« 無念の結婚式 | トップページ | 能天気 »

2009-06-13

電気代いくら

ちょっとした現実逃避行動で、ここ最近の自分の電気代をグラフ化してみた。やらねばならないことがたくさんあるときに限って人は不毛な行動に出るものだとしみじみ実感。

昨日ひょんなことから「hysさんちって電気代どれくらい?」って訊かれたんだけど、そんな数字を私が把握しているはずもなく、「ご、5千円くらいかなぁ」と返してみたのだけど全然違った…。8千円とか1万円とか書かれていたらさすがに反応できると思うんだけど、5千円以下だったらぱっと見てスルーしてしまう生活力に乏しい人間なので、すみません。数字にも弱いし…。

それで今日一つ目の現実逃避行動として部屋の掃除をしていたとき、そういえば…と最近の電気料金を確認してみたら(何かのとき用にファイリングはしてある)、一番最近の5月のは1千円台だった…。

で、さらなる逃避行動としてグラフ化してみたのがこれ。2008年と2009年の比較で、私の自宅の月別電気代をグラフ化したもの(クリックして拡大!しても画像粗くてすみません)。
Denki

そして更なる逃避行動として、ざっと考察を述べる。

  • 一般にどれくらいかかるものなのかはしらないが、年間平均して2千円台後半というのは比較的安いほうだろう。きちんとした生活を営んでいるのか不安になる数字だ。
  • 昨年2008年の推移をみると、9月の落ち込みが激しい。ついで6月。2千円を切っている。初夏と秋は相当な省電力状態の営みといっていい。
  • 高い月で4千円台前半、安い月で1千円台後半というのは、相当開きが大きい。8月の冷房費より2月の暖房費のほうが圧倒的に高くついている。寒さに弱い生き物の住まいと見て取れる。
  • 2008年と2009年を比較すると、総じて今年2009年のほうが電気代がかかっていない。ものの調査によると、これは会社に暮らしている状態続きなのが原因とみてほぼ間違いない。今年は2月から続落。6月もあまり期待できないが、7~8月の持ち直しに期待したい。

そろそろ逃避行動から足をあらって仕事につこう。

« 無念の結婚式 | トップページ | 能天気 »

コメント

うーむ(と私が唸る話でもないが)。。
まだ残暑のある9月に一気に落ちるのは、ここで格段にまたお仕事の繁忙期がきたのでしょうね。
いや、繁忙期というよりまりさんの場合は年中忙しいのでしょうが。。

いかにお家にいる時間がほとんどないか、、が顕著にわかるグラフです。。(涙
そういえば、、冷蔵庫もなかったんでしたよね?あれがないのは大きいかもしれません。

まりさんの職場は残業時や休日出勤時でも空調はきいているでしょうか?
うちの新オフィスはビル全体の管理により冷暖房代がかなりふっかけられているらしく、夜7時以降は空調はつけてはダメと社長からお達しが出たおかげで、蒸し風呂状態です。これからの季節、、身体を壊す人が出てくるでしょう。窓も開けられないので。。
残業をなるべくするな、という上の意向でもあると思いますが、よその職場はどうなのかなぁ、、と思いました。

せせせ千円台後半!?
それは生活感無さ過ぎです(笑)
我が家は平均で1万円、冬場だと1万5千円とかいきますよ。
これはちょっとかかりすぎとは思ってますが・・・。

関係ないですが、スルーしてるわりにちゃんとファイリングしてるあたりがまりさんらしくて笑えました。

ベルさん、ごまおさん、コメントありがとうございます!

