« 安岡力也とさつま揚げ | トップページ | コーヒーやさんの常連 »

2005-10-28

酒盛りでお化粧

先日日曜出勤したのが報われた。今日クライアントさんのところへプロジェクトの最終報告に出向き、ものすごーく満足した顔でお礼を言われた。私もものすごーく嬉しかった。がんばった甲斐があった。勉強にもなった。大変だったけど自分にとってとても実りのある仕事だった。

ちょうど今日は自分の所属している部署の「上期頑張ったね、下期も頑張ろうね会」だったので、嬉し楽しの酒盛りとなった。からかったけどおいしかった。

酔っ払った席で、君はなんで眉毛が細い(っていうか薄い)んだ、髪型が変わらないんだという話になった。それはもう、放っておいているからに他ならないんだけど、それではいかん!という話で、まぁ、お気持ちはよくわかります。のっぺりよりくっきり、だらっとよりさっぱりですよ、やっぱり。でもね、不器用だし、面倒くさがりだしっていうのもあって、顔にも髪にも自由にやらせる放任主義で長いこときちゃってるんです、もうかれこれ何十年と。

すると、隣に座っていた今月から私のいるチームのサポートをしてくれている派遣社員の女の子が「今やりましょう」と立ち上がり、自分のバッグから化粧道具を持ってきてその場で実演販売のようにアイメイクをしてくれた。

目がはっきりくっきりして、なかなか好評でした。もともとがかなり薄っぺらい顔なので変化がわかりやすいのでしょう。っていうか、普段化粧しなさすぎなのでしょう。思い起こせば、この顔は人を化粧したい気分にさせる顔らしく、これまで結構たくさんの人にうずうずした顔で「うぅ、化粧したい」と言われた。これまで勤めた職場で言われなかったことはないし、初対面の居酒屋の店主に目の前に座られて言われたこともあった。営業妨害な顔だ、まったく。

でも自分の顔が自分の顔っぽくなくなるというのは、ちょっとおそろしい。だって、鏡とかガラスにうつった自分を見ても、すぐに自分と認識できないのだ。鏡にうつった自分を見て、瞬時に自分とわかれば察知してよけられたはずの危険から逃れられなかったりしたら困る。化粧してもらったことをすっかり忘れ、帰り際お手洗いに行って鏡にうつった自分の顔を見て、「おっ!」と驚いた。「あなた、どなた?」と尋ねたい気分になった。そして、わが身を案じた。

« 安岡力也とさつま揚げ | トップページ | コーヒーやさんの常連 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56452/11305496

この記事へのトラックバック一覧です: 酒盛りでお化粧:

« 安岡力也とさつま揚げ | トップページ | コーヒーやさんの常連 »