« 気持ちの伝染 | トップページ | のだめカンタービレ »

2005-03-14

月曜朝っぱらの哲学

よりよくビジネスするため、私たちはあらゆる物事や人物の「問題点」に目を向けることを覚える。多くの時間そうして過ごしていると、批判的な視点でもってそれを捉え、一定の距離感をもってそれと関わることが常態化したりする。

でもね、人はよりよくビジネスする以前に、まずはより良く生きなきゃ意味がない。そうじゃないと本末転倒じゃないですか。で、よりよく生きるためには、まず物事や人物の「良いところ」に目を向けられることが大切。

だって問題点に目を向けられなくてもたぶん生きていけるけど、世の中のあらゆる物事や出来事、周囲の人たちの良いところに目を向けられなくなったら、生きていくことそれ自体が辛いじゃないですか。つまらないじゃないですか。

これって放っておくと気づいた時に「あれ、天地逆転してる…」ってことになりかねないことだけど、やっぱりそれは見誤っちゃいけない。と、月曜の朝っぱら、起きて30分後くらいにふと思った。何がベースにあって、何がその上に乗っかってるのか。まぁ当たり前っちゃ当たり前のことだけど、非常時用にメモ。

« 気持ちの伝染 | トップページ | のだめカンタービレ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56452/12057742

この記事へのトラックバック一覧です: 月曜朝っぱらの哲学:

« 気持ちの伝染 | トップページ | のだめカンタービレ »