ベルさん
確かに昨年9月の落ち具合は謎ですね。9月も10月並みでいいはずなのに。何をしていたのか憶えていませんが、何らかの仕事の影響であることは間違いない気が…。
いやしかし、(今の家には)冷蔵庫はあるんですよ、じゃーん。確かに中身空っぽなのも日常茶飯事なんですが、昔電源を抜いたらそのまま数年使わずじまいになってしまったので、この家では意地でも電源を抜かないようにしています。基本的に水しか入っていませんが。そうか、クーラーボックスでいいのかもしれない…。
うちの会社は、冷暖房は基本的にONのことが多いです。でも結構みんなで好き勝手にON・OFF、温度設定をいじっている気がします、暑いとか寒いとかいって。
ベルさんのところの蒸し風呂状態ってのはつらいですね。それもこれからが一層大変。そう、ビルって窓があかないから空気がよどみやすいんですよね。うちわとか扇風機とか、足元に水桶とか?昭和的な何かで涼をとってみる…、いや、やはり早く帰るのが一番かなぁ。

ごまおさん
千円台はなんかちょっと、さすがに生活としてまずそうですよねぇ…(笑)。それにしても1万円というのには驚きました。それはすごい。まばゆい生活ぶりが目に浮かびます。
そうそう、ファイリングはね、とりあえず。といって何かに必要になったことなどないのですが。そういう意味では今回初めて活用しました。
あの電気の利用明細みたいな紙はどうするのが大人として常識的行動なんだろう。私は今のところ「捨てるのが心情的に申し訳なくなくなった頃合いに処分」です。

先日は体調がすぐれない中、ありがとうございました〜お花がかわいくうちで咲いてます。

しっかしなぁ。。すごい。うちはおそらく平均だと7千円、夏や冬のピーク時は1万円くらいになっていると思われます。ちなみにマンション時、戸建時だと、戸建の方がすこーし高くついてる模様。

ぼくは家計簿をつけているので、光熱費は使用量とあわせ記帳したら紙自体は捨てます。
紙には何かあった場合の連絡先や利用者番号が書いてあるので、それは確認できるようにしておいた方が何かのときに都合がいいので、そのために紙を取っておくという手もありますが、ぼくはそれを別に控えてあるので紙は取っていません。
何が常識的かは難しいとこですが、個人的には記録するのが常識的にも望ましいとは思います。
記録していない場合は最低上記の目的で直近分はとっておくべきだと思います。
次の段階としては、前年比で使用状況を見れるように1年分とっておくのがいいと思います。
ただし、最近は参考情報として前年の使用量が記載されていたりするので、それがある場合はその目的で取っておく必要はありませんが。
さらには過去の推移なども見たいこともあるかもしれないので数年分とっておくのがいいと思いますが、その場合は紙だけでは役に立たず、記録しておく必要があるでしょうから、そうすると紙は不要ということになります。
ということで、紙は1年分または前月分をとっておけばいいのではないでしょうか。

ezさん
こちらこそ貴重な最終日にご一緒させてもらっちゃってありがとうございました。あのお花の色合いとか雰囲気、ezさんにすごく合ってる気がします。
私はあまり入れ物にこだわらない性質なので、個人的にこれからもつながっていけるし、という思いがあるんだけど、ezさん自身の人生においてはすごく大きな節目ですよね。私もまぁあれですけど(って何…笑)。とにかく大変お疲れさまでした!しばらくゆっくり心身を休ませてあげてください。
電気代は、まぁ一人住まいと二人住まいじゃ全然変わりますよね。戸建だとさらにというのは、なんとなくわかるような気も。玄関まわりの照明とか、あれこれあれこれ。

ごまおさん
「家計簿をつける」、うーん、その行為だけで尊敬します…。そしてとても丁寧な解説をありがとうございました。勉強になりました。
それにしても、さすがです。世の中にはこんなふうに几帳面に生活を営んでいる人がいるんだと思うと、なんだか世界が広がった感あり。大いに刺激になりました。
それを踏まえて、私はやはり「記録」までは今のところ手を出せそうにないので…、「何かあったときに連絡先や利用者番号、使用状況や料金を確認できるようにしておく」「前年比で使用状況を比較できるようにしておく」ということで、「一年分は紙をとっておく」に着地したいと思います。ってつまり今までと何も変わりがないわけですが…。
今回はとても良い勉強になりました。ありがとうございました!いやぁ、それにしてもごまおさん、さすがです…。感嘆。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56452/45326073

この記事へのトラックバック一覧です: 電気代いくら:

« 無念の結婚式 | トップページ | 能天気 »