« 二休二早 | トップページ | 長い前置きと元上司の退職 »

2004-07-07

夏の夜

病み上がり、どうにか一日の仕事を終え、「もぬけのから」となって会社を後にした。自宅の最寄り駅までたどり着いて街をてくてく歩き出すと、夏の夜の風が私の体を一気に包み込んだ。生ぬるくてやわらかい感触。なぜだろう、昔のことを懐かしく思い出したくさせる風だ。

私はまるで夏祭りの帰り道のような感じで街を歩いた。「夏祭りの帰り道のような感じ」がどんな感じなのかよくわからないが、「会社帰りのような感じ」でないことは確かだ。適当に表してみるなら、気の抜けた風を感じながらからーんころーんと歩く感じ。

夏の夜は不思議だ。なぜ「夏の夜」という空間にただいるだけで、人は切なくなるのだろう。なんてことを書いている私は、夏の夜の効能にしっかりやられている。そういえば、今日は七夕の日でした。

« 二休二早 | トップページ | 長い前置きと元上司の退職 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56452/47374951

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の夜:

« 二休二早 | トップページ | 長い前置きと元上司の退職 »