« 勉強会の講師を体験する | トップページ | 村上漬けに司会依頼 »

2004-09-19

風を待つ

このところ、私は風が吹くのを待ち続けている。「風を待つ」といっても、これはそう投げやりなものではなくて、「人事を尽くして天命を待つ」の意であるのだが、であれば私にとっての「人事」とは何で、どこからが「天命」に預けてよいものなのか考え出すと、これは随分と難解なけもの道に迷い込んでしまう。

それでまたしばらく待ちぼうけては、「まぁ待ってるだけじゃ進まないよなぁ、実際」と思ってみたり、そんな折「急ぐとろくなことはありません。-中略- 人生の変わり目はだいたいにおいて、向こうからあなたを選びます。あなたが選ぶことはほとんどありません」という村上春樹さんの言葉に遭遇して妙に納得してしまったり。最近は、そんな日々である。

※出典:「そうだ、村上さんに聞いてみよう」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける282の大疑問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか?(村上春樹/絵・安西水丸/発行・朝日新聞社)

« 勉強会の講師を体験する | トップページ | 村上漬けに司会依頼 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56452/45908737

この記事へのトラックバック一覧です: 風を待つ:

« 勉強会の講師を体験する | トップページ | 村上漬けに司会依頼 »