« 寒いけど、なまぬるい話 | トップページ | 全競合時代の到来 »

2007-01-22

どんより雲

どんより どんより どんより雲が空をゆく
(というのは、小学生のときの私作)

くもりや雨の 朝もいい
そんな日だから思うこと
そんな日だから思えることも ありましょう

自分のできていないこと あれこれ思いめぐらせて
めいってみたり あせってみたり 意気消沈してみたり

そんなときにはふぃーーっとため息一つ
お空に向かってつきましょう
どんより雲にあげましょう

お日さまよりも ずっとやさしく
心を包んでくれるから

と、朝の自分になぐさめの詩。

« 寒いけど、なまぬるい話 | トップページ | 全競合時代の到来 »

コメント

少しずつ浮上中で、、ようやくコメントをつけられる元気さになってきたので、遅れてしまってごめんなさい。。!

まりさんらしく、温かく、包み込むような素敵な詩ですね。
まりさんとは、気持ちが内側へ向かいこむ時と、外側へ向く時のバイオリズムが本当にぴったり一緒なので、私も何か赤い糸で繋がっているのでは?!と思ってしまうほどです。。^_^;
でもまりさんのほうが私よりずっと冷静に自分を客観視することができるし、じたばたしていないような気がします。。

主旨と少し外れてしまうかもしれないけど、、
人はどんより雲の落ち込んでいる気分の時でも、他人に優しさ、思いやりや気遣いをすることで、それが何か跳ね返るというか、逆に自分のパワーになって浮上することもできるんだな、、と思います。。
(いえ、私がそうやって浮上している、、という意味ではありませんが。。)

なんかちょっと支離滅裂でごめんなさい。。

メールの返信もコメントも、ありがとうございます。ずいぶんと大変な痛みを抱えられていたんだろうとお察しします……。でも、昨日より今日、今日より明日と、少しずつ無理なく上向きになっていっているのだとしたら、それが一番ですよね。

これは詩と言っていいのか?よくわかりませんが、なんとなく、月曜の朝、空を見ながら出勤していたら、ぽろぽろ頭の中に言葉が浮かんできて。だから会社に着いて席に着いて、そのまま浮かんできた言葉を書きとめたって感じです。詩というのかメモ書きというのか、ただ、どこからともなくやってきて、私をなぐさめてくれたのでした。

人に向かってアウトプットしているようでいて、実は自分のエネルギーになっていることってありますよね。そういうの実感するとき、人は人に生かされているんだなって思います。きっとみんなお互いさまなんだなと。

私もなんだかまとまりなくってすみません。そろそろ激流だか濁流だかにすっぽり飲み込まれそうな感じですが、清く健やかに、地に足つけて頑張ろうと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56452/13612696

この記事へのトラックバック一覧です: どんより雲:

« 寒いけど、なまぬるい話 | トップページ | 全競合時代の到来 »