« 無事内定っぽい | トップページ | 同じ釜の飯つながり »

2004-11-30

限りあること

先週末、永遠の命を持つ霊的存在が登場するマンガ本を読んだ。私は時々ふいに死というものがとても怖くなることがあるけれど、「終わりのある人生」より「終わりのない人生」の方が、実はずっとずっと怖いよなぁと思った。

今日、私ともう一人の同僚が年末で退職することを上司がチームメンバーに発表した。上司は、限りあるこの1ヶ月を有意義に過ごすよう話をしてくれた。なんだかとても心に染み入ってしまった。

おうちに帰ると、久しぶりにこのページを見たという友人からメールが届いていた。「何においても終わりがあると思うから、一生懸命になれたり今の自分を幸せだと思えたりする。人間に死というものがなくて、永遠に生きてなんてことがあったとしたら、それは絶望でしかないと思う」というようなことが書いてあった。

偶然、だろうか。そんなことは最期までわからないけれど、私はこの3つの重なりをしっかり受け止めて、その限りを確かな力に変えていきたいと思った。

« 無事内定っぽい | トップページ | 同じ釜の飯つながり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56452/45726102

この記事へのトラックバック一覧です: 限りあること:

« 無事内定っぽい | トップページ | 同じ釜の飯つながり »