最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 世代論のおしゃべり | トップページ | いちいち優劣をつけない »

2016-02-18

同窓会と重力波

タイトルで宣言するとおり、何の脈略もない話をこれから書く。中学一年生のときに同じクラスで特別仲のよかった人から、四半世紀ぶりに連絡があった。Facebookでの友達申請があったのだ。

小学校は別々で、中一のときに同じクラスになって意気投合、しかし二年生になるとクラスが分かれて話す機会もなかなかもてなくなり、中学卒業ともなると顔を見かけることもなくなって、交流は一切途絶えた。そして25年が経過…。

自分と同世代や上の世代だと、そういう相手、つまり「同じ空間に通っていたときは仲良しだったけど、生活拠点が離れてそのまま疎遠どころか完全に連絡が途絶えて数十年」みたいな相手を、多くの人が一人二人は思いつくのじゃないかしら。なんとなくつながり続けるというインフラが貧弱な時代に置いてきた縁がある。

私はFacebookでつながっている中学時代の友だちって、使いだして7〜8年ずっと一人もいなかった。中学時代からつかず離れずつきあいのある唯一の親友はそういうのと無縁の人で、それ以外に当時の友人をみずからFacebook上で探し出すといったこともしていなかった。

それが中学時代の友だちと一人つながったのは、昨年末のこと。卒業して四半世紀経ったのをきっかけに中学2、3年のときの同級生が同窓会を企画しているというので、実家に連絡があった。郷土意識が低いと言われる千葉県民のためか、これまで「全員集合!」っぽい公式の同窓会企画は聞くことがなく、それこそ四半世紀ぶりに同窓会の企画者と電話でしゃべった。

その流れでか、中学2、3年のときの別の同級生からFacebookで友達申請があったのだ。その子と同窓会の企画者とは当時も今も特に親しいつながりはないふうなのだけど、彼女は彼女で同窓会の話を受け、また同じころに当時の仲良しグループと地元で会う機会もあったらしいから、当時親しかったものの卒業後は年賀状友だちに成り果てていた私を、なんとなく思い出してFacebook上で検索してくれたのだろう。私の同姓同名はたくさんいたけれど、写真が出ていたのですぐにわかったと言っていた。

年明けてつい先日、地元での同窓会は滞りなく開かれたらしいが、私は参加しなかった。こちらから見るかぎり、中学2、3年の同級生界隈でFacebookでの友達申請が交わされた動きもなく、静かに夜は更けた。

けれど、その同窓会の晩に、冒頭に話した中学一年生時代にとりわけ仲の良かった同級生から友達申請があったのだ。すでにつながっていた中学2、3年生時代の同級生とその人の間には、これというつながりも見当たらないし、共通の友だちがいるわけでもない。

地方の公立中学というのは、卒業してしまうとほんと、てんでバラバラに散っていくもので、まったく交わらない別々の人生を歩んでいく。なんだか気が合って腐れ縁になるごく少数を除けば、ほとんどの人が赤の他人になってしまうといっていいのではないか。

なんだけど、その同窓会の晩に、一件縁があるようで全然縁がないところからの友達申請。「知り合いかも?」に突然私が出てきたようで、向こうも驚いていた。

ちょうどその申請を受けたときが、米国で重力波を観測したニュースに沸いているときで、(私は科学音痴なので、そのこと自体は全然理解が及ばないのだけど)この一件がもやぁーっと重なってみえたのだった。

つまり、中学2、3年生の同窓会の余波を受けて、時空にゆがみが生じ、中学一年生のときの同級生のFacebookに「知り合いかも?」と表示された。この25年間、一切の接点のなかったところに線が引かれて、つながりが出現した。こうやって文字に起こすと、連想のテキトーさが際立つけれど…。

こういう現象って「Facebookの台頭により」とか「SNSの普及により」とか、背景を説明する語り口はいろいろ出てくるんだけど、「なぜ中学2、3年の同窓会が開かれた晩に、共通の知り合いをもたない中学一年生の同級生同士が四半世紀ぶりにつながるのか」っていうのを、重力波のニュースにふれながら受け取ると、非論理的であろうと、ちょっと別の語り口が頭に浮かんでくるのだった。

これまでは、一旦離れると完全に消失すると思われてきた、けれど実は静かに存在し続けていた「人の縁」が、Facebookのような巨大なSNSの出現・普及によって観測できるようになった、とか。まぁ、書いてみて思ったけど、こういうのはぼやーっと連想しているくらいがちょうどよくて、くどくど書きあげるのは野暮だな…笑。

« 世代論のおしゃべり | トップページ | いちいち優劣をつけない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56452/63231091

この記事へのトラックバック一覧です: 同窓会と重力波:

« 世代論のおしゃべり | トップページ | いちいち優劣をつけない »