最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 旅先の適当な隣人 | トップページ | 傾いた会釈 »

2015-04-15

勉強会もいいけど発表会も

これまた仕事画面の脇の付箋アプリに書きとめた走り書きですが…(つまり無責任な思いつきメモ)。実務者の集うイベントには、勉強会だけじゃなくて、実績発表会みたいなのがあったらいいのではないかと。「いい感じでスマホアプリ作れるとこ教えて!」とか時おり言われるんだけど、私いろんな方とSNS上でつながらせてもらいながら、どこの誰がどの分野でいい仕事するとかって実はぜんぜん知らないのだった。

紹介しろというのはつまり、広報力じゃなくて実力あるところ、有名なんじゃなくて仕事できるところを求められているわけだけど、そこの按配というのを全然わかっていない。実際は一緒に仕事してみないとわからないところも多分にあるわけだけど。そう、多分にある!でも、それはそれとしても。

小さな実績発表会がぽろぽろあって、「これを作りました」だけじゃなく、「これをこういうところに苦労しながらこんな技術を使って作って、こういう技術力は相当あります」みたいな仕事ぶり、実力のほどが垣間みられる発表会的集いがもっとあったら、お客さんと引き合わせたりできるかもなぁと思ったりする。そういう場で、だいたいこういう相場感で、このくらいの予算・期間規模のプロジェクトを好んで受けるとかの情報ももらっておければ、だいぶ引き合わせやすくなる。

話を掘り下げる質問のうまい人が一人いれば、発表する人は訥々としゃべるので全然構わない。話し方がうまい人、ビッグな仕事を語れる人じゃなくて、「お客さんの要件と期待に応えて」「いいもの作れる」人の話を具体的に聴ける場があるといいね、なんて思う今日この頃。

みずから場を起こすのは今の業務的にもなかなか体力不足なので、とりあえずおしゃべりの機会に、すこし意識的にそういう話も尋ねていけたらなと思った(飲みに行くと具体的な仕事の話を全然していない気が…)。でも飲むと忘れちゃうかもしれないので、そんな折にはみずからぜひお話しください。私、自慢とか思ったりしないので無害です。教えてください。

ってところが気になることに思いをはせると、みずから言い出すのはいやらしい自慢に聞こえてしまうって懸念が先に立って発信が少ない面があるかもしれない。あと、本人にとっては日々の業務なので、全うにやっている人ほど特別なことはしていないという認識があって言葉にしていない安定品質ってのが隠されている気もする。でも仕事をお願いする側からすると、それこそがすごい大事だったりして。

まず1社の中でやるのもいいんですよね、会社員の場合。すでにやっているところもあると思うんだけど、社内だと社外秘のことも隠さないでしゃべれる分、気も楽だし準備も楽。場所もその辺の会議室でできるし。回を重ねてそういう場がこなれてきたときに、外部からゲストを呼んだりして広げていくのだと、スモールスタートで始めやすいかもしれない。と、とりあえずアイディアだけ書き散らしておく。

私が知らないだけで、すでに同業者の間では日常茶飯事なのかもしれないんだけど…、そういえば研修を提供していて、クライアントの事業会社に、いいWeb制作会社の見つけ方を教えてほしいと言われたのは一度や二度ではないし。そう考えると、もう少し広い範囲で、実力のほどが交わされる仕組みやら仕掛けやらは充実して良いんだろうとやはり思う。

なかなか実力が垣間みられる「自分の仕事」「わが社の仕事」をまとめたり発表したりする機会って、作らずに過ごしてしまう。わが身を振り返っても。cremaさんのこの間のインタビュー記事の、ポートフォリオ作るべし!にも、ですよねぇ…と思ったばかり。イベントを設けると、期限ができるからいいかもしれない。部屋の汚い人が、ホームパーティーを企画することによって部屋をきれいにできるみたいなものか。違うか。

« 旅先の適当な隣人 | トップページ | 傾いた会釈 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56452/61444239

この記事へのトラックバック一覧です: 勉強会もいいけど発表会も:

« 旅先の適当な隣人 | トップページ | 傾いた会釈 »