« ふとん持ち去られる | トップページ | あげて買うサイクル »

2010-07-27

「雑誌愛読月間」の中吊り広告

昨日@tabbataさんがこちらをretweetしているのを見かけて、(こういうとちょっと皮肉っぽい聴こえ方になってしまうけど)「なんと意気のいい演習ネタだろう!」と思ってしまって、仕事の合間に衝動的にまとめたメモです。

最近は方々で勉強会が催されていて、ブームを過ぎて定着してきた感もあるけど、かなりざっくりしたテーマで集客して、なんとなく集まった者同士、 なんとなくな会話をして、楽しかったし、人脈広がるし、モチベーション上がるっちゃそうなんだけど、結局「情報交換」「意見交換」という名のおしゃべりに終わってしまって、ちょっと物足りなかったかなーとかいう思いを抱いている方は、こういうお題を設定してそのアウトプットを共有するような会を試してみてはどうかなと思います。すべての勉強会がそうあるべきとは、まったく思っていませんが、アウトプットせずして何かが身につくことはないということで。

お題:日本雑誌協会主催、2010年夏「雑誌愛読月間」の中吊り広告を作る

●想定

あなたは、都内の広告制作会社に勤めるクリエイター。今回のクライアントは社団法人日本雑誌協会です。同会では、“雑誌文化の発展を標榜し、雑誌への興味、関心の喚起”を意図した「雑誌愛読月間」キャンペーンを毎年主催・運営しています。1999年から行われており、2010年夏も実施予定。あなたは同会から、このキャンペーンの中吊り広告を作ってほしいと依頼を受けました。

●演習課題

雑誌離れが進む中、あなたは日本雑誌協会が今夏「誰に向けて」「どんなメッセージを」「どのような表現で」届けることを提案しますか。中吊り広告の提案を前提として、アウトプットは「企画書」「コピー」「グラフィック」「全部」など、ご自分の専門分野にあわせて作ってください。

※つじつまあわせで、現在はキャンペーン開始3ヶ月前ということに。またポスターなどは中吊り広告のコンセプトにあわせて作る想定。

●キャンペーン期間

2010年7月21日~8月20日

●キャンペーン内容
  • 雑誌協会会員社発行雑誌300誌以上にキャンペーンPRを掲載。
  • 全国の書店、公立図書館にポスター3万枚を掲示。
  • 首都圏と関西の主要電鉄会社に中吊り広告など約10万枚を掲出。
  • 読者謝恩企画として、期間中に対象雑誌126誌の年間定期購読を店頭で申し込むと、1か月分が無料。
  • 告知掲載雑誌の応募マークをはがきに添付して応募すると、イメージキャラクター桜庭ななみさんのオリジナル図書カードが2010名様があたる。
  • マガジンデータを500円で販売。
●イメージキャラクター

桜庭ななみさん(17歳)

●歴代のイメージキャラクター

99年(優香)
00年(本上まなみ)
01年(釈由美子)
02年(井川遥)
03年(吉岡美穂)
04年(井上和香)
05年(岩佐真悠子)
06年(安田美沙子)
07年(ほしのあき)
08年(南明奈)
09年(佐々木希)

●参考ページ

実はすでに出ている2010年「雑誌愛読月間」中吊り広告

※数分で作った粗い演習課題ですが、そういうこともあって一応Creative Commons(表示 - 非営利 - 継承 2.1 日本)ってことにしてみます。万が一(って相当確率低い)やってみたorみる方がいたら、ぜひ教えてくださいね。

« ふとん持ち去られる | トップページ | あげて買うサイクル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56452/48991579

この記事へのトラックバック一覧です: 「雑誌愛読月間」の中吊り広告:

« ふとん持ち去られる | トップページ | あげて買うサイクル »