« 妹にキャリアカウンセリング PartII | トップページ | モード自動切替 »

2005-01-12

2年ぶりの現場復帰

今日は年始最初のトレーニングということで、授業内容や一連の運営業務を把握するため一日中トレーニングルームに張り付いていた。教室に受講生がいて、講師がいて、そして自分がいる。この空間、あぁ帰ってきたんだなぁと非常に感慨深い。数えてみれば前々職で最後の受講生を送り出して以来、教室という空間からはまるまる2年も遠のいていたのだ。

実際久しぶりに現場に立ってみて、やっぱり「目の前に受講生がいる」という環境は、私を一気にドライブさせるのだなぁと実感した。受講生というのは、私にとって超強力なモチベーションリソース(働く動機の源泉)なのである。

そして、受講生に声をかけられて対応する時、プレゼンの評価をフィードバックしている時、ごく自然に以前と何ら変わらない「受講生に対する自分」がよみがえっているのを感じて、それがとても嬉しかった。なんというか、体が覚えているという感じで、目の前の受講生にまっすぐ向かっていく自分の健やかな気持ちに触れることができたのだ。

まだまだわからないことだらけでできることは非常に限られているけれど、この気持ちを大切にして、一つ一つ支援の幅と深さを追求していきたいと思う。とても刺激的な一日。とても大切な一日。

« 妹にキャリアカウンセリング PartII | トップページ | モード自動切替 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56452/45607282

この記事へのトラックバック一覧です: 2年ぶりの現場復帰:

« 妹にキャリアカウンセリング PartII | トップページ | モード自動切替 »