« 業務連絡(続:電話こわれた) | トップページ | コラム書きました »

2008-06-07

夜の救急病院

金曜の晩、会社で急に胃の辺りがきりきり痛みだして、ちょっと歩くのもやっとな感じになってしまったので、救急病院に行くことにしました。その日中にやらなきゃい けない仕事があったので、とりあえず20~21時くらいだけ抜けて戻ってきて、21~23時でどうにかしようということで。

それで近場で夜間診てくれる病院をGoogleに尋ねて、すぐ出てきたところにタクシーに乗っていってきました。…ところ、行った病院がまさしく救急病院だったためか、私みたいに自力で歩ける人がやってきてよかったんだろうかとたいそう恐縮してしまう雰囲気。

待合室に交通事故の被害者&加害者ペアがいたり(双方昼ドラでみるような典型的な被害者と加害者の表情をしてた)、診察室で横たわっていると頭上から「先 生、月経痛で意識消失の29歳女性が云々かんぬん…」と聞こえてきたり(それはもう、先生そちらに行かれてください)、心電図の検査でさらに奥地に導かれ 横たわっていた時には、遠くで「今日、何月何日かわかりますか?」という先生の声。いやー、本当にお仕事のじゃましてゴメンナサイって感じでした。

しかし、それでもまぁ比較的穏やかな夜だったのか、私みたいなのにも過剰ともいえる手厚い診察に検査までしてくださって、1時間コース、3800円かかりました。いや、たぶん胃炎なんですが…。

丁寧な問診を経てあれこれ診察してもらって、その後エコー?だったり心電図だったり、たいそうな医療機器が出てきてあれこれ検査してもらって。奥地で横になってい た時など、「何かあったらここ押して」ってナースコールボタンまで渡されて、もう今日中におうち(っていうか会社)帰れないんじゃないかと思いました。

で、結局一緒に帰ってきたのはやはりガスター、胃炎のお薬です。仕事がそうとう大変なことになってきたので、時間をうまく使ってがつがつ進めないといけません。うん、健康に気をつけてがんばらんとな。

« 業務連絡(続:電話こわれた) | トップページ | コラム書きました »

コメント

タイトル見て、もしやまりさんっ!と思って心配しましたが、やはりまりさん自身が駆けつけたのですね。。

自分でグーグルで検索して駆けつけるところが、しっかりしていていかにもまりさんらしいですが、
胃炎ったってあなどれないですよ。。!

どうかどうか、、お仕事をセーブするわけにはいかないのかもしれませんが、
お体第一に考えて休めてくださいね。。

私も胃はよく痛くなります。。
胃って一番SOSが出やすいところなのかもしれませんね。。

お大事にしてください。。!本当に。。

そうなんです、自分で自分を担ぎ込む系です…。以前も同じような事態に陥ったことがあったんですが、その時は外だったし所持金700円くらいだったので、今回はかなりましな状況下だったかと…。
諸々なあれこれが胃にくるとこまで似てるんですねぇ。すごいなぁ。
とりあえず、まぁ、心身健やかにいけるようがんばります。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56452/41448672

この記事へのトラックバック一覧です: 夜の救急病院:

« 業務連絡(続:電話こわれた) | トップページ | コラム書きました »