最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2005年度前夜 | トップページ | そして一週間が経過 »

2005-04-03

始まりと終末

何かの始まりを感じる時、同時にその終末まで考えが及んでしまうことがある。その終末を迎えるのが怖くて、初めの一歩を躊躇している自分に出合うと、歳とったなぁと思う。

でも、もう少しよく考えてみると、何の終末も迎えないために、何も始まらない人生を選んで、いったい何になるというのだろう、と思い至る。

桜が咲く頃、思い出す言葉。

「散ることを知りながら 咲くことを恐れない」

いい言葉。

※用美社「拝啓サクラさく」(黒田征太郎/絵 日暮真三/文)より

« 2005年度前夜 | トップページ | そして一週間が経過 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56452/12057644

この記事へのトラックバック一覧です: 始まりと終末:

« 2005年度前夜 | トップページ | そして一週間が経過 »