« 「よくやったとは思う」の後 | トップページ | コンペとれた »

2009-03-08

コラム書きました

書きましたとも。前の話で触れたとおり、ひと月の壮絶つくりものキャンペーンの最後をしめくくったのがコラム書きの納期。3月5日アップ。見事に2月過ぎてますけど…、“ほぼ”月一連載、今回のは「2月号」じゃなくてあくまで「第26号」ということでお茶を濁してみます。

今回は「具体性が重要!」という話なのですが、コラムのタイトルは「自分のキャリアを人に伝える方法」という、なんだかなーなタイトルで申し訳ないかぎりであります。なんなんでしょう、このタイトルの具体性欠如感は…。

採用面接の話してるんだから、せめて「具体的にうにゃうにゃする面接技法のほにゃほにゃ」くらい考えられただろうと思うのですが、原稿を送った後に「hysさん、タイトルお願いしまーす」ってメールが返ってきて、もう糸の切れたタコの頭で言葉を並べて送ってしまったタイトルなのでした。ごめんなさい。

しかし、そこで一区切りとはいかず、今回は出した後も自分の中で、うーん、やっぱり、うじうじ、がいつも以上にひどく、それはたぶん通常よりずっと自分の中で納得がいっていない状態だったからだと思われ。

それで隣のお姉さまに読んでもらって、本当にお願いだから率直にダメ出しをしてくれと懇願し、その回答が実に的を射たものだったのでとにかくそこだけでもどうにか改善しようと書き換え、みてもらってさらに書き換え、アップ後に一段落分を総とっかえさせてもらったというありさまです。ほんとすみません。でも、今の状態が今の私の精一杯であります。これで読んでやってください。

それにしても、やっぱりもっと潤いのあるネタを出せるように私本体を磨いていかなきゃどうしようもないわってことで、次回はもっとのびのびした文章になるようにインプットに努めます。もう今回は相当自分の中で、この仕事を受けていていいのだろうかとうねうね思いましたが、せっかくいただいている機会なので走りながら磨いていきたいと思います。

こういうとき、ほんとソーシャルブックマークをつけてくださる方には救われますね。少なくとも一人以上に何らかの何か(ってなんだ)を届けられたのだと思うと、心底救われます。感謝の気持ちをもって精進いたします。

« 「よくやったとは思う」の後 | トップページ | コンペとれた »

コメント

たしかに、最近面接が多くて、(今仕事探しちゅうー)
ポイントを絞って話をするというのを疎かにしているかも!
自分では好感触!とか思っていても、実際には話しなげーなとか思われているかもー。
気をつけなきゃ!

自分を客観視するのってなかなか大変ですよねー。
一番いいのは、自分を完全に客観視するなんて無理なんだという前提を自分の意識に根付かせることだと思います。
そうすると、ちょこちょこ気になって自己チェックも習慣になる、けどやりすぎると疲れる。(笑)
がんばれー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56452/44285576

この記事へのトラックバック一覧です: コラム書きました:

» 自分のキャリアを人に伝える方法 [クリエイティブ・タブロイド withD(ウィズ・ディー)]
キャリアデザインのススメ ♯26 林真理子(キャリアカウンセラー) バックナンバ... [続きを読む]

« 「よくやったとは思う」の後 | トップページ | コンペとれた »