« 1年前を振り返る | トップページ | 明るいほうへ »

2011-12-29

守られた一年から

今年は、大切なものを失ったり傷を負うことが多かった。2月に母を亡くしたことが壮絶な喪失だったのは言うまでもないが、そのひと月後には大震災があり、その後にもいろいろと大きなものを失い、見失い、春夏とへとへとで過ごした。そこへ来て9月半ば、今度は突然の首の痛みに襲われ、文字通り動けなくなった。

この一年の道中で、どれだけ人の言葉に、配慮に、聴こえてくる声に、そこにいてくれる温もりに助けられたかしれない。すごくつらいとき、すごくやりきれないとき、私は一人で過ごすことが多い。だからこの一年は圧倒的に一人でいる時間が長かった気がする。でも、それだけに人と会っているとき、話しているとき、メールやSNSで言葉を交わしているとき、よろよろの心身をひそかに支えてもらってきた。

会社にも、すごくすごく守ってもらった。母のことで大変なときも、首が痛くて大変なときも、全然使い物にならないのに皆すごく優しかった。温かかった。会社を辞めようかと思い悩んだときも、懐深く、よい形を一緒に模索してくれた。

情けないことに、そういうことが今さらしみじみ感じられるほど、自分のことに精一杯の一年だった。これまでの人生で、こんなに自分のことに意識を集中した一年もなかったかもしれない。自分自身をちょっとよそから眺めるようなかっこうでいるのが自然体で、こんなに自分のことに集中しなきゃいけない状態が続くのは、けっこうな異常事態だった。

この異常事態を通して、私はものすごくいろんな気持ち、考えを体験した。これまでに受け取ったことのない刺激ばかりで、あれこれ感じ入ったり考え込んだりしながら一つひとつと向き合ってきた。

そうして今なんとなく思うのは、一年前よりいろんな人の彩りを感じ取れるようになったなということ。私の目にうつる世界は、一年前よりぐっと広くなり、彩り豊かになった。

まだ自分の答えが出せなくて立ち往生することも少なくないけど、まぁ人生ってそういうもんだよなって思うし、そういうの全部、自分だなぁと思って、力みなくここに立っている。

来年はこの一年の鍛錬を力にして、もっと懐深く、やわらかく、あたたかく、しなやかに、強く、生きていけたらいいなぁと思う。今年も秋深まる頃からすこし吹く風が変わってきたような気もするし。のんびり本を読んだり、親密におしゃべりしたり、ひっそりものを書いたり思索にふけったりしながら、大概のことはおおらかに、思うところには局所的に熱っぽく、日々のことに仕えていけたらいいなぁと思う。

まぁ、これといって来年の目標とか立てるタイプでもなく、毎年「していけたらいいなぁ」と言っているだけな気もするけど、そんなふうに、ゆるりふわりと思う年末です。来年もおつきあいのほど、よろしくお願いします。どうか、良いお年を。

追伸:首の痛みは完治には至っていないものの、だいぶ良くなりました。まだヒールの靴は履けないけど、2kmクロールで泳げるくらいには快復。健康の大切さもしみじみ感じた一年でした。

« 1年前を振り返る | トップページ | 明るいほうへ »

コメント

色々経験して、沢山仕事して、刺激を受けながら成長して、傍目に見ててもう十分というくらい立派な、美しい、思慮深い、おおらかな、優しい、素敵な大人の女性のあなた。
真面目に考えて、想いを巡らせて、冷静に客観的に物事を捉え、見つめて。
面と向かって伝えたことないけど、いろんな意味で凄く尊敬してます。
仕事やプライベートや、人によって自分の拠り所や生き甲斐は様々だけど、くれぐれも体を大切に健康第一でね!
で、つらつら書いたことと正反対だけど、俺はいつまでもおばかなこと言いあっておばかなこと一緒にして飲んで歌える友人として利用してちょーだい(^^ゞ
いつまでも学生気分で互いにじいさんばあさんになってもヨロシク!

俺、いいこと言った?!

よしよし、いいこと言った。「利用」はないけど。(笑)
なんかべた褒めで恐縮ですが、、地道に着実に、ゆたかな人間になっていけたらなぁと思います。来年はゆっくりお話ししましょう。最近ちょっとご無沙汰な気がするから、とことん馬鹿話の極みを味わいたい…。おじいちゃんおばあちゃんになるまで、末永くよろしく!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56452/53600777

この記事へのトラックバック一覧です: 守られた一年から:

« 1年前を振り返る | トップページ | 明るいほうへ »