« 拾った2千円 | トップページ | おかしな日常 »

2007-07-10

今回のコラムは転職話

「お仕事探し応援サイト」と冠された「キャリア」コーナーにコラムを寄せていて、転職活動について書くのはなんかちょっとベタだし、読み手の対象も一気に“今転職活動している人”に狭まっちゃう感じでつまらないよなぁと思って、濃厚にそれ系な話は避けてコラムを書き続けてきたのですが。

転職活動とかって分かりやすいそれだけが自分のキャリアを考えるってことじゃないというメッセージも胸のうちにあり。が、しかし……、

「お仕事探し応援サイト」と冠された「キャリア」コーナーにコラムを寄せていて、転職活動についてまったく書かないってのもそれはそれでどうなんだ?と、第9回にして思った次第です。のんびりのびた。

というわけで、今回は「転職理由」3つの顔。今とくに転職活動しているわけではない人には、あるいはさして興味をもてる内容ではないかもしれませんが、よろしければ目を通してみてください。採用する側で面接官など任されている方にも、どこか役立ててもらえるものがあれば嬉しいなぁと思います。

« 拾った2千円 | トップページ | おかしな日常 »

コメント

コラム拝見しました。
非常に非常に興味深い内容でしたよ~。。
うちの職場でも少し関わっていることですので。。

まず3つに分けるというの、、とても論理的に説明されていて、わかりやすかったです。
なるほどぅ~と思いました。

うちの職場は、、1つ目だけの理由がほとんどで辞めてゆく人が多いです。。
まずは「脱出」が目的というところでしょうか。。そういう理由も大きくありますよね。。
でも、転職をするからには、入りたい職場での面接で、前職の悪口を延々というのはマイナス以外何者でもないと思います。
ネガティブな理由の転職ではなく(仮に事実がそうであったとしても)ポジティブな転職であるように面接では答えることが大事だと感じました。。

ベルさん、コラム読んでくださってありがとうございます。そしてコメントもお寄せくださって感謝です。

いやぁ、この手の公の文章だと仕方ない面もあるのでしょうが、関係者以外の反応がまったくない中で書いているので(笑)、読み手にうまく伝えたいことが伝えられているのか、そもそも読み手はいるのか?と。そんな中、心から救われるコメントでした。

表向きはどうあれ、たいがいは前の会社がいやだから、前向きな理由をつけて退職するんでしょうね。
僕もそうです。

転職を成功するためには、自分を偽ってポジティブな自分を演じなければならない。。。

いつかここに切り込めるようになってくださいーw
(ちょっと意地悪コメントかな

yasuさん、あぁ、これは私の琴線に触れましたよぉ(笑)。

私は自分を「偽る」テクニックを書くことは、たぶんこの先もありません。確かに、個別に多少のみせ方のテクニックはあると思います。でも、それによって「偽る」必要が出てくるとすれば、それはまったく根本解決になっていません。

自分を偽るというやり方ではなくて、自分自身も偽りなくそう考えている状態まで心をもっていく、つまり自分が見ている内外の世界観を自分の視点側から変えることが必要なんです。それができれば、それは偽りではなくなりますよね。

他人にポジティブに見えるテクニックを教えるのは(実質あることはありますが)本質的なカウンセラーの仕事ではないと考えています。自分の内側からポジティブになれるように導く、それがカウンセラーのサポートの仕方だと思うし、そうじゃないと、根本解決にならない。

「偽り」をもつというのは、何より本人にとって痛みなんですよ。活動すればするほど、そして偽りをもってどこかに転職すれば、それはもっと逃れようのない痛みとなって跡に残ります。私はそういう導き方はしたくないんです。

それに、「偽り」は大方ばれます。偽るというのは、ある意味では他人をバカにした行為で、「偽ってもばれないでしょ」という前提で偽るわけだけど、偽ったらばれます。全部が全部じゃないけど、そんなに他の人のもつ力を軽視しちゃだめだって思うのです。

根本解決を踏まえて、もちろんそれをどううまく伝えるかってテクニックはあるわけだけど、それはそのテクニックだけで一人歩きしてしまう危険をはらんでいるので、私はそれをするなら、コラムではなく個別に設けた対面のカウンセリングという場を選んでケアしたいです。そういうふうに適切なやり方を選んで使い分けていくって、人に何かを伝えるときにとても大事だなって思うのですよ。コラムではコラムの仕事をするって。

いやー、熱く語ってしまいました。ものすごい読みづらい文章かもしれませんが、まぁ思ったまま書いてみました。もちろんこれはしがない「私はこう思う」宣言なので、人それぞれ思うところあると思うのですが。まぁ、「正攻法に過ぎる」とか「きれいごとだ」とお感じになる方もいると予想しますが、それは自覚的に、でもそうしたいからやってます…(笑)。堪忍堪忍。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56452/15722047

この記事へのトラックバック一覧です: 今回のコラムは転職話:

» キャリアデザインのススメ ♯9 [withD(ウィズディー)]
「転職理由」3つの顔 林真理子(キャリアカウンセラー) バックナンバー... [続きを読む]

« 拾った2千円 | トップページ | おかしな日常 »