« 「わかる」を分ける | トップページ | 前世をみる人の話 »

2010-12-03

前世を聴いてきた

京都に行ってきた。生きているうちに一度「人の前世が見える」という人に会ってみたいと思っていたら会えることになったので、話を聴いてきた。日帰りで京都、言って話してすぐ帰るみたいな強行スケジュールだったけど、なかなか面白い体験だった。それにしても結構お金がかかるものなのね、東京-京都の往復って。

私には取り立てて人に相談したいというネタがないので、占い師のところに行って「して、あなたの悩みは?」と切り出されても困ってしまう。なので、10代の頃に雑誌の後ろのほうで占いをチェックすることはあったけど、数千円を払って占い師にみてもらうというのはやったことがなかった。

私が会えるものなら会ってみたいなぁと思っていたのは、統計学とか学術的な理論を拠り所にしたものではなくて(いや、もちろんそれも兼ね備えた能力のほうが有効だろうけど)、その人がもって生まれた私には持ちえぬ生来的能力を拠り所にして、その人の見える私の話を一人べらべらしゃべり続ける人だった。私が何かネタを持ちかけずとも、ネタはつきないという感じで。

もちろんのこと、それが私の肌感覚で「あぁ、この人見えるんだな」と思えるもので、「話している内容もしっくりくるなぁ」というものでないと意味はないのだけど。そういう人が世の中にいるのなら、人生のどこかで会ってみたいし、話を聴いてみたいなぁと漠然と思っていた。

で、つい先日「オーラの泉」というテレビ番組を知って、そうかそうか、江原啓之さんみたいな人に話を聴いてみたいってことなんだなと、イメージが具体化された。ちなみに、相変わらずテレビがないので番組の存在を知るのが遅すぎるのはご愛嬌…。今話題の海老蔵さんゲストの回がYoutubeにアップされていて、彼はあそこできちんと言い当てられていたのにアドバイスを活かせなかったね的な感じで注目コンテンツになっていたのを観たのだった。

さりとて江原さんに見てもらうというのは到底無理そうだし、かといって、スピリチュアルカウンセラーと名乗る人なり前世が見えるという人なら誰でもいいってもんでもない。本当にその能力をもっている人でなければ意味がない(さらに必死に探す気もない)となると、こりゃ現実的にそんな人と巡り合うのは夢のまた夢かとあきらめた、まさに翌日。

晩に、とあるご縁で会食することになった女性が、おしゃべりの中でまさしくその能力をもった人の話を持ち出してきたのでビックリした。それも、どうやらかなりの本物っぽい。こりゃ偶然で片付けられんなということで、翌日そのスゴイ人に連絡を取り、その翌日である今日、早速京都に会いに行ってきた次第。いや、なんとなく、この風はタイミングを逃しちゃいけない気がしたもので。

行ってみたらまさしく一方的に話してくれる人で、とにかくその人が見える私のことを話しまくってくれた。それこそ私の欲しているところだった。いやはや、なかなか興味深いお話で、私自身のこともそうだけど、現世と前世の連関、それよりもっと前からの「人は生まれ変わり続ける」という世界観がどのように成り立っているのか、そのセオリーみたいな話も味わい深かった。いろんな人の話を聴いてみるのはいいもんですね。

で、私は現世でやるべきことをやらねばと。話されたことは、私が認識する私の人生の歩みと食い違いがなかったので、それをこれまでと違う幅の枠組みで見せてもらったような感じか。「で、あたってたの?」という問いに答えるとすれば、んー、「今までで私がわかることに関しては、見事にあたってた」と答えていいのかもしれない。

まぁ、そういう価値を求めていったのでもないから、特にそういう視点から評価する気もないのだけど、ともあれ、こういう非日常は時々やると楽しいもんですね。久しぶりだったかなぁ、こういうの。

« 「わかる」を分ける | トップページ | 前世をみる人の話 »

コメント

すげえ!おもしろい!
明日、京都に遊びに行こうと思って、大阪(実家)向かう新幹線の中で、このエントリーを読んでいるのも、面白い。

僕は基本的にスピリチュアルなものを生きる拠り所にするタイプではないけど、人外のよくわからない何か(パワーとか意思とか)の存在にはわりと肯定的で、こういう話、好きです。

はは。ありがとうございます。それもあちらに向かう新幹線のなかで、とは。
私も自分が生きる拠り所を他所に預けるタイプではありませんが、なんらかの見えざる力の存在には肯定的ですね。何にも万能なものはないし、すべてが見えている、あるいは今できていなくても見える状態にすることができるというのは、なんとなく違うなぁというか。
まぁ、ともあれ、人生に豊かさをもつうえで、なかなか面白い体験でした。

江原さん、実は林さん遭遇したことあるんですよw

え、何?解読できない!

突然すみません。京都在住のさわいと申します。「前世 京都」と検索してこちらのブログにたどり着き、とても興味を持ちました。宜しければ、その占い師さんのお名前をお教えいただけませんでしょうか。コメント上で教えづらければ、メールでも構いません。
よろしくお願いします。

さわいさん、コメントありがとうございます。
この方、孟友山(もうゆうざん)という方なのですが、どうやら数年前に他界されたようです。前に同様のお問い合わせをいただいたことがあって、改めてこのお名前で検索してみたところ、そのような情報が見られまして…。
京都にお住まいということですから、よろしければこちらのお名前でお調べいただければと思います。

hysmrkさん
こんな突然の質問を昔の投稿に投げかけたのに、丁寧にお返事いただきありがとうございます。孟友山先生、ほんとだ、亡くなられているようですね…。お名前で調べたところ、いろいろためになる情報にも出会えました。ありがとうございます。

さわいさん、いくらかでもお役に立てたなら何よりです。コメントありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56452/50200924

この記事へのトラックバック一覧です: 前世を聴いてきた:

« 「わかる」を分ける | トップページ | 前世をみる人の話 »