« インタビュー記事が出た | トップページ | 感性を呼び覚ませ »

2008-04-02

コラム書きました

遅い3月号なのか早い4月号なのか…なんて細かいことはさておき、連載している「withD」のキャリアコラムがアップされましたのでご報告です。そして、4月1日にこのサイトのリニューアルがありまして、見た感じもかなり変わっています。URLも「http://withd.jp/」になりました。

一読者としての印象は、前よりも読みごこちが良くなった感じ。自分の作業スペースが広くなったというのか、新しい勉強机を買ってもらった中学1年生のような、大きなまな板を買ってもらった新妻のような(どっちも経験ないけど)、とりあえず「広々してて作業しやすいわぁ」という、そんな心持ちです。

で、今回のコラムは「違う世代と関わっていくこと」というテーマで書きました。これはキャリアコラムの範疇なのかと問われると、なんともよくわからない感もありますが、春だし、桜も満開だし、まぁいいじゃないですか、と茶を濁す。

私、このコラムを書き途中に気がつきました。この間のインタビュー記事もそうだったと思うんですが、ここ最近、「その人に何かを伝える」より「自分が何かを伝える」ことへの意識のほうが少し勝っちゃってたんじゃないかってことに。それを昨日すごく反省しました。

私は前者を軸にして生きていきたいんですよね。なのに実際の自分はそういうふうになっていないことがあって、振り返ってはっとする。今回のコラムは書き途中に気づいて、それを反省した後仕上げたものです。でも気づいたからって人の中身がすぐ入れ替わるわけじゃなし、人生まだまだこれからだなぁ。

« インタビュー記事が出た | トップページ | 感性を呼び覚ませ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56452/40743212

この記事へのトラックバック一覧です: コラム書きました:

» 違う世代と関わっていくこと [クリエイティブ・タブロイド withD(ウィズ・ディー)]
キャリアデザインのススメ ♯17 林真理子(キャリアカウンセラー) バックナンバ... [続きを読む]

« インタビュー記事が出た | トップページ | 感性を呼び覚ませ »