« JAZZ聴きの首振り | トップページ | 男親というもの »

2012-09-27

人に会えるのはね、

30代も半ばになって親との死別も体験すると、一回一回、大切な人と会って話せたり、場と時間を共有できることが、本当に嬉しいことだなぁと思う。そして、これが最後かもしれない、とも思う。そう毎度切実に思うわけではないけれど、ぼんやりと、時々思う。

伊坂幸太郎の「モダンタイムス」という小説の下巻に、こんなセリフがある。

あなたはまだ実感ないだろうけど、人に会えるのはね、生きている間だけだよ

そうなんだよなぁ。本当に、今だけなのだ。今のうちなのだ。あとどれくらいかはわからないけれど、いつか私たちは、死別してしまう。だから、間違いなく起こってしまうだろう、そのときまで、大切な人たちに会えることを、大切に味わいたいなぁって思う。

そんなことを胸に、改めてこの貴重な時間を振り返ってみると、やっぱり人生ってのは素晴らしく輝かしいもんだなと思う。それはきっと、私の周りにいる人たちが、とてもきらきらしているからなんだろう。効率化も時間短縮も、目的じゃないから、人に会いにいこう。

« JAZZ聴きの首振り | トップページ | 男親というもの »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56452/55759214

この記事へのトラックバック一覧です: 人に会えるのはね、:

« JAZZ聴きの首振り | トップページ | 男親というもの »