最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 母の三回忌の挨拶 | トップページ | 郊外スケッチ »

2013-02-10

自分の素

しばらく迷子のようになっていたんだけど、今日、なんだかすっきりして、自分の立っているところ、向かっている先を取り戻したような気がする。とても抽象的な位置と方角だから、またいつ迷子になるかわからないけれど、とにかく良かった。

どうありたいのか、どういきたいのか、ものすごく素の自分に立ち帰れた気がする。自分の素の状態のことなんだから、すっといつでもそこに立ち帰れればいいのに、なかなかそうもいかないのはなんでなんだろうな。なんか知らないけど、ふと迷子になっちゃったりする。で、しばらく、何やってるんだろうなぁ、自分は…という状態で時間をやり過ごす。

文章も書けないし、書いても血の通っていない文章にしかならず、それを読んで改めて、何やってるんだろうなぁ、自分は…と思う。自分がそういう状態に陥っていることを自覚する意味では、その文章を書くことにも意味を見いだせるのだけど(むなしい)。

すごく当たり前の、自分の素の状態に帰ればいいだけなのに、それが結構難しいときがある。自分の素の声が、周波数があわなくて聴こえなくなっちゃう感じ。それって、そのことを自覚できたからといって治せるわけでもなくて、結局、なんだかすっきりする一日を待つほかなかったりするんだけど。

それが今日やってきて、ほっとした。あぁ、そうだ、これだ、これだ。なんで、こんな当たり前のことわからなくなっていたんだろう、と。やっと帰ってこられた。すごく単純な、自分の素に戻ってこられた。でも、わかった状態はスタート地点。これを体現して生きていくことこそ大事なのであり、また大変なのだ。これから、これからである。

« 母の三回忌の挨拶 | トップページ | 郊外スケッチ »

コメント

「何やってるんだろうなぁ、自分は」と思えるうちは、まだまだ若いってことですよー。
私なんてもう、自分が何もやってなくても、それを自覚すらできなくなってる気がしますw

まあ年をとるとそういう風に自然と精神的重圧を回避する仕組みになってるのかもですね、人間のからだは。

「わかった、あぁ良かった」とほっとして、落ちついてしまって…。いざ行かんと駆け出せるほど若くもないのが微妙なとこですが。(苦笑)
何かを一時的に失っていたというより、変わらず持っていたのに他の雑多なものにうずもれて見えなくなっていたって感じだと思うんですよね。
年をとっていくと、そういう雑多なものに視界や意識を奪われなくなっていって、本質的なものをとらえ続けられるようになるのかもなぁとか、淡い期待を抱きつつ。まだまだ先かなぁ。

私もnoriyoさんのコメントと同感で、自分が何もやっていなくても自覚もできなくなっているし、
また、良い言い換え方をすれば「自分のしたこと、起きた出来事を肯定的に受け止める」という諦めやすい気持ちになっているのかもしれません。
歳を重ねると、鈍くなるというか、「まあいいじゃん」と思うことで無意識に自分を守るようになっているのかも、、と最近つくづく思います。

hysmrkさんの文面を拝見して、その若さ、真面目さが羨ましいなぁと思うくらい自分はもう遠いところに来ているな(笑)と思ってしまいました。。

そう、、まだまだこれから、これからですね。

若さや真面目さに由来するものか、不安が…。(苦笑)
なんだかしばらく、自分の自然な位置におさまっていないなって感じがあったんですよね。真面目さというより、違和感とか不自然さがあって、それを心地よいところに戻したって感じなんですかね。これから、そこに意味を創り出せるか、ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56452/56737277

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の素:

« 母の三回忌の挨拶 | トップページ | 郊外スケッチ »