« ニュース性のないニュース | トップページ | 義理の兄 »

2008-05-28

映画館に行く勇気

お客さんに『僕の彼女はサイボーグ』って映画の鑑賞券をいただいたんです。日本でも大ヒットした(という)韓国映画『猟奇的な彼女』と『僕の彼女を紹介します』のクァク・ジェヨン監督作品で、今作で日本映画に挑戦とのこと。

実は私、ほとんど映画を観ないのでして、決して嫌いなわけではないのですが、あまり習慣になっていなくて、気づくと観ないで数ヶ月とか一年とかあっという 間に経っていたりする。そんなずぼらな私ですが、こういうご縁は運命的に受け止めて大切にするタチでして、お客さんからの郵便物に同封されていたおまけの チケットを手に、これはぜひ観に行こう!と思ったわけです。

で、実は私の隣の席に座っている男性は、週末休みに1日振替休日をくっつけるとかして驚くほど頻繁に韓国に通っている人で、韓国語もぺらぺーらーなのです が、彼を韓国にはまらせたきっかけが『猟奇的な彼女』だと聞いていたので、チケットを手にすかさず声をかけました。「映画のチケットいただいたんですけ ど、これ『猟奇的な彼女』の監督作品みたいですよ」と(あげないのがせこい)。

そしたら、もう目をきらきらさせて、「観にいくならその前に『猟奇的な彼女』と『僕の彼女を紹介します』を観たほうがいい。明日DVDをもってくるか ら!」と興奮ぎみに私を導き、本当に翌日2本のDVDと、さらに『猟奇的な彼女』のサントラCDを持ってきて、朝一番に貸してくれました。サントラは、本 編の映画を観た後に感動の余韻にひたる用!との心遣いから。

そいでもって、週初めにお借りしたのですが、毎日毎日朝出勤すると、「観ました?観ました?」「いや、まだ」「いつ観ます?」と尋ねられるので、これはき ちんと計画立てて早々に観なくては彼も落ち着かないだろうと思い、先週末に『猟奇的な彼女』を、本日『僕の彼女を紹介します』を観たわけです。

で、どうかっていうと、私がよくテレビを観ていた時代(20~15年前くらいでしょうか…)の正統派な日本のドラマやら映画の雰囲気があって、斜に構えて 観るとひいちゃう典型的なあれこれのオンパレード、感動やさんはもうずるずる引きづりこまれてずたぼろ号泣!みたいな、そんな映画かと思います。

それで私はどうかっていうと、仕事でのおつきあいが濃厚な方は「んなことあるわけがない!とか言いながら淡々と分析的に観る」とか思うかもしれませんが、 いや、もう完全にロックオンされます。っていうか「これは非現実的」とか「さっきのとつじつま合ってなくない?」とか言ってる自分は、それはそれで奥のほ うにいらっしゃるんですが、それと別に前線の私は、奥の自分があきれるぐらいずたぼろに号泣するんです。奥方もそれを止める術はもたない。

ティッシュ箱は半箱くらい使い、ふいてもふいても涙が止まらない、昔過呼吸で病院に倒れこんだ経験があるのですが(それは映画のせいじゃない)、あれとか なり近しい状態になり、観終わった後もひっくひっくが止まらない。監督もそこまでは期待してないってな勢いで泣きじゃくってしまったわけです。

ここで浮上してくるのが、私は今作を映画館で観られるのかって問題です。さすがにこの状態に陥っては、周囲も「迷惑」を通り越して「心配」になるってなも んです。でもせっかくお客さんにいただいたしな、行くのがいいよな、と思ってはいるのですが。相当な勇気が必要で、ちょっと困っています。

« ニュース性のないニュース | トップページ | 義理の兄 »

コメント

私は『猟奇的な彼女』も観ていないんですが、コミカルな映画かと(勝手に)思い込んでいたので、
まりさんがそこまで号泣するような映画とは思わず、「これは私も見てみないといけないかしら!」と思っている次第です。

なんてったって、私とまりさんは感性が似ていると私は思っていますから。。

映画で号泣で思い出すのは『三丁目の夕日』。。
これは、過去の映画館でここまで泣いたことがない!という私の史上初(大袈裟?)の泣きっぷりでした。映画館から出て顔がはれてて恥ずかしかったくらい。
でも周りの人も同じように泣いていました。

韓国映画では『トンマッコルへようこそ』をDVDで観て、これも号泣。。
いまだ何度観ても同じところで涙が止まらなくなります。。
なので、ツッコミどころはおいといて号泣がとまらないまりさんの気持ちよくわかります。

『僕の彼女はサイボーグ』、面白そうですよね。私はこれは泣いてしまうような映画じゃないのかな、と思っていましたが、同じ監督の作品でそこまで泣けたなら、きっとこれも泣ける映画なのかもしれません。。

でも大丈夫、、きっとまりさんが泣くときは、周りのお客さんも泣いていると思いますよ。
映画が終わったらお化粧室へ直行を。。!

彼の作品は全般的にラブコメディに類するものだと思います。でもねぇ、後半になるにつれて、もうどっぷり泣きじゃくってしまうんですよねぇ。私と似てるベルさんなら、きっと「不覚だわー」と思いつつ号泣しちゃうはず。ちなみに私も「三丁目の夕日」では号泣しました。(笑)

『僕の彼女はサイボーグ』は今週末から始まる映画のようです。よろしければぜひ観てみてください。そして号泣したかどうか教えてくださいっ!とりあえず私はハンカチとティッシュとサングラス持参でいってみようかなぁと…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56452/41354730

この記事へのトラックバック一覧です: 映画館に行く勇気:

« ニュース性のないニュース | トップページ | 義理の兄 »