« 最後のコラム書きました | トップページ | 健康な自信と、不健康な慢心 »

2009-07-02

足場固めと落とし穴

高校にあがったばかりで、卒業してから数ヶ月しか経っていない時期に中学に遊びに行ったことがあった(たしか高1の夏休み)。「あの頃に帰りたい」なんて別段感傷的になっていたわけでもなく、ただ近所だし、中学時代の友だちと会うことになってふらっと足を運んでみた感じだったと思う(当時はふらっと入れたのだ)。

職員室に行ったら、学年をもってもらったことはないけど在学中ちょこちょこ交流があったバレー部(だったか体育館系の部)顧問の先生がいて、しばらく相手をしてくれたので友だちと3人でおしゃべりをした。当時30代後半くらいのサービス精神旺盛な男性だった。

私たちが在学中、それも1~2年生の頃にやった行事のビデオを見せてくれたり、先生が最近19年間つきあった女性と別れたばかりだという話を披露してくれたり、あれやこれやの話題で1~2時間しゃべっていた。

その話のどこかで、先生が何気なく「でもな、あんまり早く中学に戻ってきちゃいけないよ」と言った。まだ高校生活できちんと足場を固められていない状態で、一見居心地よく、今なお自分たちの居場所っぽい(けど実はもう自分たちの居場所ではない)ところに足を踏み入れることの危険を伝えたかったんだと思う。

そのなんとなくな一言に、私は心静かにものすごく大事なことを教わったような気がした。以来それがずっと胸のうちにあって、どこかを離れて新しい場に入るときはいつも、その時のような心もちになった。当面は古巣に足を運ばず、新しい場にしっかり向き合って、そこでの自分づくりを大切にしようという気持ちが基本姿勢として根づいた。

別段感傷的になっていたわけでもない私たちに、それでもやっぱり警笛を鳴らしたかった先生の気持ちが、なんとなく感覚的にわかるのだ。人は自分が思っているほど器用じゃないから、まだ新しい足場が固まっていない状態で、昔の居心地いい場所に物理的に体を戻してしまうと、どっちつかずになって新しい場にしっかりとした居場所を築き損ねてしまう危険がある。いくら自分で大丈夫と思っていても。言葉にするならそんな感じかなぁと。

私は比較的「大切なもの」が数少なくはっきりしているので、あとたいていのものは人としてどうなのよ…とあきれるほど無頓着というか、「なんでもいい」「どちらでも」「それでいいと思います」「次行ってみよう」な人間なんだけど。

そんなふうに自分のことを「こうだ!」と思っている、まさにその部分で見落としが発生してはまってる状態になりがちなのが人間という生き物なわけで(また私は自分の身にその手のことが起こることを一番の恐怖に感じる性質なので)。「場」にはあまり頓着しないほうなんだけど、ここら辺は気をつけたいなと思って生きてきた。

って、なんでこのことをふいに思い出したのかを忘れちゃったんだけど、今朝てくてく道を歩いていたときにふと思い出したのでした。なんだったっけなー。

まぁそんな体験もあり、またそもそも関心が過去より今とか今後に偏りがちな体質ってこともあり、昔なじみの人とかに会っても、思い出話より今その人が何をやっていて何を考えていて、どんなことを感じて生きているのかのほうが断然関心が高いのは、すごく自分の特徴だなぁと思う。自分含めて「昔の人」というのはどこか他人になってしまっている面があるから、私はいつも今目の前にいるその人とつながっていたいと思うのだ。何の話なんだろう、これはいったい。本当にわからない…。

« 最後のコラム書きました | トップページ | 健康な自信と、不健康な慢心 »

コメント

一読して思ったのは、
「自己危機管理」をされたいのかなと思いました。

前に進むために、さて私は今まで何をしてたっけ。という再確認をされているのかなという印象です。

僕の持論ですが、人は各自文法、コンテキストを持っています。昔から続いているものに対し、新しいと言われるものをどう組み込めば自分が維持されて行くかと
言う言い方もできるかなと。

昔の頃に遊んだ公園に行ってみたら、あまりに小さくてショック。みたいな。
いつのまにか大きくなっていたんだな。
気づかない人もいる。だから近しい人は、
もうここで遊んじゃダメよ。と言って気づかせてあげる。やさしさです。

逆の良い方もできて、昔の友人でなければ成り立たないこともあります。仕事なんかそうですね。
お互いの得意をぶつけあって大きなビジネスを起こす。これは大人にならなければできない。お互いプロでなければできない。

いろいろつらつらと書いてしまいましたが、毎日生きてる(誰かに生かされて/活かされて)んであれば、それでいいんじゃない?

危機管理は「したい」というよりも「癖」ですね、私の場合。(笑)
最悪の事態を想定しておくとかは、毎回もう相当な事態を妄想していますから、たいていのことは自分の中の妄想よりはましな事に留まります…。って、あれ、そんな話じゃなかったっけ。
ふふ、別に悩みを抱えての話でもなく、ただなんとなくおしゃべりで書きたくなったことを書いた。けど、そのきっかけってなんだったけなーという意味で「本当にわからない…」と記しただけなので大丈夫ですよ。コメントありがとうございました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56452/45512979

この記事へのトラックバック一覧です: 足場固めと落とし穴:

« 最後のコラム書きました | トップページ | 健康な自信と、不健康な慢心 »