« 風邪と少女マンガ | トップページ | 提案書を書く仕事 »

2009-11-28

頭と心の猛特訓

実は今週水曜から土曜まで、とある専門家になるための過酷すぎる訓練を受けておりまして、会社をあけておりました。連続の振休消化で一見バカンス風、しかしてその実態は…。突風に身を任せて、けっこう日が迫ってから個人的に受けることを決めたので、事前情報もさして持ち合わせておらず、まさかこんな過酷な日々が続こうとは思いもしませんでした。というか、楽とも過酷とも、とくにこれという先入観をもたずに申し込んだのだったと思いますが、前日までにあれこれの予習をし、参加してみたら毎日朝9時から夜9時過ぎまで都内のホテルに缶詰め、ずっとずっとずっとずっと頭と心をどちらもフル稼働させ続ける日々でした。

一日のプログラムが終わると、「精根尽き果てるとはまさにこのこと!」という状態に。ぎりぎりまで神経を集中させ、終わったらとにかく帰って寝るのみ。翌朝はプログラムが始まるまで前の日の復習。とにかく濃厚な4日間でした。なんか4日間で2~3週間分のエネルギーを使い果たしたような感じ。

というのも、4日目の最終日の午後がテストなのでして、これも受ける前までは「へぇ、テストもあるんだー」くらいの認識だったのですが、初日行ってみたらまぁやるからには資格取らなきゃそれはそれでどうなんだろうという緊張感が芽生え…。しかしこれがまた、精根尽き果てるテストで、夜9時までとはならずとも、最終日の今日もやっぱりへとへとになりました。ともあれ本日で一通りのプログラムが終わりました(審査結果の通知は先だけど)。

いやはやとにかく、ものすっごい精神を鍛えられましたし、数日前には知らなかったこと、感じえなかったこと、気づきえなかったことをたくさん得た実感があります。それにもまして、自分自身がいかにわからないこと、できないことをたくさんもっているか、それが数日前よりはるかに具体的に見えている状態、そうでありながら気分は打ちのめされた感と真逆の状態にあることが、なんとも不思議というか。生きていく上で何か(これがまだ言葉にできないのですが)貴重なものを得られた感覚をもって家に帰ってきました。

一方で、まだ頭も心も整理できていないので、このまま放置したらここ数日の努力が何にもならず風とともに去っていってしまうという恐怖感もあります。せっかく20代後半で車の免許を取ったのに、いまや一人前のペーパードライバーという前科もの。これから振り返りの時間をもって、何をどういうふうに定着させて、そこにどう知識とスキルと経験を積み上げていくか、もったいないことにならないようにしっかり考えて活動していきたいなと思っています。何より、より高い専門性をもって人のキャリアを支援するという目的のために。すごく大切にしたいなぁと思うものを与えてもらえたと思うし、ものすごく尊い先生に直接教えていただけたし。

というわけで、それって何なのさ…という話なんですけど、“弱い意味での”不言実行人間なので、今日の審査が通ったらぜひともここでご報告させてください。そしてダメだったら再チャレンジして、通ったらここでご報告を…。いやそんな、神さま、お願い、受からせて。ということで、あとは善行を積みつつ勉強を続けつつ天からの便りをひっそりと待ちます。

いやー、とにかく疲れた。でも人生の中でもそうそう経験できない充実した4日間でした。すみません、ただの思いのたけオンパレードな話で。

« 風邪と少女マンガ | トップページ | 提案書を書く仕事 »

コメント

こんにちは。
実は、私も先月にコレの試験を受けたのですよ。

講座を受けて、3日目だったかなぁ、帰り道に涙がとまらなくなりました。上手く言葉にならないのだけど、自分が自分であること、それを許されたような気になりました。

でねー。これは余談なのだけど。
S先生のお話を聞いているとね、hsmrkさんとお話している気持ちになるときがあるのです。
似てますよね、お二人、雰囲気が。人に対するスタンスっていうのかしら。基本的に人を尊重している姿勢っていうのかしら。
個人的にそんなことを思っていたのでした。

で、そんなことを思っていたら今回の記事。
思わず初コメントしてしまいましたわ。
いつか継続学習の会場でお会いできたら嬉しいわ。

まえのん!
うわー、そうなの?そうなのっ?興奮!
でもね、実はまえのんのブログでその言葉を見つけたのが今回の参加のきっかけになったのよ(まえのんも使い手側として受けていたのね)。どうもありがとう。なんか不思議だねー。

> 帰り道に涙がとまらなくなりました。

そっかー、強烈な体験するものね、あれって。
でもほんと、自己肯定感ってこれのことかって思うよね。許された気になる。それとともに、私はこういう形で生まれたことに対する使命感みたいなものを(偉そうだけど)感じました。出現率がかなり低いということもあって。

参加している間は、無音空間を漂っているようで不思議な緊張感と集中の中にいた。一緒に参加している人からも結構指摘されたよ。なんか、ものすごいエネルギーを外にも内にも発し続けていたんだと思う(笑)。カチッて何かが自分に見事はまった感じ。振り返ると、今受けるべくして受けた気がするし、導かれた感じがするんだよねー。ってこういうことをあんまり書くと怪しい人間に思われるので、そろそろ切り上げよう。

S先生は、ほんと魅力的だった。先生に出会えたこと、先生から直接教えてもらえたことをほんと嬉しく思いました。能力を別にして(笑)、スタンスが自分と似ている部分がよけいに高揚させられたというのはあるなぁ、確かに。キャリアモデルになるような素敵さがあった。

ほんと、継続学習の場で会えたら素敵だね!でも私は早くも、あぁ、試験のあそこであー書いちゃったのって相当ダメなんじゃ…というものを発見して落ち込んでいます…。合格したらご報告しますね(笑)。12月に会えたら会いましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56452/46882543

この記事へのトラックバック一覧です: 頭と心の猛特訓:

« 風邪と少女マンガ | トップページ | 提案書を書く仕事 »