« 仕事とステーキ | トップページ | 日記メモ »

2006-03-15

台風の目の中で眠る

大変、大変というのを書き連ねられてもあまり楽しくないと思うので(というのと実際話を書く時間が捻出できず)少々間があきましたが、やっぱりせっせこひたすら地味に、仕事をしていたここ数日です。一つ終われば次、も一つ終わっても次と新たに作るものが地面からにょきにょき姿を現してきて(というか、目先のコトが終わるまで、私が次や次の次のコトを土の下にしまい込んでるだけなんだけど……)とにかく仕事というのはなかなか私を飽きさせません。

ここ最近は平日の日中社内でばたばたと動いて、晩の自宅や休日の会社で一人もくもくと画面に向かってあーでもないこーでもないやって、キャリア系やら技術系やら一般教養系やらあれこれの書き物をあれやこれややってきて、先ほどようやっと一息ついたところ。そして明日はきっとお客さん向けの提案書を至急で起こさなくてはならなくなって、教材の校正もしなきゃ、ということになって、「また敵が現れた!」とあわわあわわしそうな気配。とにかく今日は早く眠っておくに限る。豊かな睡眠時間は健全な肉体と精神をつくります。

そんな仕事たちに取り囲まれながら、ただいま来期組織体制のあれこれで、これまた激動期。その風を思いっっっきり受けることになってしまい、昨日内示、本日発表、以降大変。お世話になっている人に「○さんは巻き込みやすいタイプですからねぇ」って言われたけど、巻き込まれやすいタイプって……。あぁ、暴風で髪の毛がぐちゃぐちゃ。仕事ってなんてドラマチックなんだろう。良くも悪くもどきどきの毎日です。こういう時は、ひとまず眠るに限ります。

« 仕事とステーキ | トップページ | 日記メモ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56452/11268492

この記事へのトラックバック一覧です: 台風の目の中で眠る:

« 仕事とステーキ | トップページ | 日記メモ »