最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 自分で考える時間 | トップページ | 攻撃力の高い料理 »

2015-09-27

図らずもiPhone6s

昨日、突如iPhone5が起動しなくなり、今、私の手元には図らずも最新のiPhone6sがある。一昨日の私には想定外である。

iPhone5は、さっきまで元気だったのに…という感じで、急に臨終を迎えた。予兆なく、いきなりうんともすんとも言わなくなった。困ったなぁと思い、とりあえず修理屋さんにみてもらおうと、ネットで調べて新宿のビックカメラへ。すると新宿店は一番の激戦区らしく、「今日も明日も予約でいっぱい、午前中の時点でもう受付終了」だという。

ただ、本体の様子をうかがうにバッテリー部分が膨れ上がっているから、これが原因じゃないかとのこと。確かに、横から眺めてみると、噂にはよく聞いていた本体の膨れ上がり現象が起きている。

保障はできないけれど渋谷店か、少し余裕ありそうな大宮店まで足をのばせば、今日の予約がとれるかもしれないと店員さん。ちなみにAppleストアはiPhone6sが出たばかりで、今は古い機種のサポートを受け付けていないと言う。となれば、とりあえずビックカメラの渋谷店へ。

こりゃ修理じゃなくて買い替えが適当か…とも思いながら山手線で移動。渋谷店は渋谷店で、Apple製品のサポートスペースに人がわんさか。店員さんの「iPhone以外でお並びの方〜」という呼びかけに誰も反応していなかったから、みんなiPhone患者っぽい。実に盛況で、真冬の内科受付のようであった。

まずは、ここに並んでいるiPadで質問に答えて自己診断をしてくれ。それが終わったら、この用紙にそれを書き写して列に並んでくれと言う。どういうこっちゃと思いつつも、とりあえずカウンターに腰かけて画面の問いに答えていく。どうもこうも電源が入らないので、原因の切り分けもそこそこに自己診断を終え、あとはデータが消えてもいいかとか、なんだかんだパーミッション設問みたいなのに答えること数分。

すると、自分の回答一覧がiPad上に表示され、それを先ほど渡された質問用紙に書き写せと言う。上から数問眺めると、iPadと同じ質問が並ぶ。iPad工程がなくても、この質問用紙に答えれば事足りたような気がしたけれど、いろいろと過渡期なのだろうと察し、iPadに表示された自分の回答を、今度はボールペンをもって質問用紙の回答欄に書き写す。

微妙に、iPadにない設問が用紙のほうにはいくらか挟み込まれていて、それはそれで新たに読んで答えるなどして、なんだかなぁと顔をあげると、iPadに向かうお客さんが全員眉間にしわを寄せていて悲劇的だった。過渡期、過渡期…。

記入済みの用紙をもって列に並ぶこと十数分、一人でiPhone患者に対応している店員さんとお話しできる番がまわってきた。やっぱりバッテリーの膨れ上がっているのが原因だろうとのこと。今回の原因が何であれ、私が前につけた本体の傷で、修理は3万円を超えるという。また、これを使い始めてから2年3ヶ月経っているので、これは買い替えたほうが賢明ですかねぇという話に。それで買い替え策に切り替え、修理は止めて帰ってきた。

買い替え候補のiPhone6と6sをざっくり見比べると、特段6sにしたいこともなかったので、ちょうど型落ちで安くなっているであろうiPhone6にしようと決め、翌日の今日、最寄りのソフトバンクショップに出向いた。

店員さんが、私の契約形態で買い換えると月額いくらになりますなどと算出してくれる。買おうか買うまいか悩んでいるわけでもなかったので、すぐに買い替え意向を伝えたが、店員さんのほうがこの後2時間ほど、もともと予約が入っていたお客さんの対応があるので、申し訳ないが後ほどもう一度来店願えないかと言う。別に構わなかったので、それで一旦ショップを後にして、約束の2時間後に再訪した。

店員さんがiPhoneの箱を持ってやってくる。そこで15分ほど説明を受けたりして、話が一段落ついたところで、店員さんが誤って「6s」を準備していることがわかる。空白の2時間に、予約のお客さんの「6s」対応をしていて、記憶がすり替わってしまったらしい。

え、じゃあ今までの金額の話とかも、全部ずれてくるのか。というので、また一からやり直しも面倒だなぁと思い、じゃあ6sでいいです、と最新のものを買うことに相成った。「6」と「6s」だと月額180円差というし、今から一通り説明をやり直してもらうのも不憫だし、この時期にiPhone6sを売れれば、この若者もノルマ的に助かるのかもしれないし…などと思うと、ここでやり直すのも吹く風の流れにそわぬかなぁという気がしたのだ。

で、思いがけずiPhone6sが手元にある。一切入手を検討していなかったので、一昨日までの想定外がすぎて、不思議なものだなぁと思う。けれど、そういう潮目だったんだろうというか、自然のなりゆきという感もある。

替えどきというのは、向こうからやってくるものだ。それがたとえAppleの時限装置なり、ソフトバンクのうっかり商法によるものだったとしても。そうした人のしわざに乗せられてどうこうというのも何もかもひっくるめて、自然のなりゆき、そういうことになっていたのだ、とも考えられる。人も自然の子、自然を広義にとらえれば「人為も自然のうち」だ。

思えば10年以上お世話になっている今の会社も、契約社員でってお願いしていたのに人事の人が正社員の契約書を用意していて、じゃあ正社員でいいですと答えて、正社員になったのだった。人為的なミスなり策略なりを含んでいようとも、この風に身を任せてみるかと自然に思えるなら、それもまた自然のしわざかなと思ったりする。

で、iPhone6に変えて別段何が変わった気もしないのだけど、本体は丸みをおびて手触りは心地よくなり、サイズは大きくなったので片手操作はやりづらくなり、画面は見やすくなった。初期の環境づくりには疲れた、という具合。あと、店員さんにオプションのテザリングを止めれば安くなりますよと言われ、それは継続したいって返したのに、帰って書類を確認したら削除手続きがなされていて残念だった。あと、うちの洗濯機は満23歳、いまだ壊れる様子がない。

« 自分で考える時間 | トップページ | 攻撃力の高い料理 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56452/62364926

この記事へのトラックバック一覧です: 図らずもiPhone6s:

« 自分で考える時間 | トップページ | 攻撃力の高い料理 »