« 守られた一年から | トップページ | 表現すればするほど »

2012-01-03

明るいほうへ

上には上があり、きりがない。
下には下があり、きりがない。
下にあるものを掘り起こし、ダメだダメだと指摘するのは素人でもできる。
上にあるものを探り出し、これが良い、このように良いと分析するのは玄人にしかできない。

ならば、私は上を探りたい。
何が良いのか、なぜ良いのかを探ることに時間を使いたい。
上に手を伸ばし、上の空気に触れながら生きていきたい。

世の中の問題に着眼し、それを批判的に捉え、それがなぜだめかを検討することは大事だ。
批判という行為そのものは、創造に欠かせないものだと思っている。
だけど、批判は常に自分のコントロール下においておきたい。
明るいほうへ向かうために、批判を使いたい。
その見通しをもたない、気分任せの批判に時間を使うのはもったいない。

私は人生に意味を欲する。
何に意味があって、何に意味がないかは、結局自分にしか決められない。
人それぞれに、何に意味を感じるかは違う。
私は自分が有意味だなぁと思うことに時間を使いたい。
明るいほうへ向かうために時間を使いたい。

暗いほうへ向かう言葉や行動を起こしている時間を使うには、人の一生は有限すぎるのだ。
明るいほうへ、明るいほうへ、目を向け、言葉を発し、行動していきたい。

別になんら変わらないと思いますが(笑)、今年もよろしくお願いします。

« 守られた一年から | トップページ | 表現すればするほど »

コメント

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
年明けから、今の私の心に響くお言葉を拝見させていただきました。

少し書かれていることと趣旨が違うかと思いますが(って私いつもずれた方向に話を持っていってすみません)、今の職場の仲間の若い子たちが、非常に頭脳は優秀なんですが自己肯定力(防衛力でもある)が高すぎるために、ほかの人への批判力が非常に高く、時にサボテンのように棘がこちらに突き刺さってきてやりきれなくなることがあります。人に厳しくても自分にも厳しければまだ良いのですが、他責性が強いのでチームをまとめていくのに苦労が。。。(涙) しっかりしていないとこちらの気持ちまでギスギスしてきそうです。。
・・・と年明けから愚痴って申し訳ないです。

「明るい方へ向かうために批判を使いたい」とまさにそう思います。
何かを批判するときにも少なくとも自分なりの考えがあってそれを主張するとか、せめて建設的に話を進めようとするとか、、そういうことをこつこつと繰り返し説明しながら育成していくしかないのかなぁ。。こちらが良き手本となるしかないのですね。。
ということで勝手にまとめてしまいましたが、私も今年は上を見て行きたいと思いました!

ベルさん、コメントありがとうございます。こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いします。共感いただける言葉があったようで嬉しいです。「しっかりしていないとこちらの気持ちまでギスギスしてきそう」って、すごくわかります。私は幸い、ものすごく身近にそういうことがあるわけではないのですが、それでもネット界隈などでそうした空気に触れることはあり、自分自身がそこに流されてしまっていないかと内省することがよくあります。明るいほうへ、明るいほうへ、ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56452/53642218

この記事へのトラックバック一覧です: 明るいほうへ:

« 守られた一年から | トップページ | 表現すればするほど »