« 取り戻そうと思うより | トップページ | 「今」「ここ」を味わう »

2010-02-20

風邪と薬と薬屋さん

久しぶりに風邪をひいた。この冬初めてじゃないかなと思う。「風邪のひきはじめには葛根湯」というので、毎回「あ、風邪」と思うと葛根湯を買って飲むんだけど、一度として葛根湯で風邪が治ったことがない…。葛根湯を飲んで風邪のひきはじめで処置できた人っているのだろうか。

それはさておき、前に風邪をひいたときは、会社近くの薬屋さんで風邪薬を買った。適当に風邪薬を選んでレジに持っていき、レジで「こちらもあわせて飲むと効きがいいですよ」と小瓶を勧められ、レジ前にある小瓶を一緒に買って帰った。結局それからしばらく風邪をひいていた気がする。さして小瓶の効果も感じられなかったので、以降は小瓶はいいか…と思った記憶がある。

で、今回は自宅近くの薬屋さんで風邪薬を買った。直接レジに行って、おばさまに「風邪薬を探しているんですけど」と声をかけたら、「あらあら、おじょうさまが?」と。「おじょうさま」が自分を指していると認識するのに0.1秒ほどの時間を要した。が、マスクをしていたし、明らかに私。それで「そうなんです」と返し、「症状は?」というので、「熱、喉の痛みです」と返した。

おばさま、同じくレジにいた薬剤師の資格をもっていそうなおじさまに「熱、喉の痛みですって!」と声をかけると、おじさま「じゃあ、これ」と風邪薬を差し出す。はやいな、選択肢なしか…と思いつつ、「ほぉ、錠剤ですか」と意味なく間をおいてみて、「じゃあ、これをいただきます」と返した。するとおじさま、「あとはね、よく寝ること、あとよくうがいして、とにかく喉を治すこと。喉が治れば熱も下がる、そういうもんだから」と。「ほほぉ」と返すと、ふくよかなおばさまがふくよかな笑みを浮かべて「お大事にね」と。その間、おじさまともおばさまとも目を合わせて会話した。

なんていうんですかね。今回の薬屋さんのほうが、なんか場面場面に「表情」が残っているんですね。もちろん、今回のほうがごくごく最近の話で、前回のは一年前とかの話っていうのはあるんだけど、でも他でも何度だって経験しているように、何かの購入に際してほとんど何の表情もなく購入プロセスを終えているものっていうのは、一回かぎりのコンビニを代表例にいろいろあるわけで、そういうのは情も思い出もなかなか残らないわけで。

前者のほうの薬屋さんのほうが、風邪薬に小瓶がついて、一回かぎりでいうと儲かっているわけですが、後者のほうは、私は次買うときもここに来ようという気持ちを醸成させられているというのですか。その薬屋さんに実際何分いたかとかっていうんじゃなくて、気持ち的滞留時間が長いっていうんでしょうか、交わした言葉や表情なんかにどれだけ思い出せることがあるか、たぶんそういうのが大事なんでしょうなぁと。

それを教科書に書くときは「ユーザー体験」とかっていうのかもしれないけど、これがまた意図的に「ユーザー体験」を提供しようと思われてレジ対応がなされていると、客側としてはうさんくささを感じ取ってしまうものだから。結局気持ちありき、後から教科書に書き起こすなら「ユーザー体験」ってくくられるものが成功例には多いんじゃないかなぁとも思ったり。最近、一所懸命型や体系図を作ろうとするより、気持ちをもって実践してなんぼじゃないの?と思うことしばしばです。教育ができるのは“入り口”の能率化だと思っているので。

それにしても、風邪をひくと気が弱ってしまっていけない。おうちに帰って一息つくと、なんかこの先、私生きていけるかなぁなんてことが頭をもたげてしまう。不安な気持ちは、風邪が治ればどうにか自己処置できるもんかなとやりすごせる気がするし、こんな不安感情もいずれ誰かのカウンセリングに役立つ肥やしになるかもしれないし…と励ましてみられるけど。

今回感じたのは不安感情というより、かなり頭の部分で感じた疑問だった。ほんと、長期的にみて自分が社会に貢献しつづけられる核って…、今の方向であり続けるんだろうか。あり続けるような気もするけれど、今より圧倒的な専門性で研ぎ澄ましていかないと、たぶん意味なくなっちゃうだろうな。でも、この中途半端さのなかにある価値を信じて、そこから軸足を変えずに頑張っていきたい気もするんだ。ときどきすごく苦しいけど、でもまぁ模索しながら頑張っていこうか。風邪を治しつつ、気持ち鍛えつつ。

« 取り戻そうと思うより | トップページ | 「今」「ここ」を味わう »

コメント

くれぐれもお大事に

ありがとうございます。身にしみまする。

うんうん、すごーい言いたいこと分かるーーー!!

