最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006-11-27

社内プレゼン

今日は、8時出社の23時半あがり。ここで指折り数えだしちゃ男じゃない。いや、私は男じゃない。でも数えだしちゃいけないわ。手をぐぅーにして我慢だ。

今日は社内プレゼンの日だった。それも2回公演。対象となる人が30人くらいいたので、一斉に話せる場所がなくて、15人ぐらいずつに分けてそれぞれに30分話をした。

(私はもともとはあがり症だったと記憶しているが)仕事がら、ここ10年くらい脇役として人前で話す機会は結構多かったので、経験に鍛えられて「人前に立つだけであがる」ということはあまりないのだけど。といっても久しぶりだったり、それがいきなり100人、200人規模だと結構ヘビーに感じることもあるのだけど。つまり、そのときの気分次第なんだけど。

ともあれ、つまるところ、うまく話せなかった場合、それは緊張云々のせいではなくて、単純に「自分が話が下手だからだ」という紛れもない事実に直面させられるんである。逃れようがない。受け止めざるをえない。ドドーンっと。

で、今日はというと、一応人並みに話はできたものの、明らかに1回目の話より、2回目の話のほうがマシになっていた。それはつまり、練習しておけば、2回目の話し方を1回目にできていたはず……ということであって、今回のプレゼン趣旨的には、1回目の皆さんがメイン対象でもあったわけで、ふがいないような、情けないような、申し訳ないような、気分。

社内外とも、今の仕事ではプレゼン機会を与えていただくことが少なくないので、もっときちんと伝えたいことの主旨を分かりやすく味わい深く相手に届けられるように、事前の準備をしっかりしないとなぁと反省。なんか、毎回こういう反省してる気もするけど。まぁとりあえず一息。明日もまた頑張ろう。

2006-11-23

我に返る

今日は祝日ということで、プールに行ってから11時過ぎの出勤にした。ちょっと優雅だ。私のいるだだっ広いフロアには他に誰も出勤していなくて、かなり集中して仕事ができた。

一息ついたとき、ふっと我に返った。私、なんだか最近自分の内側にばかり目がいっていた気がするなぁと。視界が狭まっていたというのか、内向きになっていたというのか。なんだかんだいって、それなりにまだ心の余裕をもって過ごせていると思い込んでいたけれど、まったく欠けていた。視界の狭まっているのに気づけていなかった。

私の周りで、いろんな人が働いていて、いろんな人が何かを成し遂げているのに、そちらに目を向けられなかったり、そちらに感謝の気持ちをもてなかったりするのは、とても不健全に感じられる。そういう視点や気持ちをもってこそ、自分は自分として人と向き合えるというのに。そういうの失っちゃったら、私が私として、ここにいていい意味がすごく薄れてしまう気がする。

もっと視野を広くもって、もっと気持ちを豊かにもって、人の気持ちとか行いに感謝して生きていたい。助けられているのは、まぎれもない事実なんだから。

2006-11-20

寒がりの重ね着嫌い

まだ11月半ばですが、今日の時点でコート手袋マフラー帽子の防寒グッズをフル装備してしまった私は、この先どうやって冬を越せばいいのでしょうか。途方に暮れてしまいます。寒がりの重ね着嫌いには、厳しい季節到来です。

外に出るときにモコモコと重ね着するのはたいそう苦手なんですが、夜眠るときはこれでもか!これでもか!というくらいにモコモコ着込みます。ここ数日ですでに4枚重ね着になっているんですが、1月とか2月とかどういう状態になっているんでしょうか。おすもうさんみたいになっていそうで、ちょっと心配です。

そんなことを言いながら、朝はプールで水着一丁です。プールっていうと、なんだかんだいっても寒い!というイメージがあると思いますが、実際入ってみると、私が通っているような非体育会系のプールではかなり水温が高く設定されているので、最初にちゃぷんと体を水につけたときでも震え上がることはありません。重ね着嫌いの私には、冬場にしてなんとも清々しい空間です。

