« 平日の夜時間 | トップページ | 見えにくい仕事 »

2008-01-24

エアコンの翼

我が家は床から天井まで3mあるのが一つのウリになっているのですが、それはつまり、部屋が狭いので、天井を高くして閉塞感を和らげようという策に他なり ません。それはそれとして、そのおかげでエアコンが天井近くのものすっごい高いところに設置されていて、まったく手が届きません。

それはそれとして、手元で操作できるリモコンみたいなのに翼の向きを調節する機能がなく、手を伸ばしても届かないわ、リモコンでも向きをいじれないわ。さらに入居したときから今日まで、エアコンの翼は常に上のほうを向いていて、下界に微笑みかけることがありません。

で、確か、暖かい空気というのは冷たい空気より軽くて、どちらかというと上に向かっていくんじゃなかったでしたっけ。だから、暖房のときはエアコンの翼を下向きにして暖かい空気が循環するようにしなさい、とどこかで誰かに習ったようなおぼろげな記憶…。

我が家のエアコンは、毎日全力で上のほうの空気を暖めてくれています。それはいつもボーっと音を出して頑張っているのでわかります。しかし、私の生活圏(下のほう)はいつも凍える寒さです。

部屋の中でコートを着ているとかニット帽をかぶっているとかは日常茶飯事。立ち上がっているノートPCをしばらく置いておいたところの下に手を入れて、そこのあったまってるところで暖をとることもしばしばです。私のPCハック。

それにしたってこの冬をどう乗り切るべきか。たぶん床に置いて部屋をあっためる系の暖房器具を買えばいいんだと思いますが、狭い部屋の中では場所をとるし、優柔不断な私が大物を買うにはそれなりの時間を要するのに当分はそんな時間と心の余裕がない。

というわけで、今冬の休日は(も)近所のカフェなどはしごしつつ、ノートPCの下で暖をとりつつ、お風呂につかって紛らわしつつ、しのぎたいと思います。実にくだらない話ですみません…。

« 平日の夜時間 | トップページ | 見えにくい仕事 »

コメント

うひゃーっ、、そ・・それは
まずはイスに乗って(あるいは長身の友人に助けを求め)、エアコンの羽を下向きにすべきです。。!
それだけでも結構違うと思いますよ~。。

・・・とはいえ、それだけ高いところからのエアコンだと、やっぱり足元までは届かないのでしょうね。。

PCの暖をとるって、、涙を誘うエピソードすぎます。。
そういう私も北の寒い寒い部屋でPCに向かっているので、足元は電気ストーブで暖め、さらにモコモコのスリッパを履き、マフラーと手袋をして、それでも寒いとパーカーのフードをかぶってパソコン打ってます。。
(えぇ、その姿はとても人様には見せられません。。)

今、遠赤外線のカーボンヒーターというのがとてもいいらしいですよ。。!
私もこの小さい電気ストーブが壊れたらそれを買いたいと思っているのですが、なかなか壊れてくれません。。

それは寂しすぎる・・・長い棒で羽の位置をかえなさい(笑

うちに使っていないホットカーペットあります。

おぉ、皆さま、お見舞いや貴重なアドバイス、ありがとうございます。今夜もまた、寒いですねぇ…。なかなかコートが脱げません。

ベルさん。
ソファの上に立って手を伸ばしてみましたが、やっぱりエアコンは遠く、遠く。そうそう、PCの底で暖をとるっていうのは、なかなかテクニックが必要で、焦って早々に手を出すとやけどします、じゃなくて、ヒヤッとします。じっくり待ってじんわりあったまらないとね。
ベルさんも大変なご苦労をされている様子。お互い、頑張りましょう。遠赤外線のカーボンヒーター、検索して写真を見たところ、確かにめちゃめちゃあったかそうです。でも、置く場所が…。

hideさん。
長い棒がないです…。傘、とか?

ずきえさん。
お、ホットカーペット。あったかそう。でも置けるのか、この部屋に。

とはいえ、なんかアクション起こさないといけないんでしょうねぇ、ここから脱するためには。そういう私生活におけるエネルギーに欠けるんだよなぁ、私は…と今ここにお返事を書きながら根本的な問題に気づきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56452/17808069

この記事へのトラックバック一覧です: エアコンの翼:

« 平日の夜時間 | トップページ | 見えにくい仕事 »