私は昔、携帯キャリアからの派遣で電気屋さんに入って携帯を売ってたのです。
私が接客したお客さんで、自分のところのキャリアよりも、他のキャリアの方がそのお客さんにふさわしいと思ったら、他所のキャリアの売ってたし、お客さんは店員だと思ってるから、他の商品のことも聞いて来るのね。でも、私は「自分のとこの売り上げに繋がんないから」なんてことはひとつも思わないで、そのお客さんが満足するように一生懸命だったのです。
理由は、自分がされたくないことはしたくないから。無理矢理買わさせるとか、適当に対応されるとか、嫌じゃん。

そしたら、チップをくれようとしたり、お菓子を差し入れしてくれたりするお客さんがあらわれたり。一度接客して帰っちゃったけど、次の週に「他所のお店の方が安かったけど、あなたの接客がよかったからこちらで買う事にしたの」って言ってくれたお客さんがいたときは本当にうれしかった。

私は結構売り上げがよかったので、携帯担当の店員さんが、私を手放したくないから売り場としても力入れてくれたり。

でも単純にそういうところだけじゃなくて、オーディオ担当の店員さんが「こないだラジカセ売ってくれたし、今日お客さんで携帯欲しいって人いたから○○売っといたよー」ってこともあったり。

結果、ますます売り上げは良くなる訳で…

でも、これは結果としてこうなっただけで、最初からこれを狙ってやろうと思ってた訳ではないの。

それをねーどうやったら人に伝えられるかなあと思っていて。
仰る通り、逆から始めても絶対うまく行かないと思うんだあ…

なんかね、効率よく?答えだけ求める人が多い気がするんだけど、人との関係においてはその答え通りにやったってうまくいかないと思う。

そういうのってどうやったら伝えられるんだろうね〜。

長々とごめんね!
くれぐれも体お大事に。
あったかくして、ゆっくり休んでね!

冗長な文章から伝えたいことの本質を汲み取ってくれて多謝なり。(笑)
そう、逆から始めても、つまり気持ちのない中でいかに型をうまくやり遂げても、うまくいかないんですよね。
人間をそんなに甘くみちゃいけないんだと思う。自分の内にある複雑さが、あるいはそれ以上の複雑さが、他の人たちの内にあることを忘れちゃいけないですね。人間は自分で思うよりずっとずっと深遠なものなんだと思います。
それをわかるには、やっぱり現場で汗水流して働いてみて、その楽しさとか有意義さを体感することなのかなぁ。説教してわかるってものでもない気がしますね。(笑)

風邪、、この週末で治るとよいのですが。。どうぞお大事にしてくださいね。。!

定価が変わらないもので、どこで買っても一緒なんだけどここで買いたい、、みたいなのってありますよね。
それがお店の雰囲気なのか、自然なホスピタリティなのかわかりませんが、顧客の足が自然とそこへ向いてしまう何かがあるんですね。

ちなみに、、市販の風邪薬でこれは効く!!ってのが自分の体験ではないんですよねぇ。。(^-^; お医者さんからもらう薬だと一発なのに。。
「とりあえず鼻だけは何とか止めたい」とか「咳だけ一時的に止まってくれればいい」というような効き目ならあるんですが、やはり治るまでには一定期間と温かさと栄養と睡眠が必要かと思われます。

あったかく過ごしてくださいね。。

ベルさん、ありがとうございます。実は明日が仕事日なので、今日中に完治させる予定。ぼちぼち快復です。
どこで買っても一緒ならここで買いたいっていう気持ちは、昔からあったんでしょうね。なんでしょう、「どうせ買うなら自宅近くまで帰って源さんとこで買ってやるか」みたいな。源さんって誰?って感じですが(笑)。
やっぱり市販の薬よりお医者さんの薬のほうが効果あるんですねぇ。なかなか風邪ひいてお医者さんに行くっていう行動に踏み切れず。万一注射でも出されたらと思うと…。いやまぁ面倒くさがりなのが一番の理由ですが。とにかくたっぷりの睡眠をとって治したいと思います!

今シーズンは何回病院行ったことか。ノロウィルスにやられて、肩と右腕に注射されたときの、肩に注射されたのいたかったーー!

子供つれだと、コンビニの店員さんとも仲良くなるんだよ。
仕事帰りにちょいと買い物というときも、パパだけなのに、店員さんが声欠けてくれたり。ちょーはずかしいですが、ちょっぴりうれしくて、常連になってしまいます。

あれ?ハメラレテル?

肩に注射って、、あまりに恐ろしくて想像もできません…。おつかれさまでした。。ノロウィルスだけにはなるまい。
お子さん連れだとそうですよね。お店の人じゃなくても、けっこう気さくに見ず知らずの人との会話が生まれたりして。はめられてないですよ、気分がよければ、純粋に通えばいいだけの話。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56452/47614914

この記事へのトラックバック一覧です: 風邪と薬と薬屋さん:

« 取り戻そうと思うより | トップページ | 「今」「ここ」を味わう »