最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 態度を学ばせる方法 | トップページ | 年始の仮説 »

2012-12-31

年末の戸惑い

例年、プライベートで「今年はこれをやるぞ」と年始に目標を立てることは取り立ててやらずに来ているのだけど、この年末年始はなんだか目標の一つも立てたほうがいいのではないか、という思いがわいたりして。これがどういうことなのか、目標を立てることそっちのけで、ここ数日考えていた。

今年はしばしば、あぁ、幸せだなぁ、ありがたいことだなぁ、きっと今みたいな時間をあの頃は幸せだったなぁとしみじみ振り返る日が来るんだろうなぁとよく思った。街中を歩いているときなど、ふとした瞬間に。

健康に東京の街を歩いて、一人で好きなところに行けて、友だちと会って語らって、会社に行ってお仕事できて、映画を観たり本を読んだり。そういうことに満足と有り難さを感じて、これ以上に何を望むことがあろうかと、よく思った。

これはたぶん良くも悪くもの話で、一方ではもっと渇望感をもって生きたほうがいいんじゃないかって声も、自分の内側にわく。もっとこういうことをしたい、こうなりたいと貪欲に思って、せっかくの環境を120%活かす画策と活動をもっとすべきなんじゃないか。

そんな中で最近は、ある程度エネルギーや時間に余裕がある状態に身をおいている。周囲にサポートが必要となったときにフレキシブルに動ける要員として、自ら忙しくすることはせず、縁あって関わることになった事柄に一つひとつ、自分のエネルギーと時間を注げる状態を良しとしてきた。

私の周りには、本当に余裕なく忙しくしている人がたくさんいる。この人がやらなきゃ誰がやるって仕事。そういう中にエネルギーと時間の余裕をもったつなぎ役がふらっといることは、いろいろと使いようがあるのではないかと思うのだ。私は基本的に、何らかの使命感をもつなり与えられるなりして忙しくしている人たちのサポーター人生を歩んでいるので、その人たちが何かサポートを必要としたときに、少しでも役に立てることがあるように、普段は心を豊かに、時間にも余裕をもって、頭と身体を鍛錬しておくのがいいんじゃないか。そんな思いがある。歳も歳だし。

一方で、もう一歩ぐいっと専門に、前線に、もう一度踏み込んだほうがいいんではないかという思いもわかないではない。歳も経験も言うほど重ねているわけじゃない、とも。抽象的だが、志しはある。その志しを、今は少し持て余しているような気もする。

だから、この節目になにか、いつもは立てない年始の目標を立ててみたいような気にかられるのかもしれない。一方で、いつもどおりで行こうという自分もあって、そんな戸惑いの中にいるのかなぁと思う。

そんなことを書き留めつつ過ぎていく年の暮れ。来年おそらくは、この両方の思いをバランスとって(どっちつかずで)やっていくような気がするんだけど…。あるいは外気に触れて、ある風に吹かれて、どちらかに重心をおくのかもしれない。年始の目標っていうのはこれと書けないけれど、来年もまた日々の振り返りの中で舵取りして、よい案配でやっていけたらいいなと思う。耳をよくすまして行こう。

そんなわけで、来年もあれこれ宙ぶらりんな日和をしたためていくかと思いますが、一つよろしくお願いします。どうか良いお年をお迎えください。

« 態度を学ばせる方法 | トップページ | 年始の仮説 »

コメント

真理子さんのおかげで私も今年一年生きて来れましたw
ありがとうございます。

サポーターだなんてとんでもない。真理子さんは真理子さんで唯一無二のプレーヤーじゃないですか。いつも慎ましいのが真理子さんのよいところではありますが、時には専制君主になったっていいと思いますよ〜
長い人生、そういう瞬間もきっと必要になりますよヽ(´▽`)/

noriyoさん、とにかく年末まで生きて到達できましたね!よかった。ここまで来られたんだ。きっと、行けるぞ。これは行ける。うん。来年も一緒の時間過ごしましょう。いろいろお話ししましょうね。私の今後のありようも、ランチの肴に…。(笑)
うーむ。あんまり自分像をこれと決めつけずに行くのは大事ですね。来年もよろしくお願いします!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56452/56432366

この記事へのトラックバック一覧です: 年末の戸惑い:

« 態度を学ばせる方法 | トップページ | 年始の仮説 »