近況といえば、相変わらず仕事まみれで週休0.9日って感じですが、1日17時間勤務とかからはとりあえず脱しました。抜き足差し足、この調子で14時間勤務くらいを守りたいと思っています。

その他。会社の自席で腰をぐきっとやってしまって腰が痛いです。深夜の駅で、ついに靴は脱げました。後ろの人から靴を手渡されました。駅のホームで見ず知らずの人から自分の靴を受け取る、なかなか不思議な体験でした。

2006-11-11

コラム書きました

相当に大変なことになってきましたよーって感じでございまして、昨日は客先に10時間缶詰め。それも最後の2時間が予期せぬドでっかいご相談タイム。どっひゃーとおののきながら20時過ぎ会社に戻って通常業務を開始、夜中に帰宅。本日土曜日は8時半出社の22時半退社。明日も明日でなぁ、いやぁ、すごい毎日だなぁ。と毎回書いていても申し訳ないので、そろそろこういう話はやめにしよう。

ということで、コラム書きました報告。ネタは「オトナの学び方」です。今回はネタ自体どうなんだろう、マニアックに偏ってる気もするんだよなぁと不安に思ったりしてたんだけど、一応編集長にOKいただけて本日UPされました。

UP後ものすごい的確な編集長評をもらって、今回のコラムは今後のコラム書きを磨いていくためのとても良い機会をいただいた気がします。理論を紹介する際も、コラムであれば「具体性」と「私論」って大事よね。反省。次回はもっと頑張ろぅ。毎度のお願いですが、時間あるときぜひ読んでやってくださいな。

2006-11-08

靴が脱げる

えっと、なんだかものすっごい働いています。今日はもともと振休消化にあてるはずの水曜日だったのですが、そんなことできるはずないじゃん!って感じで14時間勤務で切り上げてきました。振休山積み。

そう、前は程よい目標設定だった14時間勤務も、今は本来休みの日なんだからこれぐらいで切り上げておこうってな位置づけにいつの間にか変わっていて、昨日は15時間半勤務の後、おうちに帰ってからなんやかんややっていたら、あわせて1日17時間以上の仕事時間になってしまって、それって電車に乗ってる時間と眠ってる時間たしたら24時間になっちゃうじゃんってな感じで仕事漬けの暮らしを日々営んでおります。まぁ元気に頑張っています。

ただ、その後、顔が加速度的にちっちゃくなることも、まぶたが加速度的に二重になっちゃうこともないんですが、今度は足がちっちゃくなっているのか、靴ぶかぶか現象が起こってきました。急いでいるのに、駆け出すと靴が脱げます。それでも走りますが。そんな毎日です。とりあえず今月を駆け抜けよう!すみません、なんでもない近況報告で。さて、仕事に戻るなり。

2006-11-03

お見舞いって

栄えある私の超独断ランキングで、『俺の片膝と言われたい!上司 OF THE YEAR』に輝いた会社の方が、仕事の無理がたたって先週緊急入院することになり、昨日はお見舞いに行ってきました。※片腕はおそれ多いので片膝。

先週末、とるものもとりあえず入院先に足を運ぼうかとも思いましたが、実際入院直後に来られてもそれどころじゃないだろうしなぁとかうじうじ考えているうち週が明け、それからはずっと慌しい日々で面会できる時間に身動きがとれず、昨日はかなり強行突破で時間をつくってお見舞いしてきた次第です。

本当に行ってよかったです。もちろんいまだ身体はたくさん戦っているわけだけど、ずいぶん落ち着かれたようで、穏やかでさっぱりとした表情で顔を合わせてお話することができて、ほっと、ほっとしました。直接会ってお話するっていうのは、何ものにも代えられない大切なことなんだ、と深く深く思いました。

身勝手ながら、お見舞いというのは結局のところ、自分のためにやっている行為なんだと帰り道しみじみ思いました。とにもかくにも、自称片膝小僧としては、無理のない復帰を心待ちにする日々です。

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »