: Bluetoothキーボードを買った:

« 劣等感に混在する優越感 | トップページ | 気持ちを重ねること »